2014年03月31日

 ほぼまん


 年度末晦日、陶房かまなりや裏庭の
 桜はほぼ満開となりました。予想は
 1日外れて開花は28日でしたが、ぽか
 ぽか陽気のせいで一気に咲きました。

明日から消費税率が上がるというので、献血に行ってきま
した。消費税と献血には何の関係もなく、行き着けの東口
ルームで、いつも通りの血小板成分献血を1時間まったりと
堪能してきました。今日はガンブロ社製(海外)の 『Trima
でした。機械音が少々大きいので、嫌がる人も多いらしい
ですが、中々この機械には当たらないので楽しんできました。

さて、明日から年度があらたまり色々と社会が変わります。
慣れるのにいくばくかの時間がかかりそうですが、ゆっくり
順応していくことにしましょう。陶房かまなりやでは週末に
出張芋乃市場を開催いたします。会場は鎌倉由比ヶ浜、桜
がもつといいですが、お花見方々是非足をお運び下さい。

関連記事 2014年3月23日 開花予想

posted by かまなりや at 17:42| 養生話・献血・湯屋

2014年03月30日

 み そ


 昨日、今年の味噌を無事に仕込み
 終えました。豆を煮て、挽いて、塩
 と糀と良く混ぜて、樽に詰めるだけ
 の作業ですが、中々重労働です。

各作業は長年の慣習で煮る、挽く、混ぜる、樽詰めする
担当がおおよそ定まっています。私は豆を煮る担当、大
鍋二つを駆使して5時間火を焚き続けます。沸騰するの
に約1時間、その後はふつふつと煮つつアクを取り、たや
すく潰れるほど柔らかくなったら火を落とします。

昨日は良く晴れて、少々風があったものの作業は楽でし
た。今日のような大風と雨であったらさぞ難儀だったこと
でしょう。この味噌は一年寝かして来年食べます。

年末は餅搗き、年度末は味噌搗きが、陶房かまなりやの
保存食年中行事であります。

タケトミインストラクターのミソアート 『カエルちゃん』


posted by かまなりや at 18:23| 梅干し・漬物・保存食

2014年03月28日

 大 豆


 今月の市場も無事に終りました。
 『こわかてん』 へのご来場、誠に
 ありがとうございました。陶房かま
 なりやでは明日味噌を仕込みます。

使う大豆は、北海道産 『トヨマサリ』 糀は、瀬谷の川口
糀店さんのものです。大豆二斗五升分、5時間煮て潰し、
糀と塩と合わせます。

お天気は良さそうです、大風が吹きませんように。

posted by かまなりや at 18:15| 梅干し・漬物・保存食

2014年03月27日

 鶯


 ウグイスを見たことのある人は少ない
 のではないでしょうか?それもその筈、
 ウグイスは非常に警戒心の強い鳥で
 目立つ所にとまって鳴くのは稀です。

今頃はまだ葉が茂っていませんのでウグイスたちは常緑の
木の中で身を隠しながらしきりに囀って繁殖相手を探して
います。もう少し葉が茂ってくると相手も定まって鳴き声も
さらにきれいになってくるでしょう。

鳴き声の良い鳥ですが、姿は意外に地味な野鳥です。

youtube ウグイスの囀り -Japanese Bush Warbler-

posted by かまなりや at 17:42| 自然・花・虫・鳥

2014年03月26日

 材


 神奈川区の造園屋さんより雑木を
 沢山いただきました。程よい太さの
 堅木がどっさりこん、薪に最適です。
 一冬分はあるでしょう、安心です。

雑木とは言え、ナラ、カシ、クヌギといった炭に焼いても良さ
そうな良い木ばかりです。植木屋さんには伐採後の廃棄物
なのでしょうけれど、薪暖房使用者には正に 『財』 お天気
の良い時に切って割りましょう。

次の冬には充分に乾いて良く燃えるでしょう。

posted by かまなりや at 17:33| 普請・作事・造園

2014年03月25日

 Kopi


 芋乃市場の常連さんから、映画 『かも
 め食堂』 の中でルアクコーヒーが出て
 くるシーンがあると聞き、調べてみまし
 た。 ありました、ありました。

短いシーンではありますが、一人の渋い男性客がコーヒーの
淹れ方を伝授するという印象的なシーンです。実際入れてい
るコーヒーはルアクではないように見えますが、おまじないとし
て 『コピ・ルアク』 と唱えるところが何だか格好いい。

北欧フィンランド語の会話ですが、kopiはインドネシアの言葉
でコーヒーのこと。日本人の食堂女将と、フィンランド人らしき
世話好きの男性客がドリップを囲んでインドネシアの言葉で
まじないを言うなんて、いかにも映画的で素敵です。

もう一度 『かもめ食堂』 が、観たくなりました。

フィンランド在住 鳩子さんのブログ 『フィンにちは』

関連記事 3月22日 Luwak

posted by かまなりや at 18:28| 水・酒・食材

2014年03月24日

 えんげい


 ショタイソウの株を分けて、10鉢
 ほど作りました。12日に紹介した
 鉢は少々株が大きかったようなの
 で小さめに作り直しました。

これがしっかりと根付けば草がもりもり生えて良い景色に
なることでしょう。夏ごろには見頃になるでしょうか、園芸
は専門外ですが焼き物屋としては、これも守備範囲に
できたらいいなと思います。少しずつ勉強しましょう。

明日から、今月の芋乃市場 『こわかてん』 開催です。

皆々様のお越しをお待ちしております。

関連記事 3月12日 はち

posted by かまなりや at 18:11| 焼きもの

2014年03月23日

 開花予想


 裏庭の吉野桜の蕾が充実してきま
 した。赤い穂もちらちらと出てきてい
 る様子、さて今年はいつ頃開くこと
 でしょう。

ずばり、今年は3月29日土曜日でしょう!さて、その根拠は?

その日に今年の味噌を仕込みます。一緒に作る皆々様と
お花見が出来たらいいなあと思うからです。

なんにもせ、待ち遠しいことです。

posted by かまなりや at 16:34| 自然・花・虫・鳥

2014年03月22日

 Luwak


 とある方から、ルワク・コーヒーなる
 ものを頂戴しました。何でもインドネシ
 アのジャコウネコの糞の中から取り
 出した豆で、希少なものらしいです。

このジャコウネコ、完熟した実しか食べないらしく畢竟よく
実ったコーヒーチェリーが厳選され且つ、腸内を通って発酵
し味も香りも良くなるのであるとか。糞の中から取り出すと
聞けば少々剣呑な気もしますが、猫の腹を通った珈琲など
とは乙ですのでいずれ淹れて飲んでみましょう。

世の中には、面白い食材があるもんですねぇ。

posted by かまなりや at 18:21| 水・酒・食材

2014年03月21日

 たまごやき


 大きな玉板での玉子焼きが中々上手
 になりません。今日もお祝いの席用に
 張り切って二枚焼きましたが、並べて
 みると、大きさが違います。

どうせ切って食べるのですから、細かいことはいいっこなし
で良いのでしょうけれど、職人気質としては隅々まで納得の
いった仕事がしたいものです。まあ、今日のところは味重視
でご勘弁願いましょう。

今日の主役は成人を迎えた友人のお嬢さん、現役大学生で
美食家の彼女はこの春休みに各地へグルメ旅行し、現地の
美味いものを堪能してきたという健啖家。盛岡では 『わんこ
そば』 105杯を平らげてきたというからそのツワモノ振りは
南部の人たちにも一目置かれたことでしょう。

お酒の飲める歳になったそんな彼女と、今宵はゆっくりと
美酒を酌むとしましょう、良い春分になりそうです。

posted by かまなりや at 16:35| 水・酒・食材

2014年03月20日

 mask


 インフルエンザ拡散予防にマスクをし
 ています。もう安心な期間が経ってい
 ますが、鼻声で咳も出ますので他人
 様へ配らぬようにしている次第です。

昨今は不織布の立体型マスクが進化して、とても良くなり
ました。旧来のガーゼマスクは何だか息苦しく、ゴム紐で
耳が痛くなるし長く使っているとにおいも気になりました。

このマスクの習慣は花粉症患者の少ない欧米では奇異に
映るらしく、倅が友人たちと昨年アメリカ旅行をした時には
うっかりマスクなどをしたままレストランに入るとウェイター
から 「Are you a doctor?」 と冗談めかしに聞かれたそ
うです。

この不織布マスク、最近ではサイズも豊富でゴムも改善
され、実に気が利いています。なるべくならお世話になり
たくない代物ではありますが、病んだ時にはたいそうあり
がたい一品です。

posted by かまなりや at 17:52| 時事・私事・家事

2014年03月18日

 フルフル


 鼻風邪をひいて、日曜辺りからグズグ
 ズしており、年度末は保育園さんへの
 作品返却が多いので念の為内科を受
 診、インフルの検査もしてもらいました。

症状は、アレルギー症状が主で熱も高くなく医師もまずイン
フルではないでしょうとのことでしたが、細長い検査器具で鼻
の中をぐりぐりし待つこと10分、結果見事に陽性、B型でした。
噂の 『タミフル』 を処方してもらい、昨夜はお酒も呑まずに
大人しく夕食をとって薬を飲んで休みました。

今日も色々に予定が入っていましたが、急いで先様に顛末を
お伝えして調整をお願いし、できる限り外出を控え自宅でロクロ
仕事に就きましたが、鼻は詰まるし咳は出るし腰は痛むしで、
中々集中できませんでした。花粉症の人はこの状態が何ヶ月
も続くのだろうかと想像すると、何ともつらいことだなぁと花粉
が原因でないことに少々の安堵を感じました。

さて今日もお酒は控えておまんまをいただいて、タミちゃん
飲んでおとなしく寝るとしましょう。年々歳々弱くなるように
も思います、ヤですねぇ。

posted by かまなりや at 17:44| 養生話・献血・湯屋

2014年03月17日

 いもわたり


 『芋乃市場』 in 『鎌倉イシワタリ』 のサイト
 を拵えました。画像は全て古民家スタジオ・
 イシワタリの福井隆也カメラマンのもの、
 とっても綺麗です。

長いタイトルなので、我が家では約してイモワタリと呼んで
います。アップしたフォルダ名も準じて imowatari となって
います。ローマ字だとそれでも長く感じますので、更に縮め
て imowata でも良かったかなと思いますが、もうアップして
しまいましたからまあ、いいでしょう。

詳しいサイトはこちらから
www.kamanariya.com/ltd/imonoichiba/2014/imowatari2014/

posted by かまなりや at 18:49| 芋乃市場

2014年03月16日

 ぶんちん


 今年も2つの保育園さんから保育証書
 の筆耕のご依頼を頂戴しました。きち
 んと賞状書の訓練をしていない身です
 から、ご理解頂いた上でのお引き受け。

その代わりといってはナンですが、裏書きをさせていただき
ます。保育園のキャッチコピーを薄墨と濃い墨で元気良く筆
を走らせます。これが実に楽しい仕事なのです。

今日は昨年買ったイイノナホさんのガラスペーパーウエイトを
使ってみました。吉祥寺のギャラリーでの個展の際に気に入っ
て貰ってきました、その時には心持ち軽いかなと思いましたが
使ってみるととても良い感じ。よく見ると鳥が葉を運んでいる
模様です。書道の文鎮は味気無い物が多いですが、これは
透明感があって見ていて楽しく、とても気に入っています。

さあ、あとは 『表書き』 これが緊張するんですよねぇ、
明日以降、気持ちを整えて背筋を伸ばして挑みましょう。

posted by かまなりや at 17:21| 書・画

2014年03月15日

 春黄金花


 裏庭のサンシュユが今年は花を沢山
 付けました。小さな苗木を頂戴し植え
 たものですが、かれこれ3~4年経つで
 しょうか、しっかり根を張ったようです。

別名 『ハルコガネバナ』 早春に地味ながらも黄色い小さな
花がつくことからそう呼ばれたものでしょう。花にあやかって
コガネが溜まると良いですねえ。風水的には西に黄色いもの
があると良いのだとか、正にこの木は芋乃市場の西側にあり
ます。まあ、その手の 『ウラナイ』 の類は一切信じていま
せんので、信じぬものは救われますまい。

植物は偉いものです、一所に根を下ろしたらそこがどれだけ
厳しい環境でも生きることに一所懸命です。特に今年の冬は
難儀だったことでしょう、それでもグズグズ言うことも無くがっ
しりと生きている様に感心します。そういった生きざまにこそ
学ぶ点が多くあると思いますので、占いなどに寄りかからず、
自分の足の裏にリキを入れて頑張って稼ぎましょう。

posted by かまなりや at 17:55| 哲・考・生

2014年03月14日

 ガレ研


 昨日、芋乃市場女将を筆頭にスタッフ
 有志が雁首を揃えてガレット研究会が
 開かれました。皆で試行錯誤しながら、
 色々なガレットが試作されました。

そば粉は私の秘蔵の粉の、ちょっとだけ古くなってしまった
物をご提供。加水が多いのでモッチリとした生地に仕上がっ
ていました。焼き色とカリカリ感も出したいねなどと、課題
も持ち上がっていて中々充実した研究会でした。もう何枚か
試作を重ねて、芋乃市場でご提供できるようにスタッフ一同
がんばります。

芋乃市場のガレット、約して 『芋ガレ』 お楽しみに。

posted by かまなりや at 19:02| 芋乃市場

2014年03月12日

 は ち


 わかてんでしくじった汲出茶碗に
 開けて、植木鉢に改良しました。植え
 たのはカヤツリグサの仲間 『書帯草』
 ショタイソウと読みます。

高台の内側にブロックハンマーでコツコツと穴を開け、ダイ
ヤモンドヤスリで整えました。何をしくじったかといえば、内
側の藁が融けすぎて釉化したもののガリガリに融けた藁が
溜まってしまったのです。これでは、食器には使えません。

これからこの草がもりもり伸びて、鉢が隠れるほどに茂り
ます。さわさわと風でも吹くと葉が揺れて、それはそれは
良い風情。汲出しは沢山ありますので、幾つも拵えて二次
利用しましょうか。

一丁、鎌倉芋乃市場で売り出しますかー。

posted by かまなりや at 17:30| 焼きもの

2014年03月11日

 とうれ


 浄水器のフィルターを交換しました。
 1年と1ヶ月使いました。メーカーの
 東レは3~5ヶ月での交換を推奨して
 いますが、我が家は1年使います。

古いカートリッジはカビや細菌の温床ともなりやすく、とも
すれば不衛生になるので注意が必要であるとのことですが、
メーカーの云うとおりに頻繁に交換していたらそれこそカー
トリッジ代で儲けるメーカーの思う壺。そうは問屋が卸すま
じ、セコイ若さんは一年未満では変えません。(決して真似
をしないで下さい、我が家は自己責任でやっております。)

確かに、ひと月も使わない状態が続くと浄水が黴臭くなるこ
とがあります。が、しかし毎日使っていれば意外とそういうこ
とは無く、また毎日飲んでいれば異変があればすぐに気が
付きます。水道水でも、水は動いていることが大事ですね。

今日はラジオでもニュース記事でも、『さんねん、さんねん』
と連呼していて、頭の中でさんねんがハウリングしています。
そのせいでしょう、泉谷しげるさんの渋い歌声が聞きたくなり
ました。YouTubeで探してみると音源がありました 『帰り道』

復興への道のりは、まだまだ続きます。福島の完全復旧に
至っては、不可能でしょう。自分にできることを考えながら
寿命が尽きるまで、お付き合いする覚悟であります。

posted by かまなりや at 17:30| 時事・私事・家事

2014年03月10日

 TCB63


 無事に焼きあがりました、土笛63個。
 全部音が出ます。個々に音程が違いま
 すが、音具としては上出来です。本日
 保育園の皆さんにお届けしてきました。

皆にお渡しして、せえので吹いてもらったら大変なことになり
そうですから、一人ずつ作品を確かめていただきながら吹い
てもらいました。おそるおそる口をつける子や、吹き方がわか
らない子や、色々な感情が交錯するようでしたが、音が出る
とやはり嬉しそうで、その笑顔にとても心和みました。

作る教室ですから、作る過程を学習して、作った作品を客観
視して自分を鍛える一助にして欲しいのですが、これは幼児
さんたちには難しいことでしょう。発達途上の皆さんはまず、
作ってもらう喜びを感じることが大事です。ですから、今回
は作品の雰囲気を壊さないようにしながらも、必要なところ
には改良を加え、しっかりした音の出る笛にしました。

私も小さな頃に母方のお爺さんが竹薮から竹を切って見る間
に竹馬を作ってもらって遊んだ喜びが、今でも製作の礎になっ
ています。そういった幼児期にびっくりしたり、ワクワクしたり、
驚いたりすることが人格形成の構築に必要なのだと思います。

素焼きの小さな笛ではありますが、自分で拵えた物から音が
でたら嬉しいことだろうなと思います。その気持ちを大事に持っ
て、一つ大きくなっていってくれたなら、作ってあげる立場に
なったおじさんには無常の幸せです。笛はいつか壊れてしまう
でしょうけれど、気持ちまで壊れることはないでしょう。笛も
勿論ですが、気持ちこそを大事にして欲しいなと思います。

すみれさん、ばらさん、ゆりさん、おまたせしてごめんなさい。
つちぶえシックスチースリー、とてもたのしくつくりました。
またらいねん、いっしょにつくろうね。  わかばやし

三学年の先生方には、時間が守れずたいへんご迷惑をおか
けしました。にこやかにお付き合いくださり、お詫びの言葉も
ありません。事業を組んでくださいました屏風ヶ浦保育園様
には楽しい機会をいただき、心中より感謝申し上げます。

関連記事 2014年3月3日 土 竜

関連記事 2014年2月16日 つちぶえ

posted by かまなりや at 18:22| 焼きもの

2014年03月08日

 はつでん


 我が家で唯一の太陽光発電グッズ
 旧式の携帯電話、お天気が良い時は
 日向で充電しています。結構時間が
 かかるのですが、嬉しい機能です。

予算があればガーンと家庭用のパネルを屋根にでも据えて、
ガンガン発電し東電に分けてやりたいなくらいに思うのです
が、今は侭ならず。

いつかきっと、原子力をやめない電力会社とはおさらばです。

posted by かまなりや at 18:31| 核は要らない

2014年03月07日

 はなうどん


 埼玉県の茂呂山町が練ったり踏んだり
 しないうどんを開発し、町おこしをしてい
 ます。その名も 『華うどん』 Youtube
 動画が揚がっていたので見てみました。

本当に最小限しか練らず、踏みもせず、寝かすこともせずバン
バン伸してどんどん切っちゃいます。一般的には良く踏んで
グルテンの網目構造を作りうどんの腰を保ちますが、そこを
超多加水で補うという理屈。そうすると生地がズルズルで切っ
た麺線がくっついてしまいそうですが、そうはならないから
不思議です。

早く、そして労力もかからずに美味しいうどんが打てるに越し
たことは無いですから、このやり方はかなり画期的です。今度
ぜひ、試してみましょう。幸い先日買った 『イワイノダイチ』 が
ゴマンとありますので試作には事欠きません。

世の中には面白いことを発案する人がいるものですねぇ。

posted by かまなりや at 16:40| そば・うどん・麺類

2014年03月06日

 小若展


 今月の芋乃市場は 『こわかてん』 を
 開催します。昨秋鎌倉長谷で開いた
 『わかてん』 の縮小版、自宅ギャラ
 リーでのんびり再展示をいたします。

こわかてんの 『こ』 は、『小』 です。小さい規模の展示と
いうほどの意味ですが、私はこの 『こ』 がつく言葉か好き
です。こいき、こざっぱり、こぎれい、こじゃれた、などなど
肩肘を貼らぬ感じが、小気味良く感じます。

今月も、年度末の都合で先月同様4日間だけの短い会期
ではありますが、桜の花が開くかもしれません、お花見
気分でお運び願います。

4月4日(金)〜 6日(土)の三日間、芋乃市場が鎌倉
で出張開店します。昨年個展を開かせていただいた
古民家スタジオ・イシワタリさん』 での開催。  

近日詳細アップします、ご期待願います。

posted by かまなりや at 18:48| 芋乃市場

2014年03月05日

 こうひつ


 郵便受けに封書が届き、宛名の字を
 見てなんじゃこの稚拙な字は、いった
 い何処からの手紙だこりゃと訝しく差
 出人を見てみたら何と! 筆屋でした。

昨年、筆耕用の筆を買い求めた東京北区の専門店。中身は
4月からの価格改定のご案内でした。コウ言っちゃぁ何ですが、
筆屋なんですから、もうちぃーっとまともな字で出せないもの
でしょうか?まあ、読めないほどではないですから郵便配達員
は届けることができたでしょうけれど、どう見ても15歳程度の
字質にしか見えません。

これが筆屋でなければコウうるさいことも言いたくはありませ
んが、卑しくも字を書く道具を生業としている店舗からの案内
状がこれではお粗末に過ぎます。いっそこれならプリンタで
印字した明朝体のほうが腑に落ちます。

日本人の言葉がぞんざいになり、字も書けなくなって、
嘆かわしいことです・・・

これも時代の趨勢なんでしょうかねぇ。

posted by かまなりや at 17:15| 書・画

2014年03月04日

 福 神


 来週12日で、福島第一原子力発電所
 の大爆発事故から丸三年が経ちます。
 依然、国も東京電力も、刑事責任を
 問われないまま・・・ 実に業腹です。

そういう自分も何もできず情けない思いではありますが、せめて
神奈川に避難されている皆さんを援護するべく、福島原発かな
がわ訴訟原告団の皆さんを影ながら応援しています。身近に会
報誌を届けて下さる方がいるので、芋乃市場に置いてせっせと
配っています。先日も、最新号を頂きました。

福島原発かながわ訴訟原告団のサイトでDLできますが、まだ
1号しか揚がっていないようなので画像化して、陶房日報から
最新号を読めるようにしました。 ぜひ、ご一読願います。

かながわ原告団だより No.0003 P1 P2 P3 P4 P5 P6

「棄民」は許さない (原告団リーフレット 2013-12) pdf-DL

訴訟に勝ったとしても、故郷に戻れる保障はありません。
そんな虚しさの中で立ち上がった皆さんに敬意を表さずに
居れません。支援の輪が広がることを祈りつつ、微力なが
ら精一杯応援させていただこうと思います。充分な補償を
勝ち得た暁には、どうぞ神奈川を第二の故郷の候補にして
ください。私が云うのも僭越ですが、海あり、山あり、街も
ありの神奈川は、中々住み易い良いところですよ。

posted by かまなりや at 18:41| 核は要らない

2014年03月03日

 土 竜


 磯子区の保育園児さんたちの土笛
 作りが3分の2終りました。三クラス
 分全60個、中々に作り出があります
 が、残すところあと20個です。

画像は4歳の子が作った 『もぐら』 幼児さん乍ら、なか
なか掴むべきところは掴んでいて、好ましいモグラです。
口であろう部分から吹くように穴を通し、裏側に歌口
拵えました。薄いものなので中の空洞が小さく、高い音
になりました。

お子さんたちの造形の感覚には驚くものが多々あります。
発達の途上ですから未熟と言えば未熟ですが、好ましい
形が生まれる背景には無心な良さがあるのでしょう。

造形は、技術だけではないのだなぁと、お子さんたちの
作品に学ぶ思いです。

関連記事 2014年2月16日 つちぶえ

posted by かまなりや at 17:43| 焼きもの

2014年03月02日

 さかば


 昨夜、第3回となる芋乃酒場を開店
 しました。一夜限りの居酒屋営業で
 すが、カウンターのお席でゆっくり
 楽しんでいただきました。

今回は女将の意向で京風おばんざい仕立てのお献立、事前
に拵えて大皿に盛り、ご覧いただきながら選んでいただけると
いう趣向。薪のストーブが燃える暖かなお部屋で、お好みの
お酒とおばんざいを堪能していただきました。

清酒は、磯自慢、四季桜、清泉の3銘柄。焼酎は、中々(麦)
七夕(芋)の2銘柄
、それに生ビールと瓶ビール何れもキリン
のラガーです。

献立の一部画像を揚げました、どれもお酒に合う料理で、
美味しかったです。器も吟味しましたのでご覧願います。

揚げ里芋と豚の甘酢あんかけ (笠間、ロイ・マーチン)
聖護院大根とお揚げのたき物 (美濃、黒岩たくみ)
出汁巻き玉子焼き (陶房かまなりや、黒艶消し角皿)
豆腐のマリネ (備前、渡辺聡)
香味野菜のおからあえ (益子、KINTA)  敬称略

次回の予定はまだ立っていませんが、暑くなる前に開催
できたらいいなぁと思っています。陶房かまなりやの器
で楽しむ美酒美食の宴 『芋乃酒場』 に、おこしやす。

posted by かまなりや at 07:46| 芋乃市場