2013年03月30日

 め


 今朝、機嫌良くそば生地を伸していたらひょんなこと
 で生地が切れて窓が開きました。仕事としては減点で、
 やれやれと思いましたが、目のように見えて面白かっ
 たので写真を撮りました。

妖怪の 『いったんもめん』 のようでありまた 『ぬりかべ』 のようにも見え
ます。物の怪や妖怪変化なんてものはその実在を否定していますが、人間の
弱さが生み出した幻覚や想像が日本中いや世界中に民間伝承として口伝され
ているのは興味深いところです。きっとこんなちょっとした拍子に生まれてくる
ものなのではないでしょうか。物を擬人化するのは嫌いですが、そういった目
で見ると中々どうして憎めない面構えです。 

でも、やっぱり生地に穴が開くのはいただけません。

妖怪が現れないように日々精進怠り無くおそばを打ちましょう。

posted by かまなりや at 16:57| そば・うどん・麺類