2013年06月02日

 か む


 今朝のこと、朝ご飯をお釜で炊いて機嫌よく朝餉を
 嗜んでいたら、あろうことか舌を噛んでしまいました。
 左側奥の方をしたたかに噛み、あうーっと唸って暫く
 気を失いました。いやはや痛かったです。

幸いにも噛み切る手前で顎の力が緩んだようで出血はありませんでした
が、患部を鏡で確認したら円く内出血をしておりました。今も疼いています。

時代劇などで忍者が舌を噛み切って自害するシーンなどがありますが、
とてものことにできる芸当ではありません。端っこをちょっと噛んでもこれ
ほど痛いのに一枚噛み切るなどは至難の業、忍びの衆の修行の厳しさ
はいかばかりかと下らない妄想に痛みはいや増します。

どうも原因は昨夏治療した奥歯がまたぞろ炎症を起こしぐらぐらしてきた
ことにありそうです。気の重いことではありますがまた歯医者さんへ行く
としましょうか。6月も始まり、紫陽花もきれいに咲いて今日は清清しい
晴れ間で気持ちの良い日でしたが、そんなこんなで消沈です。

やれやれ・・・

posted by かまなりや at 17:57| 時事・私事・家事