2012年07月11日

 おかかのゆくえ


 鰹節削りで『おかか』をかいていくうちに節はどんどん小さく
 なり、最後は手を切ってしまいそうになりながらも、どこまで
 削れるか、意地で削りました。いよいよもう限界というところ
 まできたら、でもまだがんばって形を整え、箸置きを作って
みました。なかなか良くできたと思います。何だかネズミのようにも見えて、
左甚五郎の逸話を思い起こしました。でも、猫にはやらず自分で使います。
いよいよ貧窮して食べる物が無くなったら、これをしゃぶって飢えを凌ぎましょう。

鰹節はすばらしい保存食です!



posted by かまなりや at 00:00| 水・酒・食材