2012年12月31日

 カブき納め


 東西、東西、一座高うはございますがご免を蒙ります。
 本年中は陶房かまなりや並びに芋乃市場にご贔屓を賜り、
 座中一党ありがたき幸せと厚く厚く御礼を申し上げます。
 来る年も変わらぬご愛顧を重ねて重ねて希い奉ります。

                 陶房かまなりや座長 若林和正    頓首

posted by かまなりや at 17:11| お知らせ・ご挨拶

2012年12月29日

 いちばん


 今年も色々な本を読みましたが、一等面白く読んだのが
 これです。画家山口晃さんの随筆漫画 『すゞしろ日記
 とりとめもない内容ながら随所にウィットが感じられ且つ
 小咄のようにオチが付いて、お笑い満載の読切漫画です。

手描き漫画で少々読みづらいのですが、何作か読むと目が慣れてきます。
作品展の余興的にかかれたものが評判を呼んで、東京大学出版会PR誌 『UP』
に連載が始まり、単行本には1〜50号の分が掲載されています。さらに、今も
連載中であるそうです。続編が待ち遠しいですな〜。

お正月の休みにのんびり読むにはお奨めです。ご希望の方には貸出し致します。

posted by かまなりや at 16:46|

2012年12月28日

 天 幕


 明後日、餅を搗きます。天気の予報が芳しくないので、
 天幕を仮説造営中。なるだけ予算をかけず且つ解体が容易
 なように、でもしっかりとしたものを作りましょう。材料費は、
 HSコーナンで一番安いブルーシート(5.4×7.2)1,250円也。

これがほんとの 青天井。  晴れますように・・・

posted by かまなりや at 12:38| 普請・作事・造園

2012年12月27日

 く る み


 今年の春、4月13日の記事で紹介した、つっぱりクルミが
 ひと夏を経て更に渋い面構えになりました。かなり、悪そ
 うです。このまんま北野監督の 『アウトレイジ』 に出られ
 そうな悪人面です。 「いつでもやってやるよコノヤロー」

アウトレイジファンには堪らないYouTube コノヤロー特集

posted by かまなりや at 16:57| 自然・花・虫・鳥

2012年12月26日

 オルトン


今年の窯も昨日無事に終了しました。空気が冷え込んで窯も随分早く冷める
ので、ひょっとしてもう出るかなと思って触ってみると外部はもうすっかり冷め
ていました。そうっと開けてみると中はまだまだ熱く、確認だけして閉めました。
覚えたての頃は早く見たくて、辛抱できずに熱いうちに開けちゃったものですが
急冷は作品にも窯にも良くないので、今はそういうことはしません。中には急冷
して色を出す 『引き出し黒』 という焼き方もあるんですけどね、ウチではそれ
はしません。因みに瀬戸、美濃地方の特技です。

 大震災以降、窯用温度計コーンの銘柄をぜーゲルから
 オルトンに変えました。窯数を炊いてずいぶん慣れました
 が、使い終えたコーンを何気なく窯の上に並べていたら
 どんどん増えて、今では40個ほどになっています。

蒐集癖があり、何か集め始めると止まらない性分にはこの景色がとても結構
に映ります。置ききれなくなるまで置いたら次はどこへ並べようか考えましょう。
同じように炊いたつもりの窯でも、コーンの融け方は少しずつ違った表情があり
ます。これからも炊き続けるたびに微妙に変わった姿を見せてくれるのでしょう。
してみると、使用済みの廃物であるコーンたちも謂わば作品で、可愛く見えます。

年末の夕暮れは、ちくと感傷的な気分になりますな。

posted by かまなりや at 17:15| 焼きもの

2012年12月25日

 アラビヤン


 お昼に 『アラビヤン焼そば』 を食べました。懐かしい
 味でした。思うに日本にはこういった他国の地名を冠する
 食品が多いように思います。商品に個性的な付加価値を
 加味する意図でしょうが、アラビア半島に麺はありません。

デンプン麺の料理を散見しますが輸入らしく、独自の麺類文化は見当たらず、
この商品をアラビア半島の国々に由来があると思っている人は、大いなる勘
違いをしていることになります。まあ、洒落でつけたネーミングですから四の
五の言うのは野暮ですが、ターバンを巻いたキャラクターはいかにもあちら
風で、調味料がスパイシーなことくらいしかそれらしくないのに 『不思議』 と
いうキーワードからアラビヤンとする当時のサンヨー食品担当者たちのおお
らかさが微笑ましくも感じます。まあ、ヱスビーにも 『ホンコンやきそば』 と
いう憎めないキャラクターのついた袋麺がありますが。

他にもアメリカンコーヒーやフランスパンなど、どれも間違いではなくとも和製
英語に他なりません。果ては 『トルコライス』 なんてぇ凄いお料理もあります
から痛快です。海外でもぜひ、トンチキな料理を拵えてジパングミールなんぞ
と名づけて売り出したらどうでしょう。

posted by かまなりや at 16:42| そば・うどん・麺類

2012年12月24日

 ジャパクリ


毎年毎年ぼやいていますが、やはり今年もこの時季は黙っていられません。
ジャパニーズクリスマスです。クリスチャン人口は明治維新以降1%を越えた
ことのないこの国で斯くも賑々しく聖夜を祝うのは何故でしょうか? 勿論、
敬虔な宗教行事として浸透したのではなく、大正天皇の誕生日と絡めて普及
したという経緯が年末の祭事に変容してきた歴史は承知のうえですが、いつし
か24日のイブだけに特化され、恋人と過ごすラブリーな夜の代名詞になって
しまったのはもう、恥を知る民族として穴があれば隠れてしまいたい程です。

 ラジオで頻繁にかかる 『きっと君は来ない♪』 の歌が
 気障りで仕様がなく、日本中の宿泊施設が短期滞在も
 含めて大入満員になるのに一役買っているだろうことを
 思うと最早日本の聖夜は 『繁殖夜』 と言えますまいか。

少子化に歯止めをかける効果があると思えば全く無意味とも思えませんが、
それならそれでキリストさんを引き合いに出すまでもなく、歳末和合祭とでも
銘打っておおっぴらに伴侶恋人と契る日にすれば良いのだけのこと。わざ
わざ他国の神様をダシにするのは基督教信者の皆様に失礼です。

さてはや、そんな乱痴気騒ぎも今夜一晩の辛抱です。我が家は今宵も常と
変わらず、家族三人晩酌団欒です。里芋の煮っころがしでもつつきましょう。

歳の瀬で空気も乾燥してまいりました、どうぞ皆様、火のご用心を。

posted by かまなりや at 17:24| 哲・考・生

2012年12月22日

 ケーキ


 クリスマスケーキを日本で最初に拵えたのは老舗の不二家
 だそうです。それも大正時代だというから歴史を感じます。
 もとより、ケーキなど食べない私は一向興味はなく、増し
 てクリスマスを祝う習慣のない我が家には無縁の長物です。

さて、冬至も過ぎ、巷はクリスマス真っ盛りの三連休、これを凌げば日本の暮れ
の風情が戻ってきます。ハロインからこっちの西洋カブレは聊か長うございました。

もうひと辛抱ですな。

posted by かまなりや at 17:02| 水・酒・食材

2012年12月21日

 薪 暖


 今日は寒さの沁みる一日でした。でも、芋乃市場会場には
 岩手釜石製国産ストーブ 『クラフトマン』 があるのでポカ
 ポカです。薪も充分に備蓄されており、暫くは安泰です。
 人呼んで 『釜石君』 東北気質の無口な働き者です。

posted by かまなりや at 17:36| 芋乃市場

2012年12月20日

 冬至イブ


 今年も冬至前夜となりました。師走も下旬、いよいよ気ぜわ
 しくなってきます。庭のボケゆずの木に三つばっかり小さな
 実が付きました、明日もいで風呂に入れましょう。今日の
 日中は冬空が青く澄んでとてもきれいでした。

すっかり暮れた夕空には、ピカピカの上弦の月がかかっています。 きれえだなぁ。

posted by かまなりや at 17:05| 時候・紀行・鑑賞

2012年12月19日

 いよいよ販売


 7月にロクロを挽いて、10月に手を付け、先月やっとこ
 焼いた 『尺とりカップ』 を、芋乃市場で販売します。
 先ほど搬入してきました。何と5ヶ月もかかっちゃいました・・・
 仕事が尺取虫ですな。 来年はもー少し加速しなければ。

木の幹を尺取虫がのんびりと登っているイメージで作っています。
ご自分用に、またはご贈答にいかがでしょう。

posted by かまなりや at 16:32| 焼きもの

2012年12月18日

 美味柑


 作家の曽田蕭子さんから荷物が届き、はて何だろうと開け
 てみたら、頗る美味そうな蜜柑が詰まっていました。すば
 らしい贈り物に歓喜しつつ、すぐに一つむいて食べてみま
 した。露地物で、実にバランスのとれた美味でした。

宅配便ラベルの品名には 『樹になるまんま』 と書かれていました。
産地は高知県野市町、NPO法人しあわせみかん山の作品です。
だいじに、だいじに、噛み締めてちょうだいします。

posted by かまなりや at 18:12| 水・酒・食材

2012年12月17日

 じめつ


 民主党が大敗し自滅しました、当然の結果でしょう。
 自民党が息を吹き返しましたが、何れ旧来と変わらぬ政治
 でまた自壊するでしょう。何より、戦後最低の投票率という
 結果が、日本国民の自堕落を露呈しました。

政治は悪い!でも選挙でしか参加できないその権利を行使せず傍観しているのは
問題外に幼稚です。国を見離した国民はいずれしっぺ返しを貰っても文句は言え
ますまい。せめて白票でも良いから参加して、100パーセントとまではいかないま
でも8割ほどの投票率を望みたいところです。6割にも満たない投票率では選挙
制度そのものが意味を持ちますまい・・・自滅としか思えません。

posted by かまなりや at 16:14| 哲・考・生

2012年12月15日

 パスタ


 今月の芋乃市場ではパスタがランチメニューに加わりま
 す。クレシマスなどと洒落ながらも、やはりクリスマスの
 雰囲気は女将としても演出したいようで、ランチプレート
 を作るそうです。今日はその生地を打ちました。

私のパスタはデュラム粉と小麦粉の二八パスタで卵のみで打つ高カロリー、
高タンパクの洋麺です。そばよりは締めて打ちますが、うどんのように踏む
ことはなく、パスタマシンで均一に伸ばします。幅広のままでラザニアに、
細かく切ってショートパスタに、きしめん状に切ってフェットチーネにと、
全てこの生地でまかないます。もっちりシコシコで美味しいですよー。

さてさて、日替わりのパスタになると思われますが献立は女将の気分次第、
何が出てくるかは毎日のお楽しみ。 ぜひ、芋乃市場でご賞味願います。

posted by かまなりや at 17:36| そば・うどん・麺類

2012年12月14日

 献 納


 本年の献血納め、約して 『けんおさ』 に行ってきました。
 もちろん、成分です。今日の担当の方は手ダレ揃いの東口
 ルームではめずらしく手際が悪く穿刺もお上手ではありま
 せんでした。今頃になって針痕がこころもち鈍く痛みます。

今年はまめに献血に赴きました。数えてみたら8回、二月に一度以上のペースで
す。でも、以前にも書きましたが私の献血の動機はたいそう不純で、ただ看護士
さんにちやほやしてもらいたいがために行くのです。あまつさえお土産までいた
だいて、果報この上もありません。さらに採血した血液がお役に立つのであれば
幸甚の至りです。

来年は12回、即ち月一回を目指してみましょうか。皮切りは1月2日の初献血が
いいでしょう、箱根駅伝を見ながらまったりと血を抜いてもらい 『はつけん』 と
洒落ましょう。  上手な方に当たりますように。

posted by かまなりや at 17:34| 養生話・献血・湯屋

2012年12月13日

 そばもん


 古本屋でおもしろい本を見つけました、手打ちそばの漫画
 です。えーっついにグルメマンガもここまできたかと恐る
 恐る立ち読みしてみるとこれが案外読めて、二冊買っちゃ
 いました。副題に 『ニッポン蕎麦行脚』 とあります。

まだ1・2巻しか読んでいませんが、主人公の矢代稜は祖父から江戸蕎麦の奥義
を伝授された流れの職人、諸国を回って蕎麦打ちをしながら関わった人々に江戸
蕎麦の心意気を伝えるという役柄。短編長編の作りは 『美味しんぼ』 に似てい
ますが単なるグルメではなく、人情劇になっています。作者はビックコミックで
長く執筆している山本おさむ氏、障害を持つ子とその親や地域を描いた 『どん
ぐりの家』 はその代表作でしょう。

蕎麦打ちの端くれとしても実に興味深く、勉強になります。ただ、少々書かれて
いることが聞きかじりなせいか心持ち古くさく感じなくもないのですが、読むほう
でそこを上手に解釈すれば、物語巧者の山本氏だけに人情劇に思わず涙ぐむ
話もあり、先を読むのが楽しみです。

単行本は10巻まで刊行されていてなお連載中ということですから、まだまだ楽し
めそうです。全巻そろえてお正月の休みにはのんびりと蕎麦漫画を読みましょう。

posted by かまなりや at 17:21|

2012年12月12日

 木出し


 近所の新井神社で切った木を頂きました。年内に片付けて
 欲しいとのことで、昨日若い衆二人に手を借りて山から出し
 てきれいにお掃除してきました。いわゆる鎮守の森のサクラ
 やケヤキですから、大切に使いましょう。

用途はやはり 『薪』 です。薪がたっぷりあるとことのほか安心です。暮れには
お餅つきがありますし、薪のストーブはいくら燃料があっても困りません。今年
使わなくても来年またその先と、あればあるだけ安心です。ただ、割るのがちょっ
とたいへんですねぇ、昨日も若い者に負けじと私も少し割りましたが、今日はあち
こち痛いです。まだまだ若い者に負けていられんぞと思う反面、体は付いてきて
くれないようです。意地を張らずに若い力を恃みましょう。

posted by かまなりや at 16:46| 普請・作事・造園

2012年12月10日

 醗酵減速


 今日の朝は更に冷えて、厚い氷がはりました。
 冷えてくると糠漬けが漬からなくなります。今はまだそれ
 ほどでもないですが、この寒さが続くと乳酸菌たちも寝て
 しまうでしょう。今の時季は漬かるのに48時間かかります。

大根やカブが美味しくなってきました。ハヤトウリはもうそろそろ仕舞いです。
真冬には塩を振って休みましょう。そして温かくなったら、春キャベツでも漬け
て目を覚ましてやり、夏の路地のキュウリが出たら毎日漬けましょう。

posted by かまなりや at 17:14| 梅干し・漬物・保存食

2012年12月09日

 冬


 今朝は、横浜新井町も冷え込みました。畑は霜で真っ白、
 外のバケツには薄っすらですが初氷がはりました。日中は
 小春でしたが、午後三時過ぎにはまた冷えて、素焼きの窯
 詰めをしていたらすっかり体が冷えてしまいました。

冷えた体には、お燗に限ります。今日は少々熱くして中から温めながらこれを
書いています。今日のお酒は広島の銘酒 『賀茂鶴』 お酒らしい味のしっかりと
した造りが五臓六腑にしみわたります。私の一日はこのためにあるのだといっ
て良いくらいこの晩酌の瞬間が堪りません。

気が付いたら生まれていて、死ぬまで生活をするのが生きることなのですから、
生にどれほどの意味があるでもないことに薄々気づき、でも生きることに投げ
やりでは飲食が充実しないことも理解し、では何の為に頑張るのかと聞かれた
ら、表向きは家族の安寧や将来のためなどときれいごとを言いますが、その実
はうまい酒を呑み、うまい肴を食べ、笑っていられることに尽きます。

野心あふれる家人はそんな私を小人(しょうじん)扱いしますが、私はそれで
充分満足なのです。巨万の富も、文化勲章も、豪邸も別荘も要りません。
この小さな幸せがずっと続くように、明日も身の丈の分だけ頑張ります。

posted by かまなりや at 17:16| 哲・考・生

2012年12月08日

 はがた


 今日は 『葉形』 のお噂です。庭のイチョウが散り敷いて
 たいそうきれいです。一説に雄木の葉っぱはズボン形で、
 雌木の葉はスカート形だといわれます。良く見るとウチの
 木の葉はほとんどがスカート、雌木なのでしょうか?

木が若いからか、まだ実が生ったことがないですがいずれは付くのでしょうか。
ギンナンが採れればそれはそれは果報ですが、いかんせん匂うでしょうねぇ・・・

はて、ありがたいやらありがたくないやら、でもやはり生ったほうがいいですなあ。

posted by かまなりや at 08:25| 自然・花・虫・鳥

2012年12月06日

 ハガタ

久しぶりにたいそう露悪的な記事ですので、日報初心の方はご注意願います。

 20日ほど前に歯の治療が終了しました。根管治療が済み、
 かぶせ物を合わせてもらい、無事に終りました。初めて口
 にした印象材(歯型を取る樹脂)もそれほど気持ち悪くなら
 ず、きれいな型がとれました。画像は左第二大臼歯です。

しっかりと噛み合わせの調整をしてもらって、クラウンの接着も済みさあ終わり
ですと診察台をおこしてもらったときに、テーブルの上にあった自分の歯型が目
に入りました。きれいに石膏取りされた型には台座まで付いています。思わず心
の中で 「欲しい!」 と叫びました。先生はお忙しそうで、次の患者さんの方へと
移動された後、衛生士さんが被せ物の注意点などを説明してくれました。幸い、
何かご質問は?と聞いてくれましたので、控えめにその型は頂戴できませんかと
聞いてみると、先生に確認して了承してくださり、めでたく入手いたしました。

顎全体だと少々不気味ですが、ちょうど真半分の舟形フィギュアといってさしつか
えない雰囲気です。自分の歯を客観的に見る楽しみも加わって、実に愉快です。
いかんせん通し番号が少々気障りですから、いずれ研磨して完成させましょう。
実は上顎部分も頂戴してきました。ばっちり上下セットなんですよ。ほとんどの
患者さんは持ち帰らず、業者に一括して処分してもらうそうです。自分の歯の型を
貰わないなんてもったいない!皆さんもぜひ歯科治療の際にはゲットしてください。

全体画像クリック注意!  因みに上顎部分は白い石膏でできています。
ばっちり磨いて、来年の個展では展示しようと思ってまーす。


posted by かまなりや at 18:00| 時事・私事・家事

2012年12月05日

 どびん


 注文品の土瓶です。試作品が小さかったので作り直し
 ているのですが、小さく見える左側の物でも3〜4人分は
 お茶を淹れられます。然しながらご注文は4〜5人分たっ
 ぷりと入る物。かなり大きくなりそうです。

自由なデザインで構わないというお言葉に、少々遊んで徳利形に挽きました。
上の穴から蒸気が抜ける格好です。面白い形にはなったのですが、使い易い
かどうかは疑問です。機能と造形は歩みよるのがむずかしいものだとあらため
て感じます。まあでも、お任せのご注文ですから、機能性より造形を優先しま
しょう。もっともっと面白い形を作れれば良いのですが、生来の職人気質には
どうやらこれが精一杯のようです。

実はこの作品、ご注文から一年以上が経っちゃいました。全く急がないですと
いう肝要なお言葉に甘えていつもながらずるずる−っとお待たせしております
が、もうすぐまとまると思います。ご納得いただけるものにしてお届けいたしま
すので、もういくばくかのご猶予をお願いいたします。 頓首

posted by かまなりや at 16:37| 焼きもの

2012年12月04日

 若 博


 来年の個展 『若林和正博覧会』 の会場が、ほぼ決定し
 ました、10月に見学させていただいた鎌倉長谷の古民家
 のギャラリーです。今日、展示の無い状態を見せていただ
 きに伺って大まかな日取りですが、お願いしてきました。

画像は外部の全景です。良い雰囲気でしょ〜、この一階のお座敷を使って展示
を組み立てます。お台所も貸していただけそうなので、おそばもできたらいいなあ
と考えています。これから骨子を組んで、肉付けをしつつ、作品を焼いていきま
しょう。 若林和正生誕50周年記念展 -WAKAHAKU- ご期待願います。

古民家スタジオ イシワタリさん

posted by かまなりや at 17:39| お知らせ・ご挨拶

2012年12月03日

 やがう


 選挙が近づくにつれ野合という言葉が乱れ飛び、新聞の
 見出しにまでデカデカと登場しています。元来の意味が
 不義密通を指す言葉であるので、おおっぴらに使う語で
 はないと思うのですが、時の首相までが口にしています。

日本人は戦後70年弱で本当に莫迦になってしまったのでしょうか?西洋に学
ぶあまり、自国文化を捨てすぎて魂まで売り払ってしまったのでしょうか。いや
いや、そうではありますまい、まだまだきちんと日本人の慎ましさや勤勉さを
矜持している人はいるはずです。

今度の都知事選挙と衆院選が正にその試金石だと思います。

画像は神奈川県海老名市の酒蔵 『泉橋酒造』 の夏ヤゴ純米のラベル
適当な画像が思い浮かばなかったので拝借しました。 拡大しません。

posted by かまなりや at 18:07| 哲・考・生

2012年12月02日

 伍 度


 今朝はきりりと冷えました。朝7時の外気温は5℃でした。
 気温が一桁になると、ああ冬だなあと実感します。木は来年
 の芽を残して休眠し、虫は木の落とした葉の下にもぐります。
 おっつけクロジやツグミやヒタキの仲間が渡ってくるでしょう。

街は節操の無いクリスマスカラーになって憂鬱ですが、クリスチャンではない
私はキリストさんの誕生日など眼中に無く、八百万の神々&稲荷信仰+お寺は
天台宗という能天気者として、歳の瀬に向けてしっかりと年越しの準備をいたし
ましょう。 もういくつ練るとお正月、楽しみです。

posted by かまなりや at 07:59| 時候・紀行・鑑賞

2012年12月01日

 やつがしら


 師走塑日、里芋を掘りました。日報の過去記事を紐解くと
 去年は11月30日に掘っています。画像は 『八つ頭』 種芋
 が小さかったので小ぶりなできばえですが良い芋が採れま
 した、上出来です。夏が暑かったのが良かったのでしょう。

明日は日曜日開催の陶芸教室の皆さんと一足早い忘年会を催します。ほっくり
と炊いて肴にしましょう。4月に種芋を蒔きつけてから八ヶ月、長い栽培期間でし
たが、美味しい芋を食べて報われましょう。 太陽と土と水に感謝!

サトイモって結構色んな種類があるんですよぉ。 野菜図鑑 『さといも』

posted by かまなりや at 16:08| 水・酒・食材