2019年05月26日

 おりひめ




今年も小田原から梅干し用小梅が届きました。早速、星(ヘタの部分)を取りのぞき、塩漬けにしました。

今まで小梅の品種は分からずに漬けていたのですが、今年は届いた伝票に品種が書かれていました。『織姫』という品種のようです。調べてみると、群馬県の主要品種らしいです。品種名が分かると何となく愛着が湧きますし、増して織姫なんていう夏らしい名前だと更に良い気分です。今年もしっかりと漬け込んで、暑ーい夏土用になったらきれいに並べて干しましょう。

今日などは5月にしては異例の暑さで、梅も干したくなっちゃうような陽気でした。まだ体が暑さに慣れていないので、ずいぶん堪えましたが、湿気がない分だいぶ楽ではありました。いよいよ蚊も出てきそうですな〜、やれやれです。

posted by かまなりや at 18:43| 梅干し・漬物・保存食

2019年05月20日

 あ じ




連休のイベントが終わって横浜に帰ってくるや否や、こちらの仕事に追われ、あれよと日が過ぎていきます。あっという間に10日が過ぎ、5月も下旬・・・ホッとする間も無く今月の芋乃市場がもう目の前に迫ってきました。

昨日は新井町の釣り師アンドーさん主催の釣り大会が催され、アジとイシモチが大漁でした。色々な料理法で楽しみましたが、一番美味しかったのが酢で締めた『〆アジ』小振りなアジを一塩した上でさっと酢締めした江戸前のお刺身。小骨がきれいに取り除かれて、くさみもなく、それはそれは美味でした。

年度末から5月の連休にかけての疲れは体に貼りついてしまっていますが、美味しい物を食べると元気が出ます。今月を頑張り通したら、6月には少し纏まった休暇をとろうと思っています。それまで良く食べて、良く寝て、精一杯働きましょう。

さて、もうちぃーと、がんばっぺ。

posted by かまなりや at 19:25| 時事・私事・家事

2019年05月12日

 終りました。




黄金週間の大イベント『イモノイチバ』⇒『マシコ』は、盛況のうちに無事終了いたしました。

5月1日に作家さん達がどどーっと搬入にいらっしゃり、お手伝いとお接待で連日怒涛の宴会模様。会期中はお客様の対応でてんやわんや、3日間はあっという間に過ぎ去り、その後は片付けに大わらわ。作家さん達をお見送りして一息つく間も無く各所に借り物(テント、仮設トイレなど)の返却、御礼行脚。9日にお借りしていた住宅を退去し、荷物満載で横浜に帰り着きました。さて、10日からは疲れを引きずったままこちらの仕事に切り替えて、はたと気が付けば連休が明けて一週間が過ぎていました。

益子は田植えが真っ盛りで、水が張られ早苗がきれいに植わさった田んぼには蛙の声が喧しく、麦畑では刈り取り間際の麦の穂が風に揺れ、晴れた空ではヒバリが鳴いておりました。ほぼ10日間そんな田園風景を眺めながら過ごしていたら、都会での社会復帰は中々難儀ではあります。

期間中は懐かしい方々にもお会いでき、何より、結婚記念日が会期中と重なり、作家さんたちが嬉しいサプライズも催して下さいました。もう何か遠い過去の出来事のように感じてしまいますが、実に有意義で実り多い日々でありました。ご協力くださいました皆々様には、心より深謝申し上げます。

さあ、たるんでいないで今月の芋乃市場の準備をせねば。

posted by かまなりや at 18:39| イモノイチバ

2019年04月30日

 ぬのかん



『イモノイチバ』⇒『マシコ』イベント三日前となりました。今日は私はうどん打ち、女将は会場準備、中でも会場の顔となる布看板を作りました。今回のイメージカラーである萌黄色の布に割付をしたあとは黙々と刷毛でロゴを女将が手描きしました。


できあがった画像がこちら、光の加減で色合いが違って見えますが中々良い感じです。本来なら、⇒マシコも書くところですが、矢印が入ると案内板のようでお客様が通り過ぎてしまいそうなのでやめておきました。また、これなら他の場所でイベントを打っても使えますしね。

さて、明日からは展示に力を入れていきましょう。

posted by かまなりや at 00:00| イモノイチバ

2019年04月29日

 こーひー



先日25日益子での諸々の事務手続きを終えての帰路、宇都宮の『高橋コーヒー店』さんへ行ってきました。もう、10年以上芋乃市場でお出しするコーヒーはこちらの豆を使わせていただいております。元をただせば宇都宮の太田千香子さん(今回のイモノイチバにもお花と占いでご参加)のご紹介だったのですが、ついぞお店に伺ったことはなく、この機会に行ってみようと足を伸ばしました。

ご自宅の一角の店内には豆の良い香りが漂い、喫茶営業はしていないものの、すぐにコーヒー(エチオピア・ウォテ)を入れてくださり、ちょうど昼食後だったのでゆっくりとコーヒーを楽しみました。高橋さんご夫妻と色々とお話をさせていただき、イモノイチバ⇒マシコのチラシも置かせていただき、ここのところ仕入れていなかったブラックバーン農場のコーヒーを買い求めてきました。

イモノイチバ⇒マシコ』では、この高橋コーヒー店さんのブレンドをご提供します。出張イベントではありますが、手は抜かず良い豆を、きちんとドリップしたコーヒーをお楽しみいただきます。

posted by かまなりや at 00:00| イモノイチバ

2019年04月25日

 せつえい


『イモノイチバ』⇒『マシコ』イベントに向けて着々と準備を進めています。


お借りした会場の外部にテントを仮設して、保健所の検査も通りました。


仮設のトイレも設置、これは主に女性スタッフと参加してくださる作家さんに使っていただきます。お客様には申し訳ないのですが、徒歩1分ほどの隣接施設『新町屋台パーク』のWCをご使用いただきます。(私もコチラ)


会場の向かい側には広い駐車場も確保できました。ご来場の皆々様にはこちらをご使用いただきます。お買い物をしていただいた方には無料で駐車していただきますので、コチラに車を停めて陶器市もゆっくりと見てきていただけます。

さて大型連休まで数日、イモマシ開店まで一週間となりました。作家さん達の搬入は2日(木)です。準備を始めてから半年、いよいよ迫って緊張しますが、それ以上にとてもワクワクして居ります。

posted by かまなりや at 07:18| イモノイチバ

2019年04月18日

 のうこう




最近ひょんなことから買い食いしてたいそう気に入っているのが、ローソンの『濃厚ロイヤルミルクティー』です。コーヒーはどこのコンビにでも多種多様に販売されていますが、こと紅茶になるとそのラインナップはボトル飲料くらいしかなく、コーヒーを常飲しないお茶派にとっては寂しい限りでしたが、このミルクティーは旨いです。

甘いのが嫌なので、いちいち『砂糖抜きでお願いします』といって買っていたら、女房に砂糖は自分で入れるのだからいちいち言わなくてもいいのよと窘められ、ああそうかと次の機会に砂糖抜きと言わずに注文したらば、『お砂糖は入れますか?』と、店員さんに聞かれました・・・以来、やはりいちいち砂糖は要りませんといいながら注文しています。

でもこれ、200円もするものですから、そうそう毎日は飲めません。でもだからこそ何か嬉しい一杯でもあるのです。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2019年04月14日

 おひっこし




栃木県益子町に引っ越しました。

と、云うと永年転居のように聞こえるかと思いますがそうではありません、イヴェント準備の為の期間限定ひと月間だけの仮住まいです。益子の一駅北側『七井』の駅から程近い一軒屋(町営なので、一通りの家財道具は常設)をお借りして、今日から連休明けまでの一ヶ月間お世話になります。とは言え、4月は週末だけ通い、連休に入ったらこちらに逗留するという按配。画像は新居?の食器棚、全て益子焼、それも中々良い物を揃えていて嬉しい限りです。

『イモノイチバ⇒マシコ』の特設サイトには、チラシの案内状もPDFで揚げました。いかようにもDLして下さい、また、皆様のブログやSNSでもご紹介いただければ幸いです。ここにもデータを貼っておきます、ご拡散よろしくお願いいたします。

チラシおもて面 PDF

チラシうら面 PDF

特設サイトQRコード

posted by かまなりや at 19:29| イモノイチバ

2019年04月09日

 はやで




出稽古先の江戸川の作業所で纏まったご注文をいただき、年度始めから頗る多忙です。残業は苦手なので『早出』させていただき、せっせと注文品の段取りを進め、作業所メンバーの皆さんが来所する頃にはすぐに作陶ができるようにし、もりもり作品を制作しています。

今朝は国道15号線から早朝の日比谷通りを疾走し、京橋、新大橋、両国、と経由して京葉道路を突っ走って現場へ。途中、芝増上寺の三門がきれいだったので信号待ちの合間にパッと写真を撮りました。花もまだ残っていて、空の青と朱色の門がとても良い感じでした。

注文品は150個、成形はほぼ終わり半数は焼き上がりました。もう半数を下旬までに焼き上げて、月末に納品予定です。個人で請ける仕事と違い、作業所全体で作業を分担し作り上げるというのは色々に難儀で作業分担も些か煩雑になってしまいますが、これがとても勉強になります。何より、一丸となって仕事に向かうという一体感が生まれつつあるのが良い気分です。まだ仕事は半ばですので、きちんと成し遂げて信用を太くしましょう。

目指せ、就労継続支援B型窯元!

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2019年04月03日

 しんねんど




年度が明けて、いよいよ新元号も発表になりました。私の第一印象は『れ、から始まるの?言いにくいなー、でも、和の字が入って良かった〜』です。2日経って、繁々と新元号の字を見るに令の字にまだ目が慣れませんが段々と親しみが湧いてきました。来月になって伝票等に新元号を書く機会が増えるにつれて、ずんずん好ましくなっていくだろうと思われます。

さて、そんな令和元年5月の黄金週間は新天皇陛下ご即位奉祝ムードの中、陶房かまなりや芋乃市場は栃木県益子町の春の陶器市に出店します。今週の月曜日には益子の管轄保健所(真岡市)へ出店の許可申請を、消防分署に露店の出店届けを提出してきました。これで、晴れて益子町観光協会に出店願いを出せます。衛生面、防火面で色々に制約があって献立を変更せざるを得なくなってしまい、チラシ印刷が遅れてしまいましたがこちらも入稿間近です。特設サイトも準備中、来週にはお披露目できるでしょう。どうぞ、ご期待願います。

どうぞ皆様、ゴールデンウィークはぜひ、『イモノイチバ⇒マシコ 』へお越しください。

posted by かまなりや at 18:25| イモノイチバ

2019年03月28日

 いちぶ




横浜新井町の我が家のソメイヨシノも、ちらほら咲き始めました。午後、陽が傾いてから撮った画像なのでなんだかわかりにくいですねぇ・・・スミマセン。只今開催中の芋乃市場会場にも枝を切って活けてありますが、そちらは三分くらいには咲いております。

お花見かたがた、芋乃市場へ足をお運び願います。

posted by かまなりや at 19:30| 時候・紀行・鑑賞

2019年03月26日

 おやじさま




ちょうど一週間前、19日の火曜日に神奈川大学の卒業式がありました。イタリアからの留学生エマ君も晴れてご卒業となり、この日の晩、上大岡の『炉ばた焼・安兵衛』で卒業祝いのパーティーが催され、我々家族もお招きをいただき、お祝いに参じました。大学関係の方、ホームステイ先の方、世話役の方々と、イタリアからはご両親ご兄弟の皆々様がいらしていて賑やかな宴でした。初対面の方が多い場でしたが、エマ君のお人柄で場は至って和やか、実に旨い酒を呑んで頗る良い気分でした。

中でも、エマ君の親父様とお会いできたのは幸甚でした。私はイタリア語が使えず、親父様も日本語は使えないのですが、黙って座っているだけでも何となく落ち着くどしっとした印象の方で、隣で呑んでいるだけで良い気分でした。何度か握手をしましたが、分厚い、力強い印象の掌でした。言わずもがな、画像はその親父様とのツーショット、自分で言うのもナンですが実に良い写真だと思います。

お袋様もとても落ち着いた穏やかな方で、イタリアにいらして下さいと仰って下さいました。(ここはエマ君の彼女ヴァレちゃんが通訳してくれました)その時は是非にも伺いましょうなどとにこやかにお返事しましたが、さて、ろくすぽ本州から出たこともない人間が欧州イタリーという遠国まで行くことは想像もつきませんな〜。ま、ゆっくり考えましょう。

なんにもせ、楽しいパーティーでした。エマ君、ご卒業おめでとうございます。そしてこれからもよろしくね。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2019年03月25日

 い も




畑に残っているサトイモがあるのを思い出して、掘りあげました。もう芽が出てしまっているかと思いきや、まだまだ大丈夫で、凍って痛んでいるかと思えば暖冬のおかげできれいに残っておりました。

煮物にして食べましたが、それはそれは美味しかったです。本来なら種にして、もう蒔きつける時期ですが、数も多くはないしつい食べてしまいました。種はまたどこかで買いましょう。

やれ痛いの辛いのと文句を言いながら、この美味しい芋を食べるために毎年種を蒔くのですが、女房には買って食べればいいのだから無理してやることはないと窘められます。そりゃぁ買っても食べられるのですが、辛くて痛い思いをしても土に種を蒔いて拵えて、秋に地べたから掘って食べる芋は一味違うんですよねぇ。

だから今年も、きっと畑を作りましょう。

posted by かまなりや at 20:03| 修理・営繕・庭仕事

2019年03月24日

 イワイノダイチ




今月の芋乃市場のうどんを打ちました。今月は久しぶりに栃木県産『イワイノダイチ』100%で打ちました。低アミロースが特徴のイワイノダイチは、打っていて特有のモッチリ感があります。これは食感にも如実に現れて、噛むほどにモチモチとして、味もさることながらこの噛む喜びとのど越しが最高です。来月の連休に益子で開催するイヴェントではこのうどんを販売します。そこで、どーんと大袋25kgのイワイノダイチを取り寄せました。

春3月の芋乃市場は明日25日から、皆様のお越しをお待ちしております。

イワイノダイチ(笠原産業) プロモーションビデオ

posted by かまなりや at 18:35| そば・うどん・麺類

2019年03月21日

 ひがん




季節は彼岸になりました。お彼岸の中日、陽気は暖かくなり東京でも桜の開花宣言が発表されました。横浜新井町は寒いのでまだ数日かかるでしょう。庭にはサンシュユの花が満開です。小さな目立たない花ですが、黄色い色が目立つ花です。一枝切って一輪挿しに挿してみました。

春の風が轟々と吹く一日でしたが、今日はほぼひと月振りに休暇をとりました。久しぶりに穏やかな気分で、花など生ける気持ちの余裕があるというのは、良いことだと思います。明日からまた忙しい怒涛の日々ですが、今日のところは考えないようにしておきましょう。

posted by かまなりや at 18:35| 時候・紀行・鑑賞

2019年03月18日

 はなたば




焼きあがった作品をお届けに磯子区の保育園へ行ったらば、園児さんが花束を呉れました。生花ではありません、折り紙の花束です。と、書くと女の子さんからのプレゼントかなと思う方は昭和世代でしょうか。実はこれを呉れたのは男の子です。平成産まれの皆々様は男の子も女の子も皆、優しい気持ちの持ち主なんですねぇ。そんな気持ちを持ち続けたまま、大きくなっていって欲しいです。

ありがとう『ゆり組』のみなさん、お花は大事に飾ります。卒園式には出られませんが、皆さんが元気に巣立つことを、祈っております。

posted by かまなりや at 18:33| 時事・私事・家事

2019年03月13日

 あかえ




先日益子へ行った際に、赤絵のぐい呑みを一つ買ってきました。作者は馬場由知子さん、主に緑釉と赤絵を焼いていらっしゃる作家さんです。粉引きの生地に楽しい絵付けが踊っていて、これから来る春に使うのにちょうどいいなと思って買ってきました。

早速、お燗でもして使おうと思っていましたが、胃の調子が思わしくなく今週はお酒を控えています。先月からの過労が胃にも影響したものと思われ、あまり酒欲がありません。食欲はあって、三度の食事は美味しく食べていますのでそれほど重症ではないと思うのですが、仕事の後の楽しみが無いのは何だか寂しいものです。ま、腹も身のうち、美味しく飲むための準備と思って養生するとしましょう。

三月も半ば、月も満ちてきます。

posted by かまなりや at 18:37| 焼きもの

2019年03月11日

 あの日




8年前の今日、陶房かまなりやでは素焼きの窯を焚いていました。朝5時から焚き始め、作品が少なかったこともあって早めの焼成になり午後2時頃に火を止めました。その後、瀬谷の糀屋さんへ注文した味噌搗き用の糀をとりに車で出だした直後に大地震が起こりました。慌てて自宅へ取って返し、窯に異変がないかを確かめて倒壊などの被害のないことを確認してから改めて糀屋さんへ出向いたのを覚えています。

8年後の今日、奇しくも素焼きの窯を焚きました。単なる偶然ですが、ラジオの震災関連番組を聴きながらあの日のことを思い出し、東北の被害に心を押し潰されそうになりながら窯出しをして、棚板が崩れそうになっていたのを思い出しました。画像はその時のものです。

今日は地震の起きた14時46分に夫婦揃って黙祷しました。黙祷中の一分間で考えたことは、今、全国、若しくは全世界の人が少なからず黙祷をしているのだろうというその『気』を感じてみようとしたことと、窯の火の安全祈願と、原子力の火の恐ろしさが、こき混ぜになって頭の中をぐるぐる渦巻きました。大変失礼ながら、そんなことを考えていたもので、亡くなられた方を悼む気持ちが抜け落ちてしまいました。

あらためまして、震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

関連記事 2011年3月12日 おおじしん

posted by かまなりや at 18:20| 哲・考・生

2019年03月09日

 Spaghetti alla carbonara




先日の味噌搗きの打ち上げに、留学生のエマ君が本場北イタリアのカルボナーラを作って御馳走してくれました。このレシピではベーコンとミルクは使いません。グアンチャーレという豚の頬肉の塩漬けと、粉チーズ(パルミジャーノとペコリーノのミックス)と卵黄で絡めます。グアンチャーレはよーく炒めて油を切り、そのお肉と卵黄とチーズを混ぜた固めのソースに茹で上げたスパゲティ(今回はこの太さをご指名)を一気に絡めて、麺がかたまりすぎるようならグアンチャーレの油と麺の茹で湯で調整するというもの。

カリッとしたグアンチャーレが良い塩加減で、卵とチーズが濃厚に絡み、それはそれはワインが捗るパスタでした。カルボナーラは炭焼き職人のパスタという意味があるようですが、その語源は諸説あって定かではありません。でも、コショウを多めにかけるその黒っぽさが炭焼き職人が作ると炭粉が落ちてそんな風になるだろうという洒落の効いた説が私は気に入っています。

日本人好みにアレンジされたレシピも好きですが、本場ものの味はやはり一味違いますね〜。パスタ名人であられたエマ君のお祖母様は先日急逝され、お別れに帰郷してから日本に戻って間もないエマ君は少々悲しそうでしたが、明るい笑顔でカルボナーラを拵えてくれるその人柄はやはり陽気なイタリーのお国柄が反映されたものでしょうか。お祖母様のご冥福をお祈りしつつ、『スパゲティ・アラ・カルボナーラ』美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

posted by かまなりや at 00:00| そば・うどん・麺類

2019年03月06日

 芋ノ市バ



今月3月の芋乃市場は、益子の造形作家KINTAさんの陶器を展示します。益子の工房へおじゃまして作品を選ばせていただき、預かってきました。芋乃市場では過去、時計の展示をしたことはありますが陶器は初めて。白い失透系の釉薬、化粧陶器、黒釉などの器に加え木の器も展示いたします。


その足でキッチンスロープさんへ回り、(同じ敷地内、とは言え広すぎて車で移動)シェフ坂口さんの奥様リツコさんに試作をお願いした『イモノイチ』⇒『マシコ』バインミー用のソフトフランスパンの試食打ち合わせをしました。お願いした通りふんわりしたパンを焼き上げていて下さり我々としては大満足。早速、益子の帰路ヤマト運輸の配送センターに立ち寄って、京都の料理家(期間中バインミーを調理)高谷亜由さんへお送りしました。

会期まであと2ヵ月、着々と『イモマシ』計画は進行中です。

posted by かまなりや at 00:00| イモノイチバ