2012年12月24日

 ジャパクリ


毎年毎年ぼやいていますが、やはり今年もこの時季は黙っていられません。
ジャパニーズクリスマスです。クリスチャン人口は明治維新以降1%を越えた
ことのないこの国で斯くも賑々しく聖夜を祝うのは何故でしょうか? 勿論、
敬虔な宗教行事として浸透したのではなく、大正天皇の誕生日と絡めて普及
したという経緯が年末の祭事に変容してきた歴史は承知のうえですが、いつし
か24日のイブだけに特化され、恋人と過ごすラブリーな夜の代名詞になって
しまったのはもう、恥を知る民族として穴があれば隠れてしまいたい程です。

 ラジオで頻繁にかかる 『きっと君は来ない♪』 の歌が
 気障りで仕様がなく、日本中の宿泊施設が短期滞在も
 含めて大入満員になるのに一役買っているだろうことを
 思うと最早日本の聖夜は 『繁殖夜』 と言えますまいか。

少子化に歯止めをかける効果があると思えば全く無意味とも思えませんが、
それならそれでキリストさんを引き合いに出すまでもなく、歳末和合祭とでも
銘打っておおっぴらに伴侶恋人と契る日にすれば良いのだけのこと。わざ
わざ他国の神様をダシにするのは基督教信者の皆様に失礼です。

さてはや、そんな乱痴気騒ぎも今夜一晩の辛抱です。我が家は今宵も常と
変わらず、家族三人晩酌団欒です。里芋の煮っころがしでもつつきましょう。

歳の瀬で空気も乾燥してまいりました、どうぞ皆様、火のご用心を。

posted by かまなりや at 17:24| 哲・考・生