2012年08月03日

 三日目


 十郎梅の天日干しも順調に三日目の夕方となりました。
 こんがりと陽に焼かれてとても良い面構えになりました。粒
 が大きかったので三日で干し上がらないかとも思いましたが、
 この猛暑が功を奏したようです。あと一晩夜露に当てて、明日
の早朝には取り込みましょう。梅酢も三升できました。三日間、夜も気がかりで
眠りが浅く、朝は5時前に起きて梅を返し、日中も常に気にかけていましたので
毎年のことではありますが神経が疲れました。あともうひとがんばり、今夜さえ
雨が降らなければ美味しい梅干しができあがるでしょう。

三日目はヘタ部分を上にして干しあげます。 名付けて 『へそぼし』 これが
案外手間がかかるんですよねぇ、でも何かやはり自分なりの工夫をしないと気が
すまないのです。 『そこまでやるか!』 と、言われたいのです。

夜露にあてると柔らかくなるのだそうです。ウチは三日三晩出しっぱなしです。



追記があります
posted by かまなりや at 16:41| 梅干し・漬物・保存食