2014年05月20日

 発 芽


 16日に蒔いたコマツナの種が芽を
 出しました。猫ニモマケズ、糞ニモ
 マケズ、三年トイウ年月ニモマケヌ
 植物の種は凄いなと思います。

芥子粒ほどの小さな種の中に、遺伝情報も細胞もみなすべ
て閉じ込めて種を保存する生き物の知恵は何と表現したら
よいのでしょう。この小さな芽が太陽光を使って光合成を
し、根がケイ酸化合物を取り込んで茎や葉を強くする仕組み
は、不思議の上にも不思議です。

大きくなったら炒め物や、味噌汁にしていただきます。

済まないけれど、すくすくと大きくなってお呉れ。

posted by かまなりや at 19:02| 哲・考・生