2013年08月21日

 わかてん


 秋に鎌倉で開く個展の案内状原案を作りました。
 当初 『博覧会』 などと銘打っていましたが、如何
 にも大仰で小さな自分を大きく見せようという意図
 も見え隠れするので、シンプルに工芸展としました。

然しながら只の工芸展では捻りがないかと思案し分身的工芸展という
造語を捻り出しました。陶器も書も麺も梅干しも私の手から生まれ出
た分身として展示するというコンセプトです。少ーし民芸(民衆的工芸)
をパロディーにしている部分もあります。でも、分芸なんて美術運動を
展開する気は無く 『ワシの作ったもんはワシの分身ぢゃ』 くらいの
軽い気持ちです。しかるに、頭とお尻の一文字をとって 『若展』 と、
相成る次第です。若の字が私の顔のようになっているのも、そんな
分身的発想です。

さてこのアイデア、もう少し熟成させてから案内状や専用サイトを拵え
ます。8月中には固めて、ひと月前の9月初旬には公開する予定です。

若林和正分身的工芸展 『わかてん』 は10月6日より13日まで、
鎌倉長谷の 古民家スタジオ・イシワタリさん にて。

posted by かまなりや at 17:00| わかてん