2014年02月20日

 げつれい


 明け方、便所で小用を足す夢を見ました。
 勢い良く出せども出せども尿意が治まり
 ません。ハッと夢から覚めて慌てて憚り
 へ駆け込みました、危ういところでした。

子供の時分こんな夢を見ると決って寝小便をしていたものです。
小学校の高学年まで治らなかった札付きのネショベンタレだっ
た私は今でもこの手の夢を良く見ます。いい大人になってまさか
垂れる訳にもいきませんが、充分に水分を取って酔ってから寝て
いるわけですからいつかは粗相をするのではないかと戦々恐々
としています。

ホッとして寝床に戻ると、窓の外が随分明るいのに気付きカーテ
ンを開けてみると、左半月がちょうど真上あたりに浮かんでいまし
た。はて、今頃は下弦の月だったかいな?と思いながらまた眠り
込みましたが、朝起きて月の暦を確かめると果たして月齢20の
下弦前でした。

自分の記憶のいい加減さを恥じつつ、陶房日報に月齢カレンダー
を貼り付けました。所謂ブログパーツというやつですが、これで
毎日の月齢を間違うことはありません。

どうぞ日報読者の皆様も月の暦が気になったら、陶房日報を
お開きください。今日の月齢と、今月の月暦が一覧できます。

posted by かまなりや at 17:11| 時候・紀行・鑑賞