2013年01月12日

 はつまき


 先日10日に、今年初の 『薪割り会』 を開催しました。
 倅とその友人と私に駒形から曽田さんも参戦、私が切って
 三人が割るという構え。大の男三人がバシバシと斧を振っ
 て割り、とても捗りました。午前中には粗方になりました。

そんな中にタイミング良く(悪く?) ガスの検針の方が来て、驚いているようで
した。そりゃぁ燃料屋があの光景を見れば少々危機感を感じるのではと思います。
我々は瓦斯屋何ぞは眼中になく、ご苦労様デースなどと言いながらも、一心不乱
に薪を作りました。できた薪は曽田さんと山分けにし、曽田さんは軽トラックに
軽く一杯の薪を積んで颯爽と東京へ戻っていかれました。あれはきっと、すれ違
う車や並んで走る車が羨望の眼差しを贈ったことでしょう。

この薪はたぶん来年用になると思いますが、薪が増えて、安心安心です。

posted by かまなりや at 16:03| 時候・紀行・鑑賞