2014年04月25日

 しょうぼう


 使わなくなった本棚を解体して小さな
 ものだし、燃しちゃうべぇと一斗缶に
 突っ込んで庭で焼いていたら救急車が
 やってきてウチの前で止まりました。

何だ何だと思っていたら消防車もやってきました。ひょっと
してベニヤを燃やした臭いで通報でもされたものかとビビッて
いたら、隊員たちは違う方向へ行きます。野次馬の倅が聞き
込んできた話では西側の竹藪で動けなくなった人がいるとか・・・
タケノコ掘りでもしていて、気分が悪くなったのでしょう。

安心してゴミ焼却を続け、めでたく不要となった本棚は灰塵
と化しました。こんなゴミでも粗大ゴミに出せばいくばくかの
手数料を取られます。ベニヤは燃やすとクサイので本当は
嫌なのですが、ゴミにお足を払うのは更に業腹です。

今日はちょっと肝が冷えました。

posted by かまなりや at 17:21| 時事・私事・家事