2012年07月03日

 ろくろ


久しぶりに轆轤で数物を挽きました。

 寸法が決まっている物ですから、トンボを当てながら丁寧に挽くの
 ですが、すぐに飽きてしまいます。そこをぐっとこらえて職人仕事に
 徹するのは良い精神の鍛錬になります。が、やはり千々に気持ちは
 波立っていますから、それが轆轤目に出てしまいます。若い頃は
それが嫌で一生懸命そうならないように心がけたものですが、最近はそういった気持ち
の波立ちもまあいいじゃないかと思えるようになり、余程にはみ出さない限り許容して
います。でもやはり、書道に例えれば楷書ですから、心持ちはいささか窮屈です。

ちょっとストレスがたまったので、明日は草書の轆轤を挽いて気を晴らそうと思います。

このあと裏を削って持ち手をつけ、コーヒーーカップになります。



posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの