2014年02月10日

 転 居


 我が家の居間で越冬を決め込んだアシダ
 カグモの 『ナオキ』 は南東の壁から南西
 の壁に移動し、壁のぐい呑み棚の一角に
 落ち着きました。

良く調べたらこの固体は雌のようです。オスは頭部にくっきりし
た模様があるのだとか、よく見てみればナオキには模様があり
ません。畢竟ナオキという男性名称ではレディーに対して失礼
ですから、ナオコと改名いたしましょう。

東京ではナオキさんの後継知事がヨーイチさんに決りました。
むむぅ、恐るべし組織選挙。これで政府と都の足並みが揃うの
であれば原子力発電所の再稼動も遅かれ早かれなのでしょう
か、実に、残念なことです。

春になったらナオコは子を産むでしょう。小さな子蜘蛛がわら
わらと湧くさまはキビの良いものではありませんが、繁殖する
ということは生き物の正しい行いです。福島では子供さんたち
が自分の将来に放射能の影響がないか不安を抱いていること
でしょう。この危険な施設を焚き続けて、人はきっと自滅するの
でしょう。悲観的ですが仕方ありますまい、これが選挙を棄権
した国民の、そして都民の選択なのですから。

小さなお子様をお持ちの良識ある皆々様は安全な海外へ移住
することをお勧めします。この国は駄目でしょう。

あたしゃハラを括ってこの国と原発と心中します。

posted by かまなりや at 17:16| 核は要らない