2012年10月31日

 ご 縁


 10月の芋乃市場は盛況のうちに終了いたしました。
 久方ぶりの展示会 『若林りえ子の食卓えん』 も
 たくさんの方にお買い上げいただき、土鍋類はほぼ
 完売。女将本人も作者として満足げでありました。

食卓えんの 『えん』 には色々な気持ちが込められています。集いの園で
あり、うたげの宴であり、売り上げの円であり、えにしの縁です。2003年の
鎌倉を皮切りに不定期に開催しておりますが、開催のたびに 『縁』 が紡が
れるのを一等喜ばしく感じます。今回も、新規にお越しくださった皆様や、
久しぶりに尋ねて下さった方々や、ご常連の皆々様と楽しくお話しができて
幸甚でした。 ご来場の皆様には、一同心中より感謝申し上げます。

気を良くした女将りえ子は次回開催にも意欲的で居ります。まずは毎月の
市場をしっかりと運営し、足元を固めていく所存。来月は曽田伸子さん
ガラスを中心にした展示をいたします。そして、月末の芋乃市場に先駆けて
11月17日には秋の一七縁日ともいうべき 『一日くいもの市場』 を開催、
石窯パン、杵搗き餅などの非電化食材と色々な美食屋台が出店いたします。
詳細は近日アップいたします、お見逃し無く。

10月も終ります。日に日に空気は冷えてくることでしょう、気ぜわしくなる
季節です、体調管理にはくれぐれもお気をつけ願います。

でもやっぱり 『食卓塩』 の赤い蓋のビン入りを想像しちゃいますよねぇ。
<画像を拡大>


posted by かまなりや at 00:00| 芋乃市場

2012年10月30日

 新小麦


 今月の芋乃市場は新そばがたいへん好評です。今年は
 作柄も良く、甘みがあってとても美味しいです。おそばの
 陰に隠れてうどんが目立ちませんが、小麦も新物になり
 さらに新品種を試していてこれまた美味しいのです。

香川県では、今まで使っていた品種 『さぬきの夢2000』 が、更にグレード
アップした品種 『さぬきの夢2009』 にゆっくりと移行しています。2000の弱点
であったグルテンの粘弾性を補った改良がなされているらしいです。来年6月の
収穫から完全に2009に変わるらしく、芋乃市場でもそれに合わせて2009を積極
導入しました。2000を使い始めてから10年程が経ち、扱いにも慣れ、味にもなじ
んだところですので2000が食べられなくなるのは少々残念ですが、2009もとて
も良い小麦なので早く慣れていくようにしたいと思います。

芋乃市場は明日31日まで、新そばもいいですが、新うどんも良いですよぉ。

袋はまだ2000のままです。手作りラベルが何だか温かみを感じます。

posted by かまなりや at 17:04| 芋乃市場

2012年10月29日

 軽 昼


 夏に慢性胃炎と診断され、歯も病んで食が落ちました。
 更に意図的に昼ご飯を軽くしましたので体重が減りました。
 胃にはずいぶん負担がなくなったと思います、歯の治療も
 順調に進んでいます。体重も少しずつ元に戻っています。

お昼は必ず麺類を食べます。今日はタイのお米麺 『クイッティオ』 をいただき
ました。鳥のスープにもやしだけのトッピングであっさり味、器が白磁なのでとて
も白くてきれいな麺になりました。センレックという細麺です、タイの人たちはこれ
にお好みでナンプラーやプリックナムソム(唐辛子酢)や砂糖を入れて自分好み
の味にして食べるそうです。胃腸の芳しくない私は鳥のスープだけで淡白にいた
だきました。タイでは鳥スープはナームガイというそうです。

器は富士山麓に窯を持つ吉田直嗣さんの白磁鉢。
師匠ゆずりの白い磁胎に料理が映えます。


posted by かまなりや at 16:24| そば・うどん・麺類

2012年10月28日

 イイノサン


 ガラス作家のイイノナホさんが、J-WAVEのラジオ番組
 アトリエ・ノヴァにゲスト出演していました。土曜のお昼
 の番組で、ライブで聴くことができなかったので録音し、
 夜にゆっくりと聞きました。

代表作のペーパーウェイト15周年の記念出版本 『ガラスとヒカリ』 の話題を
中心にガラスに対する想いなどを語られていました。スタジオ生出演のわりには
リラックスした様子で、ゆったりとお話をするイイノさんは普段どおりのホンワカ
した感じがラジオからも伝わってきました。後半は娘さんのヨウちゃんも登場し
てナビゲーターのクリス智子さんも一寸ハラハラ、家族でおもしろく聞きました。

画像は5月に開かれた出版記念展で買った本です。何とダブルサイン入り!

詳しくはこちら
posted by かまなりや at 00:00|

2012年10月27日

 じゅうさんや


 十三夜のお月様が東の空にぽっかりと上がりました。
 まんまるには少し若い月ですが、その分出も早く、暗くなり
 きらない空に明るい月が綺麗です。ちょうど鳥の群れが前を
 横切りました。全くの偶然ですが面白い写真が撮れました。

ここで問題です。何という鳥でしょう?  ヒント カラスの仲間です。

画像を拡大 このシルエットでわかればそうとうの野鳥ファンとお見受けします。

さらに拡大 これでもわかるかなぁ〜 ?

野鳥クイズの答えはこちら
posted by かまなりや at 17:18| 自然・花・虫・鳥

2012年10月26日

 食卓えん


 昨日、始まりました芋乃市場 『若林りえ子の食卓えん』
 概ね順調の滑り出しです。久しぶりの作品展示と、土鍋
 中心ということで関心も高く、加えて新そばの時季とあっ
 ては見る楽しみ、食べる喜び、まさにダブルです。

会期は31日水曜日まで、おそばのみならずうどんも新小麦になって美味しい
ですよー。秋の一日、横浜新井町 『陶房かまなりや』 に足をお運び願います。

芋乃市場のページに4枚ほど写真を揚げました。ご参考になさってください。

これから、あたたかいものが美味しいです。小ぶりな鍋は 『一人鍋』 にどうぞ。

posted by かまなりや at 16:26| 芋乃市場

2012年10月24日

 風


昨日は前線の影響で強い風が吹きました。耐熱粘土を仕入れに厚木まで車
で行ってきたのですが、箱バンは横風に弱く、何度もハンドルをとられました。

 飛行機は真っ直ぐ降りることは中々無いそうです。空港
 が海辺にあることが多く、無風での着陸なんて滅多に無い
 のだそうです。そこを上手に着陸するのが操縦士の腕の見
 せ所だとか。 現役のパイロットさんから聞いたお話です。

なるほど、どんな世界にも職人芸というのがあるものなんだなあと感心しま
した。私も今朝、女将りえ子の作品の窯出しを終えたところですが、歪まな
いように注意を払って焼き上げるのに職人技を注入し、無事窯出ししました。
一安心です、芋乃市場は明日から、皆々様のご来場をお待ちしております。

YouTube 伊丹空港 千里川土手 横風着陸

posted by かまなりや at 18:12| 自動車・乗り物

2012年10月23日

 あ き


秋が進んでいます。でも、ゆるやかな感じはしません。きっと急に寒くなるで
しょう。慣れっこですが、どうも体調を崩している人を周りに多く見受けます。

 カマキリのオスが交尾して食べられていました。よく見る
 風景ですが、昆虫の研究者の調べでは食べられる個体、
 食べられずに複数のメスと交尾する固体の割合は五分
 と五分らしいです。 命がけですなぁ・・・

画像で見ると悲惨な感じですが、カマキリは動く物を捕食する習性本能に準じ
てシンプルに目の前の動く昆虫を捕食しているだけで、人の考えるような情動
はありません。ただ、食べられてしまうと多数の子孫を残せないオスはいささか
不利でしょう。

交尾中は極力動かないのがカマキリの愛の鉄則でしょうか。 キビシー!

季節の変わり目、風邪をひいている方が多くいらっしゃいます。
皆様、何卒ご自愛のほど。来週には 『後のお月見』 十三夜です。

これぞオスカマキリの本懐、何だか大石内蔵助の辞世がぴったりですねぇ。
あら楽し 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし


posted by かまなりや at 17:34| 自然・花・虫・鳥

2012年10月22日

 キティまん


サンリオにお勤めの生徒さんにキティちゃんの肉まんがあるそうですねと尋ね
てみたら、「期間限定で出したら大人気で、また今やってますよ」 とのお答え。
おお、ではひとつ食べてみようかと販売店のコンビニで買ってみました。

 これが件の饅頭 『ハローキティ肉まん』 です。
 サークルKサンクスで150円でした。味はまあ、お子様にも
 食べやすいといった味付けの肉まんで、可も不可も無くと
 いった印象。心持ち小さめで、値段が高いなと思いました。

実に売れているそうです。まあかわいいですし、キティファンにはたまらないで
しょう。でもかわいいので、どこから食べるのか迷うのではと要らぬ心配もして
しまいます。私などは 『名菓ひよこ』 でも 『鳩サブレー』 でも迷わず頭から
バリバリ食べるほうですから、このお饅頭も脳天からバツクリ真二つにかち割っ
てむしゃむしゃいただきました。ま、一度たべればいいですかな。

少し冷めて皺皺になったキティちゃん、こころもち悲しげに歳をとっちゃいました。

posted by かまなりや at 17:42| 水・酒・食材

2012年10月20日

 販売開始


 陶房かまなりや製梅干し、今月の市場から販売始めます。
 原料梅は昨年より少々単価が高かったですが、お値段
 据え置き100g370円で頒布いたします。十郎1パック
 400g入り1500円、小梅1パック200g入り750円です。

食べ頃はお正月過ぎ頃からですが、だんだんと熟成が進み、塩気と酸味がバラ
ンスがとれてきました。お料理にお弁当に、お茶お酒のお供にいかがでしょうか。
10月の芋乃市場は来週25日木曜日から、皆様のお越しをお待ちしております。

右、小田原産十郎梅 左、同小梅 ともに国産海塩13% 常温保存2年保障

posted by かまなりや at 16:58| 梅干し・漬物・保存食

2012年10月19日

 う お


『魚を美味しく食べよう会』 の板長安藤さんが、色々釣れたから呑もうよと昨日
魚をもって来てくれました。道具も持参で見事に造ってくださりこちらはいただく
ばかり、恐縮しながらも秋の魚たちを満喫しました。

 狙いはイシダイだったらしいですが、他にイサキ、メジナ、
 ウスバハギなどがかかって実に楽しい釣りであったよう
 です。ただ、台風からのうねりで結構ハードだったとか。
 まあ、釣果があれば疲れも飛ぶでしょう。

イシダイ、イサキはお造りに、ウスバハギ、メジナは鍋物にしていただきました。
どれも新鮮で歯ごたえもよく、切るのもきちんとしていますから美味この上なく、
これをコンスタントに芋乃市場のお客様にお出しできればいいのになぁと思うの
ですが、海のことですから安定した漁が臨めずやはり無理なようです。が・・・
今年も 『魚を美味しく食べよう会』 を企画しております。年内はどうもきびしそ
うですが、寒の時季のうまいやつを仕入れて召し上がっていただこうという方向
で検討しております。かたまり次第またお知らせいたしますので、ご期待下さい。

刺身のお皿は笠間久野陶園十四代慶子さんの大皿、左奥にチラッと見える鉢は
元祖益子焼、柿釉の窓絵が昭和っぽくて良いですねぇ。関東二大窯業地競演!


posted by かまなりや at 16:41| 水・酒・食材

2012年10月18日

 にぎりめし


昨日の日中は教室で忙しく、夕方に窯詰めなどしてめずらしく残業しました。
そんなこんなで疲れてしまって呑んで寝ちゃいましたが、今朝はすっきり目が
覚めて、先ほど5時に窯に火をつけ、早々日報を書いています。日の出が遅く
なりましたねぇ、まだ外は暗いです。皆様、おはようございます。

 さて、たいへん主観的ですが、私はおにぎりは 『おかか』
 が一等好きです。握り方は硬め、海苔は直巻き、塩は薄めを
 良とします。形は問いませんが、自分で作るときはまん丸に
 握ります。画像は昨日のお昼に女将に握って貰った三角型。

朝っぱらから僭越ですが、更に独善いたします。
おにぎりを軟らかく握ったものはいただけません。まずいとは思いませんが、
ボロボロほぐれるようなものなら握らないで器によそって食べれば良いわけで、
ほどほど団子状になっていてこそ握る意味もあるというもの。また、パリパリの
海苔を別包装にしてますが、あれはいただけません。巻いて即食べるなら、巻か
ずに別に食べれば良いわけで、湿気るのが嫌ならなおさら巻く意味は希薄です。
乾物はもどして食べるほうが美味いです。 作りたてでホカホカとしたお握りは
美味しいものですが、やはり冷めて美味しいのがお握りの本道。常温で齧って
噛むほどに旨みを感じることこそが弁当(携帯食)の骨頂と言えましょう。

さてさて各方面から 『意義あり!』 とのオブジェクションが聞こえてきそうな
ところですが、皆様の好みにケチをつける気は毛頭ございません。秋本番を
迎え、お米も野菜も美味しくなってまいりました、おにぎり持って遠足にでも
行きたいですねぇ。

おにぎり、おむすび、呼び名は色々ですね。 茨城では 『おにんこ』 でした。
因みに器は砥部焼きの染付け、たしか梅野製陶だったと思います。


posted by かまなりや at 05:27| 水・酒・食材

2012年10月16日

 カキノキ


 今年は裏庭の柿がたくさん実をつけています。過去の日記
 を読み返してみても近年稀に見る豊作です。爺様の代から
 ここにある木で、子供時分から食べていますからいかさま
 愛着もひとしおです。 品種は ? わかりません。

柿は東アジアの固有植物で、カキノキ目カキノキ科カキノキ属という高血統であり
ながらその品種は何千種にも及ぶようです。が、甘柿は日本の特産で渋柿の突然
変異体であるらしく、何だか誇らしい植物です。柿の栄養価は高く、薬効も頗る
有用で、秋の食材の筆頭株でありましょう。

夏の疲れがひょんなところに出る今頃には、もってこいの薬喰いですな。

かきくえばおならがでるだけかまなりや

posted by かまなりや at 17:34| 水・酒・食材

2012年10月15日

 愛 着


陶器と磁器どちらが好きかと問われれば、陶器と答えます。勿論磁器も好きです
し、中間的なb器(せっき)も大好きです。ではなぜ陶器が好きなのかを考える
と、答えは単純ではありません。一つには土物特有の肌合い、適度な重さ、そし
て一番の良さは 『脆さ』 ではないでしょうか?

 例えばこの急須、蓋が割れてしまったので同じ焼き色の
 蓋を呼んで合わせて使っています。だからちょっと寸法が
 小さいです、それも欠けてしまい漆で貼りあわせました。
 注ぎ口もかけていますし、ずいぶんよごれました。

陶器の脆さは云わば弱点ですが、大事に使えばまあまあ強く、でも強い打撃には
負けるというこの脆さの加減が何だか良いのだと思います。素材ごとにそれぞれ
点のようなものがあると思います。木材には木材の、鉄には鉄の、布地には布地
の、その加減を知って使う心地よさが趣深いのでありましょう。上手く表現でき
ませんが、卵の殻は程々に強いけれど、力の加減で上手に割ることができます。
割らないように扱って、必要な時にはぐしゃぐしゃにならないように加減をしな
がら上手に割って使うその要領、点を知って扱っているという按配でしょうか。

器屋ですから、新しい物を作って焼けばいいのでしょうがどうにも長く使い込ん
で手になじんでいる道具は手放せません。こんな古急須でもあれば重宝ですし、
無きゃぁ不便です。新しいものを作るのは簡単ですが、もう少し頑張って使いま
しょう。いずれ落とすかでもしてバラバラに割れてしまうなら、その時点が寿命
でしょう。いつになるかはわかりませんが、その日が来るまでよく洗ってお茶を
楽しむことにしましょう。

たぶん七・八年ほど使っている自作の急須、信楽の砂目の赤土に灰ぐすり。

posted by かまなりや at 15:56| 焼きもの

2012年10月14日

 えのしま


 昨日の夕方、湘南江の島の花火大会へ行ってきました。
 秋の花火もいいモンです。が、本当に久しぶりに満員電車
 に乗っかって気持ち悪くなりそうでした。特に、乗っている
 人々のマナーの悪さに辟易しました。

大声で話す若者グループ、莫迦面で眠りこける少年、人前も憚らずべたつ
くカップル・・・大人しく携帯いじっているおっさんがかわいくさえ見えました。
公共の乗物はできる限り乗りたくないです。

花火は、知人の新居マンションの部屋からゆっくりと眺めることができて最高
でした。初秋の花火を眺めながらやはり、フジファブリックの 『若者のすべて』
のサビのフレーズが頭の中で繰り返し流れていました。

♪ さいごのーはなびにーことーしもーなったなー ♪

江の島土産 『生しらす』 朝ごはんに食べました。 しびれたー!

posted by かまなりや at 15:37| 水・酒・食材

2012年10月12日

 ゴゴゴゴゴゴゴゴ


 増谷ジョニーさんから、お借りする約束をした漫画本が
 ドドーンと送られてきました。今年25周年を迎える名作
 シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 です。ズキュウン!
 第4・5シリーズ締めて22冊、ドォーン!おおおおおおっ

秋の夜長にJOJO三昧、ナァーイス!
ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!
刻むぞ血液のビート!山吹色の波紋疾走!!  ちと古めかな・・・

クリックで画像を拡大だー、うりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃー。

posted by かまなりや at 18:30|

2012年10月11日

 オバキュー


 初代スバルサンバーの玩具をヤフオクで見つけ、買い
 ました。とても小さなミニミニカー(全長20o!)ですが、
 精巧にできています。ドアこそ開かないものの、タイヤ
 はちゃんと回ります。2台組で500円でした。(送料込み)

この初代のサンバーは、富士重工の博物館には実車があるそうですが、走っ
ているのはほとんど見かけません。大事に乗っている方も日本中探せばいらっ
しゃるのでしょうねぇ、見てみたいものです。私が乗っているサンバーはこの
初代から数えて6代目、現行車で生産打ち切りとなりましたからだんだんと減っ
ていってしまうことでしょう。初代は通称 『オバキューサンバー』 あのスバル
360と同じスタッフがこしらえた昭和の名車です。

最近のおもちゃはばかになりませんなぁ。このスケールは、Nゲージの鉄道
模型に合わせたものだそうです。駅前に停まっていたらカックイーですな。


posted by かまなりや at 17:51| 数寄・骨董・道楽

2012年10月10日

 さいぼう


 イラストレーターの斉藤俊行さんから、斉藤さんが挿絵を
 した新刊本を頂戴しました。その名も 『かしこい単細胞
 粘菌』 渋いタイトルの本ですが、中垣俊之学術博士が
 わかりやすく解説した低学年向けの科学絵本です。

極力写真に近いイラストをとの要望に応えたという絵はどれも緻密で、理解を助け
てくれます。これが写真であったら、子供のみならず大人でもちょっとキビが悪い
と思ってしまうのではないでしょうか?そこをイラストでリアルに表現するのは
中々骨の折れる仕事であったろうと思いますし、画力の問われるところです。それ
を持ち前の細やかさできちんと書き込んでいる絵はどれも見やすく、シルエットの
人間が細胞の大きさと対比するように描かれ、菌類がとても身近に感じられます。
いやあ、いい〜シゴトです!

折しも、新細胞を拵えた京大の教授が世界的な賞を受賞するという一報が飛び
込み、巷は細胞に関心が集まっているところ。不肖私もこの夏の胃の内視鏡
検査でピロリ菌を発見され除菌を勧められるも、太古の昔から共生しているおと
なしい菌をむざむざ排除されてはたまらんぞと、毅然と除菌をお断りしたばかり。
粘菌はとても賢い一面があるとのこと、私のピロリちゃんたちもきっと賢く胃の
中に住んでいることでしょう。悪さをしないようにたまにはピロリちゃんたちの
好物 『尿素』 を食べてやりましょうか。  尿素入化粧水でも呑むか・・・?

全体画像をご覧下さい。

posted by かまなりや at 17:22|

2012年10月08日

 い も


 畑の里芋を試し掘りしてみました。小さな株一株ですから
 数は少ないですが、まずまずのようです。本掘りは霜が降り
 てからにしましょう。今年は八つ頭も作りましたので 『芋がら』
 もとりましょう。イモガラは漬け物が美味しいんですよねぇ。

ねっとりとしたとろみが美味い 『土垂れ種』

posted by かまなりや at 14:54| 水・酒・食材

2012年10月06日

 きよいずみ


 久方ぶりに 『清泉』 を呑みました。  !旨い!
 実はラベルが変わって以来、このデザインへの拒否反応
 で買えませんでした。デザインされた方には申し訳ないの
 ですが、私はこのラベルが頗る苦手です。

2004年の水害と地震を受け廃業覚悟の被害を受けた久須美醸造は、お酒の
顔ともいえるラベルを一新し、心機一転する旗印としたのがこのラベルです。
一日本酒ファンとしてもこの名蔵の再興を願って応援したい気持ちが強かっ
たのですが、どうにも生理的に受忍できず、距離を置いていました。

相変わらずこのラベルは許容できませんが、中身の旨さは折り紙付です。

良いものは良いのですから、うわべに惑わされずこれからも嗜みましょう。

『夏子の酒』 のモデルとなった蔵としても有名ですね。  <画像を拡大>

posted by かまなりや at 17:20| 水・酒・食材

2012年10月05日

 尺とりカップ


 このカップ、7月3日にロクロで挽いた物です。ついつい
 手を付けるヒマがなく、今頃になってやっと付けました。
 そんなに置いといて大丈夫なの? と、思われるでしょう。
 実は、きちんと養生しておけば案外と平気なのです。

画像の奥にあるのは女将の作品、ご覧の通り、まるっきり作風が違います。私は
細かい仕事がしたい職人気質、かかあは細かいことは気にしない大味派、同じ土
を使っても随分違う物が出来上がります。良い悪いは個々の感性と見る方の主観
ですから、評論は無意味でしょう、作者は誰も良いと思って作っているわけです。
あとは響きあう感性の方と出会うのを待つばかり。このカップは芋乃市場の喫茶
で、コーヒーを召し上がっていただくのに使います。

木にシャクトリ虫が這い登っているイメージで作っています。

posted by かまなりや at 16:42| 焼きもの

2012年10月04日

 さくとう


 かまなりや女将りえ子が、俄かに創作意欲を発露し、作陶
 に打ち込んでいます。聞けば今月の市場は自分の作品を
 展示するとか。急遽私はサポートにまわり、先生の土を練っ
 たり、窯のスケジュールを調整したりと忙しくなりました。

涼しくなって乾くのに時間がかかります、間に合うのか? がんばれ、東北人。

余談ですが、昨日、新横浜プリンスぺぺショッピングセンターへ行ったら、ホテル
の壁に 『出しきれ!ライオンズ』 というポスターが貼りだしてありました。ほう、
西武もリキが入っているわいと眺めて通りましたが、彼女はそのポスターにおお
いに刺激を受けた模様で、買い物もそこそこに憚りへ消えてゆきました。暫くし
て戻ってきた表情は明るく、Vサインまで出しています。私はすぐに、ああ、出し
きったのだなと理解しました。

身も心も軽やかにロクロ仕事をする女将

posted by かまなりや at 16:51| 焼きもの

2012年10月03日

 は せ


鎌倉長谷へ行ってきました。来年の個展の会場に良さそうな古民家のスタジオ
『イシワタリ』
 さんを見学させていただいてきました。元は材木商だったという
建物は太い柱ががっしりと屋根を支える純日本建築。玄関を入るともうそこは
和の世界で、座敷に面して広い縁側が寄り添い、建具を取払った広間には秋の
涼やかな風が通って清清しく、こんな家に住みたいなあと思わず憧れました。

 折り良く陶器の展示を開催中で、ギャラリーの雰囲気を感じ
 るのにはうってつけでした。特段、陶器を買うつもりもなかっ
 たのですが、瀬戸の瀧田操さんの蜜柑の釉がとても良かっ
 たので、一つ買ってきました。

薄造りの丁寧な轆轤に青みのある乳白色、ピシピシと入った貫入も心地良く、
少々暗めの会場では米色瓷(べいしょくじ)のようにも見受けましたが、持ち
帰って明るいところで見るとうんと青く、還元が効いているなぁという印象。
うっかりするとすぐに口を欠いてしまいそうですが、これまた運良く金継ぎ
の作家さんにもお会いできて、いざとなれば繕いをお願いしましょう。

ギャラリーの一角にはベトナム料理の食堂も併設され、お昼をいただいてき
ました。 『ブン』 という細麺料理がことのほか美味しかったです。

まだまだ先の話で、漠然としているのですが、案内してくださったオーナー
ご夫妻は気さくで年齢も近く、ある程度自由に使って下さって結構ですよと
仰ってくださり、これから自分の中で訥々と作戦を練って摺り合わせます。

若林和正生誕五十周年 『人生は恥の上塗りと見つけたり展』 着々進行中。

瀧田さんは愛媛ご出身で、瀬戸に工房を構えていらっしゃるそうです。
<画像を拡大>



古民家スタジオ イシワタリ "食卓は宇宙" 三者三様 展

ベトナム家庭料理 越南食卓(えつなんたーぶる)

posted by かまなりや at 17:21| 焼きもの

2012年10月02日

 電バリ


 ヒゲの手入れに電動のバリカンを使っています。手入れと
 いうと体が良く聞こえますが、何のことはない伸びたらバリ
 カンで刈るだけのこと。長いこと愛用している物の刃が壊れ
 てしまったので、近くの家電店で新しい物を買いました。

使い慣れていた物と同じメーカーの物があったので買ってくると、何と刃の部分は
まるで同じ部品でした。(写真で白く見える部分) ここはそっくり外れて水洗いが
できる構造になっています。元のバリカンは刃以外に不具合がないので、この部品
だけを取り外しくっつけちゃいました。動作も順調です。調べてみたら部品だけの
取り寄せもできるようですが、部品代は今日買った品代よりも高かったので、一応
割り得だったようです。それもポイントが溜まっていたのでそれを使いましたから
いわばタダ。得をしたのでしょうが、バリカン本体ばかり2台になってしまい何だか
品物ばかりがさばって、釈然としないのも正直なところ。

よく「ヒゲを剃ればいいのに」といわれますが、毎日髭剃りをするなんて考えただ
けでもぞっとします。長くヒゲをはやしていると、剃ることのほうが不自然に感じ
ます。ヒゲは剃るのに、眉毛は剃らないのは片手落ちのようにも感じます。両方
とも剃るなら剃る、伸ばすなら伸ばすというのが整合性ある身だしなみでしょう。

最近頭もヒゲもめっきり白くなってきましたが、眉毛は不思議と真っ黒です。

バリカンってフランス語なんだそうです。でも、正式にはトンズーズというそうです。

テスコムのバリカン

posted by かまなりや at 18:13| 修理・営繕・庭仕事

2012年10月01日

 颱 風


 9月の芋乃市場が無事終わりホッとしたのも束の間、
 台風17号が吹き荒れて昨夜は肝を冷しました。一過の
 今日は休みをとり、一日ぼんやり過ごしました。パソコン
 で動画を見たり、漫画の本を読んだりして過しました。

アニメと漫画ですっかり脳みそが染まって女房との会話がかみ合わなくなりました。

女将 「台風がそれほどひどくなくて良かったわね。」

亭主 「ラピュタはあの中だ!おばさん行こう、父さんは帰ってきたよ」

女将 「何言ってんの?あんた」

亭主 「やれやれだぜ、右のこぶしで殴るか?左のこぶしで殴るか?あててみな」

女将 「ばかじゃないの?」

亭主 「オラララオラオラオラオラオラオラオラ」

女将 「死んどけ!」

亭主 「ひでぶっ」

昨日の朝5時の朝焼け

posted by かまなりや at 16:39| 時候・紀行・鑑賞