2013年01月18日

 ほいくえん


 毎年この時季に、磯子区の屏風ヶ浦保育園の年長組の
 皆さんと一日陶芸教室を行います。永のお付き合いで、
 保育士さんとの連携もスムーズで、とても楽しい教室を
 開かせていただいております。今年も力作ができました。

焼き物になるからねと、一通り手捻りの食器作りの実演をし、でも、何を作って
もいいんですよと自由に作ってもらいます。やはり目の前で作ったものに刺激を
受けるのかお皿や器形になるのですが、小さなお子さんでもたいそう個性が発露
します。今年の年長さんはとても手つきが良くて、ちょっと驚きました。

長年ご一緒して思うのは、作品のデキもさることながら、作るその過程で困った
り、考えたり、閃いたりする時間、瞬間が大切なのだと思います。技術は大きく
なってからでも身につきます。この歳でしかできない柔軟な発想や、この年齢だ
から感じ得る土の感触を今現在の感性でじっくりと味わっていただきたいです。

そして、毎年ロクロ挽きの実演をして見てもらいますが、皆さんのリクエストに
お答えして何でも作ります。今日のお題は 『東京スカイツリー』 細長いのは難し
かったですが、どうにか挽いてみました。途中倒れそうになりつつも、園児さん達
のがんばれコールに励まされて完成しました。今年もとても楽しく、私もまたまた
学ばせていただきました。 ゆり組の皆さん、ありがとうございました。

瀬戸のロクロ職人もビツクリ、水挽きスカイツリー!
posted by かまなりや at 16:56| 焼きもの