2013年08月28日

 大 物


 6月に拵えたうすら大きい作品の窯詰めをしま
 した。成形時60cmの高さがあった作品ですが
 乾いて縮み、どうにかサヤ組みができました。
 もう少し大きいとあぶなかったです。

窯があまり大きくないので、入る作品の大きさも限定されてしまうの
ですがそれでも、この焼き方でなければ高さ上限70cmまでは入りま
す。貝殻焼き締めはサヤが必須ですからそれを被せる上側のゆとり
が必要で、考えもせずに大きな作品を拵えてしまって阿呆なことをし
たものだと反省しつつ、どうにか詰めることができて良かったです。

今回は上に向かって広がっている形の作品でしたので作品の内側に
も工夫をしてみました。詳しくは書けませんが、成功すればこれまでの
この焼き方の弱点であった上部の釉化が弱いという点を補うことがで
きるはずです。ポイントとなる貝殻は 『サザエ』 あの形状がミソです。

きっと結果は予想を裏切り、塩辛い後味が残るのでしょうがそこから
見えるものが実は本当の糧であって、半歩進むことができるくらいの
速度がこの世界の定石です。あとは明日焼くばかり、麦茶をたくさん
作って脱水しないように気をつけて焚きましょう。

こちら積み上げ終えた画像

関連記事 2013年 6月4日 『いまどき』

posted by かまなりや at 17:30| 焼きもの