2014年02月05日

 虫喰い


 昨年、物置の中で虫に喰われてしまった
 ケヤキの臼。暖かくなってまたぞろ虫たち
 が動き出す前に、虫食い穴の消毒養生を
 試みました。

無数に開いた虫穴には幼虫ないしは卵があって冬越しをしている
のであろうと思われますが、その穴に粉状の殺虫剤を丁寧に撒き
込み、中で虫の動きを封じるべく木用パテで全ての穴に蓋をしま
した。これで穴内部の虫は孵化・羽化は難しいことでしょう。

このまま、さらにラップで臼をくるみ、根性で羽化するような強か
な虫をも撲滅すべく防虫剤を施して密封を試みましょう。その上
で夏には虫干しをし、殺虫剤の毒性がお餅搗きに影響しないよう
に洗浄乾燥をして、来年の暮れに備えましょう。

虫も生き物ですから、無益な殺生はしたくないですが大事な道具
を食い荒らされては看過することはできません。虫さんたちよ、
済まないが他の木を餌にしてお呉れ。

posted by かまなりや at 16:30| 修理・営繕・庭仕事