2015年01月07日

 Ragged


 益子のKINTA邸で毎年打たせていた
 だく 『新年ソバ』 を、今年も気分よく
 打たせていただきました。益子産の常
 陸秋ソバは、香りも甘みも秀逸です。

今年のキーワードは 『ラギッド』 武骨な、飾り気のない、
丈夫な、という意味の英語ですが、主にファッション用語と
して良く使われるそうです。KINTAさんが、男の料理という
テーマでファッション誌の取材を受けた際のキーワードが
これで、一発で気に入って採用させていただきました。

普段打っている私のソバは多加水で細切りですが、お正月
の益子ではKINTAさんのご要望でしっかりした太めのソバ
打ちます。 正にラギッド! 粉が良ければすべてよし。今年
も美味しいおソバが打てました。

一晩泊めてもらい、翌日の朝には極旨の魚の丸干しを手ず
からKINTAさんがラギッドに焼いて下さり、それを肴にお神酒
をいただき、炭火で焼いたお餅をいただいて、まるでもう一度
元日が来たような極楽朝餉を堪能しました。

恒例となりつつある新年ソバ会ですが、来年も呼んでいただ
けるようソバ道に精進しましょう。KINTAさん、奥様、ソウ君、
ヒヨさん、今年もありがとうございました。

posted by かまなりや at 18:20| そば・うどん・麺類