2013年11月30日

 平成25年産


 先日試食して気に入った栃木県産地小麦粉
 『イワイノダイチ』 2013年産を取り寄せました。
 どーんと25s袋です!流石にこれだけの大
 袋になると、デザインも堂々としています。

ほんとうは10sくらいで頼もうと発注先の笠原産業さんへ問い合わ
せをしたら、1sの小袋の上は25sですと、そこは製粉元だけあっ
て他のロットはありませんと膠も無く断られました。そう云われて、
ああさいですかとしっこんだんじゃぁ後生が悪いですから、じゃぁ
その大袋で送っつくんねぇと意地を張って注文したものの、これは
中々に使い出があります。

うどんは元より、ピザ生地、花巻などの蒸しパンに応用して使うこ
とにしましょう。直近では、若林りえ子の食卓えん期間中にこの粉
でうどんを打ちます。どうぞ皆様、栃木の地粉うどんを召し上がりに
いらしてください。

『若林りえ子の食卓えん』 は、12月18〜22日(20休)の4日間です。

関連記事 2013年11月8日 いわいのだいち

posted by かまなりや at 17:21| そば・うどん・麺類

2013年11月29日

 ききゆ


 先週のこと、持病の腰痛を起こしました。
 症状は軽いものの、養生しているにもかかわ
 らず中々良くなりません。寒いせいだと思い
 ますが、年のせいもあり、長引いています。

こういったときはジタバタせずにじっくりと付き合うのが定石です。
一番の良法はやはり温めること、場所が場所だけにお風呂がとても
良いようです。温泉なら更によいのでしょうが、出不精である上に内
湯好きときては昨年できた近所の温泉にも足は遠のくばかり。

そこで、『きき湯』 なる入浴剤を買ってみました。こういうものは滅多
に使わないのですが、最近は色々な物が出ているし、一回分だけの
お手軽パッケージが求めやすく、腰痛と効能を謳っているのにほだ
されて衝動買いしました。さてさて、どのようなものでしょうか?
風呂が沸いたら、早速使ってみましょう。

感想は後ほど。

posted by かまなりや at 17:32| 養生話・献血・湯屋

2013年11月28日

 暮るる


 初冬の夕暮れは、いざ陽が傾くとあれよあれよ
 と暗くなります。この一瞬の時間の移ろいを
 感じるのが好きです。日の出の待ち時間より
 も地球の自転を実感します。

人も自動車も気忙しく家路を急ぎ、鳥も急いでねぐらに戻る仕度です。
そんなみんなが動く時間を立ち止まって見ていると自分が地球の上に
立って一緒に自転しているのを感じながら、動いている人たちには置い
ていかれる様な不思議な気持ちになります。

写真など撮ってまたぞろ自分が動き出すと自転感覚は消え、動く人と
同じ時間軸に乗っている気がします。動いている車を眺めている気分
と、自動車の中から動く町を眺めている気分の違いとでも言いましょ
うか・・・ そうやって停まったり、動いたりしているうちに、地球はどん
どん回っていって、また歳をとっていくのでしょう。

50歳と11ヶ月の冬の暮れにそんなことを思っています。

posted by かまなりや at 17:11| 哲・考・生

2013年11月26日

 黄 葉


 裏庭のイチョウの木がきれいにコウヨウしまし
 た。いよいよ木も光合成の活動を終え、葉を
 落とす段取りのようです。紅葉も黄葉も仕組み
 はほぼ一緒で、色素が違うのだそうです。

しみじみ、冬ですなぁ・・・ 11月もあと4日ですもんねぇ。

posted by かまなりや at 16:45| 自然・花・虫・鳥

2013年11月25日

 たいねつ


 芋乃市場女将りえ子が作り始めました。昨夜
 おもむろに耐熱粘土の赤と白を10sずつ
 練るようにご下命があり、今朝誰よりも早く
 起きて工房を掃き清め土を練りました。

焼き物屋の弟子になった気分でしたが、お館様の厳命とあっては
逆らうべくも無く、喜んでご準備させていただきました。

『若林りえ子の食卓えん』は、12月18〜22(20休)の4日間です。

posted by かまなりや at 17:27| 焼きもの

2013年11月24日

 でんちゅう


 電信柱がわりあい好きです。
 景観を損なうなどと、一部の街では埋設し消え
 つつある電信柱ですが、何となくロジカルな配
 線と程良い 『たわみ』 加減にグッと来ます。

そしてやっぱり気になっちゃいます、碍子(がいし) 写真の電柱の
トップにきれいに並んだ忠実碍子はクランプ形。そして斜めに張っ
た支線ワイヤーの中ほどには玉碍子が良い仕事をしています。
つる植物を防ぐアイビーガードも効いていますねぇ。

昭和世代は電柱に三丁目の夕日的愛着を持っているのでしょうか?

初冬の夕暮れは、電柱1本を見ても胸がキュンとしちゃいます。

posted by かまなりや at 16:08| 哲・考・生

2013年11月23日

 たねもの


 昼に 『天ぷらそば』 をいただきました。
 もちろんそばは自家製手打ち、天ぷらは出来
 合いのものでしたが、コウさぶくなってくると
 温かい種物がことのほか美味しいです。

11月も下旬に入りました、もういつ霜が降りてもおかしくないで
しょう。迂闊にも鼻風邪をひき、ここ二三日難儀しました。症状は
軽くほぼ平癒しましたが、体調など崩せば予定は狂い、詰まらぬ
ものです。

どうぞ皆様、風邪などひかれぬようご自愛願います。

posted by かまなりや at 17:05| そば・うどん・麺類

2013年11月22日

 津久井在来


 春に蒔いた大豆の収穫をしました。
 随分倒伏して心配でしたが、まあまあ莢が
 付いています。もう少し乾かしたら豆を選り
 分けて保存しましょう。

さて、何升採れるかな。

posted by かまなりや at 16:21| 修理・営繕・庭仕事

2013年11月21日

 ましこ


 月初めの栃木出張の際に益子で買ってきた
 新そば粉 『常陸秋ソバ』 を打ってみました。
 とても良い粉です!香りはナッツのようで、
 水を回すとしっとり粘ります。

茹でるとほんのり緑がかりつつも透き通るように白く、プリプリと麺に
弾力があり角がきりりと立って、口に含むと甘みがしっかりしています。
さすが金砂郷在来の後継品種!

いつもブレンドの粉を使用しているせいか、単一品種の粉の清らかさに
我ながら驚きました。1sだけしか買ってこなかったのが悔やまれます。

今年の年越しそばは、この粉に決めましょう。余力があれば、ご注文で
承ります、詳細は暮れが近くなりましたら揚げましょう。

益子産常陸秋ソバ』 優品です。

関連記事 2013年11月5日 三田焼き

posted by かまなりや at 17:20| そば・うどん・麺類

2013年11月20日

 新井町高圧線


 夕暮れの陽を浴びて、高圧線の鉄塔がすっ
 くと立っているのが何だか格好良く見えまし
 た。いかにも堂々として立派です、焼物屋と
 してはそんな鉄塔の碍子が気になります。

規則正しくV字に並んだ 『二連懸垂碍子』 が、きれいで惚れ惚れ
しました。

この碍子はどこのメーカーで作られたものでしょうねぇ? 

崎陽軒のひょうちゃんと同じ、ヤマキ電器だとうれしいなぁ。

posted by かまなりや at 16:45| 焼きもの

2013年11月19日

 かれすすき


 枯れたススキの穂が冬晴れの日差しに輝いて
 綺麗です。別名 『枯れ尾花』 何だか心寂しい
 印象の単語で、昭和世代には、さくらと一郎の
 『昭和枯れすゝき』 の歌詞が思い浮かびます。

しかし、この銀色に輝く穂の中には種子がびっしりとあって、風に
乗って子孫は飛んでゆき、新天地でまたススキは繁茂するのです。
枯れススキは世間に負けた二人の象徴というよりは、イネ科植物と
しての次世代への希望の星です。

秋は動植物の繁殖の結果がたわわに実り、冬は来年への充電期間。

四季に移ろう自然から学ぶべきは生物のしたたかな強さでしょう。

posted by かまなりや at 17:35| 哲・考・生

2013年11月18日

 かっぽざけ


 今年の一七縁日も無事に終了いたしました。
 ご参加くださった皆様、お手伝いくださった
 皆々様、誠にありがとうございました。お天気
 にも恵まれ、楽しい一日が過ごせました。

電力を極力使わずに楽しむ省電化催事の楽しみは、何と言っても
薪炭料理。石窯ピザは、回数を重ねるごとに生地作りも焼き方も
上手になって最早定番となりましたし、鮎の塩焼きにいたっては
思わず唸るしかない美味さ。自画自賛は僭越ではありますが、各
お料理担当スタッフの皆々様の頑張りに心から感謝しつつ、終了
後の宴会で美味しいお酒に酔いました。

鮎の塩焼きで残った炭火で 『カッポ酒』 をしました。鮎担当の
魚師アンドーさんが青竹で徳利を拵えてきてくださり、炭火でじっ
くり炙った竹燗酒はそれはもう甘露という他無いまろやかさ。やは
り目の前に火のある暮らしは最高です、囲炉裏が欲しくなりました。

さて、来月は芋乃市場女将、若林りえ子が個展を開きます。久し
ぶりの陶器製作に意欲を漲らせている模様、かまなりやサイトトッ
プに情報を揚げました。詳細は順に揚げていく予定です、及ばず
ながら私も土練りから焼成までこき使われる、いや、全面サポート
する所存です。

『若林りえ子の食卓えん』 は、12月18〜22(20休)の4日間です。

posted by かまなりや at 11:04| 芋乃市場

2013年11月16日

 一七縁日


 明日、今年で3回目となる一七縁日を開催し
 ます。お天気も何とか持ちそうですし、気温
 も低くはなさそうです。あとは強い風が吹か
 ないようにお天道様に祈るばかり。

当初、食べ物メニューの中で手打ちそばをと考えていましたが、冷
たいおソバは寒そうなので献立を変更し、うどんをお出しすることに
しました。畑の里芋を掘って、温かいとん汁のおうどんにします。

おそばを楽しみにいらっしゃる方には申し訳ありませんが、うどんも
手打ちで美味しいですから、この機会にぜひご賞味いただきたいもの
です。掘り立てサトイモ入りの特製豚汁うどんは、自家製味噌仕立て。

滋養満点、お腹の底からあたたまりますぞ〜。

posted by かまなりや at 18:06| 芋乃市場

2013年11月15日

 しょけん


 愛車のスバルサンバーを車検に出したら、オイル
 漏れなどの不具合があって高額な修理が必要と
 の所見が出ました。9万8千qも走っているオン
 ボロ中古車ですから、廃車を覚悟しました。

が、いや待てよ、医療の所見でも医者によって随分違うのだからここは
一つセカンドオピニオンという奴で、他の整備士の所見も聴いてみるべい
と別の車屋へ持って行って見ました。すると、オイルは確かに滲んでい
るけれど、高圧洗浄をかけて具合が良ければ車検は通るでしょうとの事。
これ幸いとこちらで車検を通しました。各所に不安は残るものの、とり
あえずこれでまたこの愛着のある車で走れます。

何だかのキャンペーンとかで、ティッシュを15箱も貰いました。更に得を
した気分ですが、模様が少々気障りです。あの浦安界隈の夢の国の鼠
が印刷されています。もっとシンプルなのが良かったなぁ・・・まあ、好意
で下さったものにケチをつけては後生が悪いですから、カバーでもして
使いましょう。

中身にまで模様が付いていませんように。

posted by かまなりや at 13:59| 自動車・乗り物

2013年11月13日

 ふきん


 次の日曜日に開催する 『一七縁日』 の参加記念
 品です。今年は布巾です。版画は昨年同様タケトミ
 画伯、書は私若林和正というコラボレートです。
 七輪と羽窯の絵柄が秋らしくて暖かいですなぁ。

陶房かまなりやの非電化縁日『一七縁日(いちななえんにち)』は、
11月17日午前11時より。

参加ご希望の方は下記までご一報願います。

陶房かまなりや 芋乃市場(いものいちば) 080-5013−5166

posted by かまなりや at 16:51| 書・画

2013年11月12日

 冬支度


 11月も中旬になり、空気も冷えてきました。
 薪のストーブに火を入れる日も近いことでしょ
 う。南方では31番目の台風が生まれそうです
 が、もう日本には近づくことは無いでしょう。

  着膨れて里芋を掘り冬に入る

posted by かまなりや at 16:46| 時候・紀行・鑑賞

2013年11月10日

 盆 栽


 陶芸教室の生徒さんが入っている小品盆栽の会
 『一砂会』 の秋の展示会にお邪魔しました。横浜
 関内の万国橋ギャラリーには、会員さんの丹精
 込めた力作がずらりと並んでおりました。

私は盆栽を作ったことはありませんし、木の形の良し悪しなど勉強不足
でわかりませんが、小品盆栽はその小ささに驚くばかり。小さいながら
も木の風格があり、松や楓が小さな鉢の中でどっしりと構えている姿は
盆栽の詳細を知らずとも見ていて気持ちが落ち着きます。

即売コーナーで草ものの鉢を一つ買ってきました。セキショウという多
年草だそうです。盆栽の展示では添え物として使われるのだそうですが、
常緑で冬場も青々としているそうなので、これからの時季に目の保養に
なりましょう。春には地味ながら花もつけるとか。

水を切らさぬように、可愛がってやりましょう。

〈 鉢口径 4.5p 草丈 3.8p 〉

posted by かまなりや at 16:25| 時候・紀行・鑑賞

2013年11月09日

 レ ジ


 先日の出張で佐野のビジネスホテルに一泊
 逗留しました。佐野藤岡I・Cから数分、彼の
 アウトレットのすぐそば、着いてびつくり!
 佐野が豪いこと都市化していました。

佐野といえば我々の世代はパッと 『厄除け大師さん』 の名が出ると
いう印象で、他は佐野ラーメンくらいしか思い浮かびません。はっきり
いって栃木の片田舎くらいにしか考えていませんでした。が、インター
チェンジを中心に町は開け 『新都市』 と銘打った街造りは、まるで
筑波学園都市の開発当時を思い起こさせる勢いを感じました。

そんな開け方に驚きつつ、チェックインを済ませ。素泊まりの男ヤモメ
は呑みに出る予算も無いので近くのイオンに夕飯のお買い物に出かけ
ました。これまただだっ広いショッピングモールに南側から入店し、北側
の食料品売り場まで延々歩き、不慣れな売り場でお惣菜などを見繕っ
て会計へ。平日とて客は少ないものの相応にレジは混雑、急ぐ身ではな
いので端っこのレジに並んでいると尻にゴツンと軽い刺激。怪訝に振り
向けば後ろのおばさんのカートがぶつかった模様、然しおばさん急いで
いるのか粗相に気付かず隣のレジとどちらが早いか見比べている模様。

『こらババア、どこ見とるんじゃ』 と怒鳴りたい気持ちを抑えていたら
さらにゴツンとぶつかるので、振り向きざまにキッと睨んでやりました。
さすがにおばさん気が付いて謝りましたが、やはりレジの進み具合が気
になる様子で、謝意に心が籠もっていません。小さなことですがこういう
無礼者に容赦すべき心の肝要は持ち合わせず、ささやかな復習を誓い、
おばさんの会計が遅くなるように自分の会計にじっくり時間を掛けてや
りました。

まず、前の人のカゴを店員が進めても空いた台に自分のカゴは置かず、
店員がこちらの会計に手を伸ばすまで知らぬ顔、やっとカゴを進めても
下らないことを質問して時間を稼ぎ、レジ袋の使用を聞かれたらしばし
考え込み、じっくりと思案の末レジ袋を要求、「有料になりますが」 など
と言われてまた考え込み、「やはりいただきましょう」 などと悠長に返答、
おばさんのイライラが伝わってくるのを尻目にクレジットカードでの支払い。
店員さんのカードの読み取りももどかしく、さらに嬉しいことに今時サイン
をする方式、ゆっくりと伝票に楷書で署名し、のんびりと控え伝票とカー
ドを丁寧に財布にもどし、店員さんに会釈などして会計を済ませました。
これでお隣のレジより二人分くらいは稼いだでしょう。

佐野のおばさん、世知辛い世の中ですが袖刷りあうも多少のご縁、小さ
なことでも粗相は粗相、ごめんなさいは心をこめて言いましょう。そうすれ
ば私は急いでいる貴方に先に会計をするよう計らったと思いますよ。

何か買い忘れたふりなどしてね。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2013年11月08日

 いわいのだいち


 打ってみました。栃木県産中力粉、所謂地粉
 『イワイノダイチ』 手ざわり良く、色はきれいな
 クリーム色、グルテンの粘弾性もしっかりして
 おり 『さぬきの夢』 に引けをとらない粉です。

若干、タンパク質特有の香りが少ないものの関東栃木県にこれほど
良い粉があるというのは嬉しい限り。 『さぬきの夢』 は私のうどんの
筆頭小麦ですが、この 『イワイノダイチ』 も贔屓に使っていこうと
思います。食感はモチモチ感が素晴らしく、のど越しもつるりとして
爽快です。やはり若干、香りがさぬきの夢に比べるとおとなしいです
が、相対評価することの意味は薄いだろうと思います。

いかんせん、今はまだ新小麦粉が出る前の端境期、もう少しで新粉
が出てきます。そうしたらもう一度打ってみて、この粉の持ち味を
生かせるように加水や塩分濃度を調整しましょう。

関東の地粉 『イワイノダイチ』 いい〜 小麦粉です。

茹でて水で締めたイワイノダイチうどん
posted by かまなりや at 17:59| そば・うどん・麺類

2013年11月07日

 かぞうどん


 昨日のこと、館林からの帰り道、埼玉県の加須
 市に立ち寄って 『加須うどん』 を食べてきまし
 た。駅からちょっと東に寄った所の有名店は、町
 の食堂といった雰囲気で中々美味しかったです。

釜揚げうどんを食べましたが、愛麺家としては少々麺が物足りなかっ
たです。好ましかったのは店内が完全禁煙だったこと!地方での外食
はこれが悩ましいのです。田舎へ行くほど、喫煙天国ですからねぇ・・・

地元に歴史のある麺文化があるのは羨ましいです。

加須のうどん文化、大切に伝承していって欲しいなと思いました。

posted by かまなりや at 17:24| そば・うどん・麺類

2013年11月06日

 やまぐちや!


 無事、北関東出張から帰ってまいりました。
 今朝は宿所近くの 『道の駅みかも』 に行っ
 て、お野菜どっさり買ってきました。蕪や大根
 ハヤトウリもあったので買い込んできました。

そして、やはり良かった 『山口晃展』 群馬県立館林美術館は多々
良沼公園の一角にある大きくてきれいな美術館でした。画業(ほぼ)
総覧と題された展示は、芸大時代から現在までを時系列に沿って展
示されており、あの 『すヾしろ日記』 の原画も見ることができました。

山口さんは自らを山愚痴屋諦堂という版元にたとえ、自分をも客観的な
キャラクターとして絵の中に介在させて、絵を観る人を案内します。そん
な洒落は随所に散りばめられ、俯瞰した絵には雲が漂い、今昔の時空を
ない交ぜにした不思議な空間を描き出します。そして、その緻密な書き
込みぶりは一枚書くのにどれだけ時間をかければ気が済むのかと、呆れ
てしまうほど。日本画の様でも有り、版画の様でも有り、漫画の様でも
ある絵は、隅から隅まで拡大鏡で眺め回したくなる風景画でもあります。

また、すヾしろ日記を引っ張り出して読みたくなりました。

子の字引留行形柱

posted by かまなりや at 16:56| 時候・紀行・鑑賞

2013年11月05日

 三田焼き


 前々から欲しかった三田青磁(さんだせいじ)
 の豆皿を手に入れました、軍配形です。実に飄々
 として、洒脱で、今風に言えばカワイイ小皿です。
 古い物ではないですが、いい〜仕事のものです。

見つけたのは益子の骨董屋さん、実は私5日6日と一泊で出張しており
ます。出張といっても休暇の一環ですから、遊びなのではありますが
色々と学びの要素は盛り込んでおります。自営業は遊んでいても、次
に繋げる糸や、発展の要素にアンテナを張っております、云わば半分
は営業でしょうか。

実はこの記事インチキ更新で、6日の朝に5日分の記事を書いています。
昨日は朝早く横浜を出て、益子で用を足し佐野へ移動、ビジネスホテル
に一泊しました。疲れていたので早々と就寝、今朝は気分良く起床し
カタカタとキーボードを叩いています。

今日6日は群馬県館林美術館で山口晃さんの展示を見て、東京青山
で福森暉子さんと柏木円さんの二人展に伺ってから横浜に戻ります。

益子の新そば粉栃木産うどん用小麦『イワイノダイチ』を仕入れま
したので、帰ったら麺に打ってみましょう。美味しければ今後の市場
で商品化していきます。

意義ある休暇、楽しんでおります。

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2013年11月04日

 ちゃんぽん


 最近、フライパンで作るチャンポンというのが
 気に入っています。日清マルちゃんのものを
 良く見かけますが、他のメーカーも出している
 のではないでしょうか。

どちらも食べましたが、甲乙つけがたいデキで両方贔屓にしています。
内容はシンプルで、蒸し麺とスープが入っているだけ。調理も簡単で、
好みの野菜やお肉などを炒めたら水とスープを加え、麺をぶっこんで
ほぐれるほどに煮たらできあがり。蒸し麺なのですぐ火が通ります。
今日はちくわを入れてみました。その名の通り色々な物を好みで混ぜ
る楽しみがあり、蒸し麺の程好いプリプリ感と軟らかさが快感です。

弱点は乾麺と違って日持ちがしないことですが、いっそ冷凍してしま
えばけっこう持つのではと思います。安売りの時に買いだめて凍らし
ておきましょう。冷し中華が売り場から消えて久しい、もの寂しい秋
の夕暮れにはチャンポンを食べて心の穴を埋めましょう。

そんなこといっている間に、暦はもうすぐ 『冬』 ですねぇ。
どうぞ皆様、季節の変わり目、ご自愛願います。

posted by かまなりや at 17:08| そば・うどん・麺類

2013年11月03日

 のむヨー


 セブンイレブンの 『のむプレーンヨーグルト』
 最早中毒となっている私です。セブンに行くと
 買わずにいられません。そして今日も蓋を開け
 て、ペロペロしちゃいました。やめられません。

でも実はこの商品、岡山県のオハヨー乳業が作っています。
恐るべしオハヨー!若さん完全にアヂクションです。

関連記事 2012年3月23日 みずきり

posted by かまなりや at 16:23| 水・酒・食材

2013年11月02日

 わ た


 行って参りました鎌倉、書いてきました帆布
 生地。今回は少々細かめにというご依頼で、
 糸だけでなく綿の字の象形をほどほど崩し
 て墨色を変えて散らしました。

そしてそして、美味いものも買ってきました。『TERRADELIさん
ショコラレバまだ食べていませんが、界隈で美味いと人気の
お惣菜です。

今日はこれで晩酌をして、早く寝ます。 休暇、休暇。

関連記事 2013年10月15日 いと

posted by かまなりや at 16:33| 書・画

2013年11月01日

 はやがわり


 遅まき夏休み初日、朝から気分良く 『シラス
 卸し』 で朝飯をいただき、軽自動車を車検整
 備に出しに都筑区のホリケンさんに預け、近く
 の大型商業施設に赴いて愕然としました!

そうです、もうお店はクリスマスの飾りつけなのです・・・ 毎年の
ことなのに、迂闊にも忘れていました。毎年思いますが、何て気障り
な早替りでつつしみが無いんでしょう。ハロインなんてぇ南蛮のお盆を
煽り、その余韻もつかの間一夜にして今度は西欧の聖夜祭をふた月
も前から喧伝するなど、経済効果に目の眩んだ暗愚な所業としか思え
ません。せめてひと月、いや半月、大負けに負けて一週間でも、間を
空けられないものでしょうか。増してお祭の芯の部分はそっちのけ。

さてさて困ったものですが、月の変わった一日っからぼやいてばかり
では後生が良くありますまい。今日は一日のんびりと休みました、明日
も心はお休みですが古民家スタジオ常設アトリエゑんさんのご依頼で
布に書を認めに出張ります。首尾良く書き終えたら、鎌倉をお散歩し
てきましょう、ずいぶん季節が進んだことでしょうし、何か美味いもの
でも見付けたら買ってきて晩酌のアテにしましょう。

どうぞ鎌倉がクリスマスになっていませんように。 あーめん。

posted by かまなりや at 15:56| 哲・考・生