2014年05月22日

 クランク


 昨日の朝まで降った大粒の雨で、畑
 の春菊がべったりと倒れてしまいまし
 た。もうすっかり薹立ちして、お花畑に
 なっていたものです。

もう食べるわけではないし、花がきれいだから抜かずに眺め
ていたものですから惜しくもないのですが、こうも寝ると少々
不憫に思います。が、今日のお天気で寝た花は鎌首を持ち
上げるように上を向き、茎は鍵の手状に曲がっていました。

どんな状況でも生きようとする植物の強さを見るにつけ、その
強さに心が動きます。いっそ抜いて片づけてしまえばいいの
でしょうけれど、もう少し眺めてその気概から学びましょう。

『元気をもらいました』 という表現は、苦手です。

posted by かまなりや at 17:16| 哲・考・生