2013年12月22日

 のでなので


 今朝、そばを打ちながら漫然と地元FM局の
 番組を聞いていたら、やたら語尾に 『ので』
 を使い、文頭に 『なので』 を頻発する女性
 のゲストコメンテーターが出ていました。

それでなくても耳障りなのに、コウも連発されると神経に障ります。
聞けば家電コーディネーターだかいう肩書き、暫く聞き耳を立てて
いましたが、言葉使いは汚いはボカシ表現は出るは、無駄な傍聴
は止めて心を閉ざしました。

いみじくもコーディネーターなどという商売は、人様に良いものを
勧めるのを生業としているはずですが、汚らしい言葉ではその本意
も伝わりますまい。私などは偏屈ですから、こんな無様な日本語を
使う人の勧めるものは敬遠しますし、この方の知性にも大いに不信
感を抱きました。

『なので』 はたいそう流行り、もう市民権を得たかのように当たり前
に誰もが使います。NHKのアナウンサーですら放送で普通に使う
ほどです。言葉は変化するものですし、だいぶ耳慣れてもきました。
しかし、文頭での使用は誤用であることに変わりは無いのですから
ほどほどに使わないと、私はお馬鹿ですと白状しているようなもの。

きたねー言葉を使う人は、きれーな顔の人でも、イヤなのです。

【 画像はウチのおバカ猫 りそな 】

posted by かまなりや at 17:26| 哲・考・生