2013年10月31日

 コエンドロ


 昨年まで苦手だったパクチーが食べられるように
 なり、食べつけると癖になり、今では好物と呼べ
 るまでに好きになりました。今日の昼にも 『フォー
 ガー』 にしこたま入れて食べました。

日本にはポルトガル経由所謂南蛮渡来で入ってきたらしく、古くは
ポル語に因み 『こえんどろ』 と言われたそうですが、馴染みの
無い発音でカメムシソウとも呼ばれたようです。英語コリアンダー、
タイ語パクチー、ベトナム語ザウムイ、チャイナ語シャンツァイ、
インド語ダニヤーなどなど、呼称は各国で変わりながらもハーブと
して愛されている植物であるようです。

日本の植物ではセリが一番似ているでしょうか。なんにもせ、この
香草は気分を落ち着かせる効果があるように思います。疲れている
せいかもしれませんが、美味いのですからせっせと食べましょう。

posted by かまなりや at 17:20| 水・酒・食材

2013年10月30日

 朝 餉


 ここ数年、私の朝ごはんは、白飯・納豆・味噌汁
 の一汁一菜でしたが、昨年から随分痩せてしまっ
 たので最近これに卵を加えました。卵黄はご飯に、
 卵白は味噌汁に加えていただきます。

子供の時分、卵を食べ過ぎるとぶつぶつが出るよなどといわれたもの
です。ごく最近まで信じていましたし、卵は一日一個までなどとも云わ
れ、食べ過ぎるとコレステロール値が上がると何ら根拠も薄そうなこと
を迷信的に信じていました。

最近では卵は一日3〜4個ほどとっても健康に良いくらいで弊害は少ない
といわれています。これは科学的に根拠のあることで、最近の栄養学で
は常識になりつつあるようです。鶏には不憫ですが、せっせと卵を食べ
て夏の猛暑と個展で繁忙を極めた仕事の疲れを癒すことにしましょう。

僭越ながら、若林和正明後日から飛び石八連休をいただきます。連休
明けには家人に負けぬほど肥えて、逞しい姿で皆さんにお会いできる
ようがんばります。

さらば、貧弱!

日卵協 タマゴと健康

posted by かまなりや at 17:03| 時事・私事・家事

2013年10月29日

 だ ん


 関東横浜は冷たい雨になりました。気温も
 上がらず、薄ら寒いので小さめのストーブを
 引っ張り出して焚いています。このストーブ、
 お爺さんが使っていたもので随分古いです。

DANRICH I 開放式石油ストーブ YS-15S という型式。製造元は、
湯浅商事株式会社(現ユアサ商事)というメーカー、創業寛文6年という
老舗です。最早骨董品のストーブですが、さすがに昭和の品物は壊れま
せん。少々熱量が少ないものの、今の時季にはこれでちょうど良い按配。

今日はこのストーブでお湯を沸かし、お燗と洒落ましょう。
酒は山梨の銘酒 『谷桜』 肴は 『冬瓜と塩豚の炊き物』 です。 

だんだんと、冬支度ですな。


posted by かまなりや at 17:08| 時候・紀行・鑑賞

2013年10月28日

 縁 日


 今年もやります、一七縁日(いちななえんにち)
 今年で三回目となる非電化縁日は今まで夏の
 開催でしたが、暑すぎて出店スタッフの負担が
 多く、今年は秋の開催となりました。

恒例の音楽イベント、初回はインドネシアの打楽器を、二回目は私
若林和正の独演会、今年は私のギターの師匠相川直己さんに出演
をお願いしております。私もウクレレでサポート、皆で歌える楽しい
会にしようと企画中。

詳しくは近日サイトを拵えます。 一七縁日は11月17日(日曜日)

お楽しみに。

posted by かまなりや at 18:30| 芋乃市場

2013年10月26日

 げんきです。


 個展が終ったらゆっくりと静養するべいなど
 と思っていたら、そういう時間を前もって作っ
 ておくことをしておらず、作品展のせいで月の
 後半に押し込まれた仕事で繁忙を極めました。

鎌倉の搬出を終え、やれやれと一日休もうと思っていたら台風などが
やってきて工房の雨漏り養生に休みは消え去り、台風をやり過ごした
後は陶芸教室がひしめき、間隙を撞いて素焼き・本焼きの窯が追討ち、
ホッとする間もなく今月の芋乃市場の蕎麦を打ち、気が付けばもう10月
は休暇の挟まる余地の無い状況のまま、あと五日ほどとなりました。

おとつい、昨日はそんなこんなで日報も侭ならず、休載などと洒落て
誤魔化しましたが過労などと言うのは真っ赤な嘘で、疲れてはいるも
のの、若さん至って 『元気です。』 先日の献血の検査数値も、相も
変わらず頗る良好!痛いところも痒いところも無く食欲は旺盛、睡眠
も充分、ただ一点精神だけが情けない弱音を吐いております。

11月の第二週にはまとまった休みをとれるよう日程を組んであります。
少しゆっくりぼんやりして気を養い、あとふた月頑張りましょう。

< 画像は、だいぶ色付いてきた津久井在来大豆の畠 >

posted by かまなりや at 16:33| 時事・私事・家事

2013年10月25日

 休載のお知らせ


若林和正先生過労のため、本日も陶房日報はお休みいたします。
明日には元気になって、楽しい記事を再開する予定です。良い子
の読者の皆様、楽しみに待っていてください。

陶房日報編集部

posted by かまなりや at 18:38| お知らせ・ご挨拶

2013年10月23日

 ポーチ


 個展の忙しさで暫く行っていなかった献血に
 先日行ってきました。久しぶりのまったりと
 した成分献血は時間が止まったようで、ぼー
 んやりとしながら一時間安らいできました。

画像は記念に頂いたけんけつちゃんとキティちゃんのコラボ商品、
『A4ポーチ』 です。いっこう使い道は思い浮かばないものの、献血
数寄キティファンとしては持っていたい一品です。

今年はこれで8回目、年内にあと2・3回は行きたいなぁ。

posted by かまなりや at 18:11| 養生話・献血・湯屋

2013年10月22日

 て


 ひと月ぶりに屏風ヶ浦保育園さんの陶芸
 教室に行ってきました。たった40日ほどで
 またまたお子さん方は成長しており、みん
 な逞しく見えました。頼もしい限りです。

今日は少し作り方の実演をして見てもらい、作品として完成させること
を目指しました。でも、作るものは自由、楽しみながら作品を作ること
は忘れません。お子さんの小さな手がくるくると動いているさまは美し
く、この小さな手は素晴らしい柔軟性と大いなる可能性を秘めている
のかと思うと、その手を眺めているだけで何だか安心しました。

そんな子供さんたちからセンセイなどと呼んでもらっている私と言えば、
今朝ラジオ体操をしていて背中を痛め、運動不足を痛感する体たらく。
健康のための体操で痛めていれば世話ぁありません。せめてお子さん
達の元気に触れて、気力だけでも若く保つとしましょう。

今日はみんなと一緒にお昼も頂いて、楽しい教室でした。

posted by かまなりや at 16:48| 焼きもの

2013年10月21日

 さんま


 岩手釜石から秋刀魚が届き、昨夜友人縁故
 をお誘いし、かまなりやサンマ祭を催しました。
 脂の乗った良い魚で、炭火でていねいに焼い
 て
美味しくいただきました。

釜石からの直送ですが水揚げは北海道、まだ三陸には下りてきてい
ないのでしょうか?なんにもせ、旨かったことには間違いありません。

お命、ありがたくいただきました。

posted by かまなりや at 19:10| 水・酒・食材

2013年10月20日

 画 像


 古民家スタジオ・イシワタリの福井さんから、
 『わかてん』 の画像をどっさり頂戴しました。
 プロのカメラマンが撮った画像だけに綺麗な
 ことは勿論、切りとり方が抜群です。

その数、何と369枚! 近日、厳選してアップいたします。

只今気の効いたアルバムサイト探索中。

こうごきたい。

posted by かまなりや at 15:02| わかてん

2013年10月19日

 じざけ


 先週とは打って変わって空気はひんやりこ、
 こういう宵はお燗に限ります。幸い、わかてん
 のご祝儀にジョニーさんから頂いた広島三次
 の地酒
がお燗に打って付け、実に甘露です。

最近はどこのお酒もネット通販で手軽に買えて、それはそれでたいへん
喜ばしいことなのですが、そうなると地元でなければいただけない所謂
 『地酒』 の有難味は、いささか薄まってしまいます。

そんな中、地元の人が愛する地元のお酒を頂くと嬉しさもひとしお。
大事に、ちびちびと利かせていただきます。

今日の肴は 『さきいか』 うめ〜。

posted by かまなりや at 17:51| 水・酒・食材

2013年10月18日

 電話帳


 鎌倉に通っている間にNTTのタウンページ
 が届けられていました。我が家の回線はもう
 先に他社へ切替えていますし、いまどきこん
 なウスラデカイ冊子などタダでも要りません。

下請け業者がポスティングよろしく配っていったのでしょうが、
何とも気の効かないサービスで、はっきり言って迷惑です。
それもご丁寧に自宅、工房、お店と門々に一冊ずつ・・・

全部で3冊・・・   ゴミだがね。

posted by かまなりや at 16:33| 時事・私事・家事

2013年10月17日

 十三夜


 旧暦9月13日のお月様が東の空に顔を出し
 ました。横浜は雲が多めで月も薄っすらとしか
 拝めません。満月少し前で完全に丸くない月が
 早めに顔を出す風情は実に侘びた趣です。

『月も雲間の無きは嫌にて候』 侘び茶の創始者村田珠光の言葉で
あると伝承されています。すっきりと晴れた雲ひとつ無い空の月も良い
ですが、雲間に見え隠れする月もまたよいものです。

日本人の美意識の奥深さは、こういった柔軟性にあるのでしょう。

大事にしたい感性です。

posted by かまなりや at 17:29| 哲・考・生

2013年10月16日

 カキナラズ


 今年は裏庭の柿の木が生りません。
 昨年採りきれないほどたわわに実がついたのが
 嘘のように今年は不生りです。こういうのを裏年
 というのでしょうねぇ。

ま、なーんの手入れもしないほっぽらかしですから、毎年豊作なんて
虫が良すぎますよねぇ。葉の鑑賞でもして楽しみましょう。

台風26号が吹き荒れましたが、幸い我が家近辺は大きな被害もありま
せんでした。これで急に季節は進むことでしょう、真秋に入りますな。

関連記事 2012年10月16日 カキノキ

posted by かまなりや at 16:32| 時候・紀行・鑑賞

2013年10月15日

 い と


 わかてん期間中、アトリエゑんの岩本さんと
 即興コラボレイトをしました。帆布の生地に
 私が字を書き、それをバッグにするという
 岩本さんの発案に、いいですねぇと即決。

布の吸い込みと墨の濃さを確認後えいっとばかりに字を書いて、
墨が乾いた後岩本さんが縫製。字を書いた次の日にはもうバッグ
になっていました。字は象形で糸と書いてあります。縫製後は
読めるような読めないような雰囲気ですが、それがまたうまい
具合に裁断されているので乙です。岩本さんの敏腕パタンナー
の技が冴えて、画数の少ない象形もぐっと引き立ちました。

これが上手く行ったのでもう2枚ほど書かせていただきました。
裁断する前はこんな感じです。 <画像>  陶器は作ってから
焼いて商品になるまでにどうしても時間がかかります。その間、
作品への想いを持続するのに少々スタミナが必要で、そんな長い
スパンの仕事に慣れている私にはこの速さがとても新鮮で痛快
でした。

書は飾るだけでなく、こういった 『物』 になっていくことが
できるのだなぁと可能性を発見して、嬉しい限りです。

岩本さん、楽しいコラボありがとうございました。

posted by かまなりや at 17:34| 書・画

2013年10月13日

 せんしゅうばんざい


 若林和正個展は無事に千秋楽を終え、幕
 と相成りました。多くの方にご来場いただき、
 嬉しい邂逅もあり、充実した八日間でした。
 まさに 『千穐万歳大大叶』 の楽日でした。

予想に反して気温の高い、暑い一週間でしたが、古民家のお座敷
を吹きぬける風は涼しく、ご来場の皆々様とゆっくりお話しすること
ができました。お忙しい中、ご来場くださいました皆様には、誠に
ありがとうございました。

素敵な場所を提供してくださり、細やかに告知して下さった 『古民家
スタジオ・イシワタリ
』 のオーナーご夫妻。玄関先でにこやかにご案
内、ご協力下さった 『ゑん』 の岩本さん。我事のように毎日気を配っ
てくださった 『てんぷら大石』 の旦那さん、女将さん。パーティーの
お料理をきれいに作ってくださり、自ら皿を持って歩いて運んで下さっ
た 『La cocina de Gen』 のシェフ、ゲンさん。ほんとうにほんとうに
ありがとうございました。

五十歳という節目に充実した個展を無事に終えることができ、心は鋭気
満タンです。この心の糧を宝として、さらによいものが作り出せるように
今後も考え、作り、淀まず流れていこうと思います。次回の個展が何時
になるかは自分でも考えが及びませんが、またの機会にはさらに趣向
を凝らして皆様に楽しんでいただけるようにがんばります。

ご来場、ご協力下さった全ての皆様に、心より御礼申し上げます。

サンキュー!(ベーヤン調)  投げチュー (^з^)-♡

posted by かまなりや at 00:00| わかてん

2013年10月12日

 さしいれありがたし!


 展覧会のお祝いにお酒をたくさん頂戴します。
 普段から酒好きでございと吹聴している効果は
 絶大で、お菓子よりも圧倒的に酒類の差入れが
 多く、それこそ林立いたしました。

明日最終日は展示を午後3時で終了し、おおよそに片付けて小宴を
開きます。その名も、わかてん鎌倉パーティー約して 『ワカパー!
頂戴したお酒は参加してくださる皆々様と、楽しく嬉しくいただきます。

お酒、お菓子、お手紙、手作り品などなど、多くのご進物を
下さいました皆々様には、心より御礼申し上げます。

posted by かまなりや at 17:22| わかてん

2013年10月11日

 看板書


 古民家イシワタリのオーナー福井カメラマンの
 常設スタジオ 『福井写真室』 の看板を書かせ
 ていただきました。明るい二階座敷の畳の上で、
 良い気分で軽やかに筆が進みました。

合わせて、常設服飾工房 『ゑん』さんの帆布生地にも書かせていただ
き、その一部始終を福井カメラマンが撮影してくださいました。そして最後
に、福井さんの奥様で、古民家スタジオ・イシワタリの女将マユミさんと
看板を持ってツーショット。またもや白いTシャツ一枚で写ってしまいま
したが、今回は下し立ての物でしたので少し締まったかと思いきや、笑っ
てはいるものの緊張して表情は強張ったようです。

木や布に書くのは楽しいです。紙も元を糾せば植物繊維の集合体、布に
しても原料は植物繊維であるわけですから、製法や感触が違っても広義
で解釈すればみんな仲間です。違いはあっても墨液はそれらを嫌うこと
なく、良ーく馴染みます。

年季の入った古民家の風合いに、白木に書きたての看板は少々不釣合い
にも見えますが、この木も相応の年季が入れば柱梁に遜色ない風合いに
なることでしょう。

百年二百年、いや千年万年のご繁栄を望まずには居られません。

posted by かまなりや at 22:17| 書・画

2013年10月10日

 はしら


 個展会場の古民家は築50年超の木造家屋
 です。しっかりした日本家屋で、柱も立派!
 大黒柱は欅、その他も桧かヒバだと思われ、
 年季が入ってとてもよい艶になっています。

そしてやはり、何事か粗相があってはいけませんから今回も貼らせ
ていただきました。 『テッポウ厳禁』 力士の方にはお馴染みですが
一般の方にも、これは遵守していただきたい所。

ご来場の皆様には何卒よろしくお願いいたします。

これがテッポウ稽古だ。

posted by かまなりや at 17:23| わかてん

2013年10月09日

 四日目


 展示会4日目、今日と明日は、お昼におそばを
 商います。今日はおかげさまで多くの方がお召し
 上がりくださり、とても好評でした。蒸し暑いので
 難儀なことですが、明日もはりきって打ちます。

わかてん 『手打ちもりそば』 は、11:00より販売開始 一枚700円です。

限定30食、売り切れ仕舞いにて御免蒙ります。

posted by かまなりや at 17:17| わかてん

2013年10月07日

 お花頂戴感謝!


 多方面からお祝いのお花が届きます。用意
 した花器が底を尽き、会場の展示品に中子
 (なかご)を入れて飾っています。おかげさま
 で会場は文字通りハナヤカ!香りもGOOD。

都筑陶芸OB会様、鎌倉てんぷら大石様、市橋様、長田様、杉本様、
武富様、福山様、赤塚様、宇田川様、菅野様、きれいなお花、誠に
ありがとうございます。

頓首。

posted by かまなりや at 16:55| わかてん

2013年10月06日

 初 日


 本日より、始まりました。 『わかてん』
 お天気も回復し、いっそ暑いくらいの陽気。
 多くの方がいらしてくださり、満員御礼の
 盛況でした。只今、会場から更新中。

まだ、営業中ですがお客様も一段落したようですのでカタカタ打って
います。お越し下さいました皆々様、誠にありがとうございました。

『わかてん』 若林和正分身的工芸展は10月13日(日曜日)まで。

O・P
posted by かまなりや at 16:25| わかてん

2013年10月05日

 無事搬入


 準備万端、搬入が済みました。
 私の作品は和陶ですから、お座敷にとてもよく
 なじみます。古民家の雰囲気にとけこんだ作品
 を多くの方に見ていただきたいと存じます。

明日から八日間、皆々様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

posted by かまなりや at 19:21| わかてん

2013年10月04日

 唄の文句


 本日、無事に仕舞い窯の窯出しを終え、全ての
 作品が揃いました。明日、はりきって搬入です。
 お天気が芳しくないですが、明後日からの展示
 が良いものになるように雨でも頑張りましょう。

画像の書は最近良く歌っている吉田拓郎さんの 『せんこう花火』 という
歌の一節です。真偽のほどは定かでないですが、作詞は吉屋信子さん
だとか。短いですがとても良い詩で、その詩にまた吉田さんのたくろう節
がばっちりと嵌って叙情的な曲に仕上がっています。往年の名曲ですが、
今頃の鎌倉にはピッタリの歌です。

薄墨で風の字を吹き抜けるように書き、歌詞は全てかなで書きました。
ちょっと間を省きましたが、秋らしい風が表現できたと思います。

吉屋信子記念館は個展会場のすぐ裏手です。

posted by かまなりや at 17:58| 書・画

2013年10月03日

 おりべどらばち


 5月に作った織部の銅鑼鉢があまり気に入らず、
 工房の隅におっぽってありました。売らずに使う
 べえとしっぱり出してみたら、家人がこれはこれ
 でイイと言うので 『わかてん』 で並べます。

何が気に入らないかというとまず絵付けが薄い、外側の緑釉と長石
釉の重なったところが窯変してカセている、とまあ全体的なバランス
が作者としてのストライクゾーンから外れているのです。でもまあ、
織部ですから少々のアンバランスは使う方の器量でカバーしていた
だきましょう。

千利休は露地の意匠を 『渡り六分、景四分』 として設計したといい
ます。弟子の古田織部は 『渡り四分、景六分』 としたそうです。
渡りとは茶室露地の飛び石の渡り勝手いわゆる実用面で、景とは言う
までもなく景色、見た目のことです。これを器に当てはめれば、利休
好みは黒の楽茶碗、織部好みは緑釉沓形茶碗というのもすっきりと
腑に落ちます。

さてでは私の織部は・・・何だかどっちつかずで弱っちい感じです
ねぇ。渡り五分五厘、景四分五厘ってとこでしょうか。しかし、こう
いった少々物足りない器は料理を良く受け止めてくれます。盛り
付ける人のウデできっと良くも悪くもなるでしょう。

五分五厘織部、よい方に縁付いて欲しいものです。

関連記事
5月18日 おりべ
5月1日 銅鑼鉢

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2013年10月02日

 あみあみ


 個展前、締めの窯を焚きながら土瓶のツル
 を編み編みしました。得意分野の仕事です
 が、数が多いので半日かかっちゃいました。
 無事に終りましたが、あー指先が痛い。

さて、何事もなければあと数時間で窯も終るでしょう。無事に焼け
ればあとは搬入するのみです。台風23号の動きが気になりますが、
こればかりは気象予報士でも予測が難しいようですから運にまか
せるしかありますまい。

鎌倉には、やって来ませんように。

posted by かまなりや at 18:40| 焼きもの

2013年10月01日

 完 治


 迂闊にもキーボードに水をこぼしたノートパソ
 コンは干しても干しても直らず、症状から推して
 部品交換で直るであろうと判断し、キーボードの
 ユニットを交換しました。

案の定、部品を交換したらすっかり復旧し、快調にこの記事を打って
います。古い機種ながら丈夫さでは折り紙付きの 『ThinkPad』 です
から、これでまだまだ活躍してくれることでしょう。

真新しいキーボードになって、感触もよくサクサクと文章が捗ります。
何より、中古品でかすれた部分があったキーがすっかりきれいなのが
良い気分ですし、擦り減っていたFとJのボッチがハッキリとしていて
心地よいです。もちろん部品代は下手人女将持ち、本人もいたく反省
した模様で、もう同じ失敗はしないでしょう。

やっぱり、パソコン回りでは 『飲食厳禁』 ですな。

関連記事 9月27日 てんぴぼし

posted by かまなりや at 17:15| パソコン・デジカメ