2013年06月12日

 つけてん


 先日、横浜平沼の角平さんで名物 『つけ天』 を
 食べてきました、評判どおりの美味でした。冷たい
 もりそばを天ぷらの浮いた温かい汁でいただくスタ
 イルで、嬉しいことに角平さんは天ぷらが選べます。

海老天一本の基本スタイルから、二本の 『種ごみ』 や掻き揚げ、野菜
天、果ては揚げ玉とお好みのバリエーションで楽しめる上に蕎麦の盛り
も調整してくれます。乙なしもた屋の店内は椅子席と小上がりの座敷が
整然として居心地良く、ベテランの花番さんたちがきりきりと働いて注文を
とり厨房へ通していく活気あるさまは、あーお蕎麦屋に来てよかったなぁと
ホッとさせてくれます。私は掻き揚げのつけ天を注文しました。

ソバは手捏ね機械打ちらしく、寸法のきっちり揃った細麺がいっそ固い
なと思うくらいに良く締まった状態で丸い蒸籠で配膳され、熱いつゆに
つけていただくとしっかりと腹に納まります。揚げ置きらしい天ぷらは
余分な油が切れ、つゆの中でゆっくりとほどけます。おソバを平らげる
頃にはつゆと天ぷらは絶妙に馴染んで、たっぷりの蕎麦湯で割りなが
らスープとして満喫できました。

手打ちが持て囃され、揚げたての天ぷらが至高と崇められた、盛りの
少い高級ソバもそれはそれで価値ある品だとは思いますが、街の片隅
に庶民の為に暖簾を翻すこういうお蕎麦屋さんこそが好ましく感じるの
は、私がズブズブの平民庶民だからに他なりますまい。

角平さんのつけ天そば、横浜にいらしたらぜひお試し下さい。

posted by かまなりや at 17:17| お蕎麦屋・麺物屋