2015年08月31日

 スイカ




今年の夏はどう云う訳か西瓜に縁が無く、6月の末に食べたきりであれよと八月も晦日になってしまいました。夏の仕舞いに西瓜に未練を残したのじゃあ後生が悪いってんでスーパーで買って来ました。本当はマルのが良かったんですが、こう涼しくっちゃぁ食べきれなかろうと四半分の物で了見しました。

ついでにちょいとビール売り場を覗いたら、昨今、飛ぶ鳥を落とす勢いで失速しているデザイナーさんの夏のトートバッグの申し込み葉書があったので今夏の記念に一枚もらってきました。やれ、パクリエイターよコピーライターよと散々にこき下ろされていて、分野は違えど物造りの端くれとして同情を禁じ得ないところですが、このデザインに関してはご本人も写しを認めていることですからいたしかたありますまい。

さて、夏の仕舞いの 『松本ハイランド西瓜』 晩酌の締めにでも、パクっといただきましょう。

関連記事 2015年6月27日 すいか

posted by かまなりや at 17:49| 時事・私事・家事

2015年08月30日

 あきさめ




8月最後の日曜日は時雨れ模様になりました。歌の文句に 『雨がしとしと日曜日』 てのがありましたねぇ、横浜新井町もしとしと雨で鎮静気分です。今日は晴れたらちょっとした土木工事をしようと思ってましたが、雨っぷりで中止。中仕事は一段落ついているので、休みを決め込みました。こういう、臨時の休みってちょっと嬉しいものですが、自営業に遊んでいる余裕は無いので心の中では小さな焦燥感が疼きます。とは云うものの、夏の疲れも蓄積している折りからとても良い臨時休暇になり、骨を休めました。

陽気も涼しくって、いい気分です。畑のピーマンが花盛りで実が生りつつあるのですが、秋の雨に濡れてイッソ寒々として見えます。季節の急変にはもう慣れっこですが、植物はどういう風に感じているのでしょうねぇ。人間は大きな脳があるばっかりに詰まらないことを考えてしまうもので、例えば 『秋雨』 もなぜ、『あきあめ』 ではなくて 『あきさめ』 なんだろうなんて考えてしまいます。植物はもっとずっとシンプルな生き方をしているのでしょうねぇ、ちーっと羨ましくも感じます。

明日も天気の予報は芳しからず、少し休めというお天道様のご厚意と解釈して、甘えましょうか。


posted by かまなりや at 17:01| 時事・私事・家事

2015年08月29日

 ひのきまきぶろ




風呂用の薪が底を尽き、急いで作りました。幸い、薪用の木は以前いただいたものが在庫されており当分は困ることがないので助かります。今回は自治会長さんに頂いた桧の材、割っていてもいい〜香りがします。

そんなわけで我が家はしばらく、桧風呂ならぬ桧薪風呂なのであります。(浴槽はステンレス製)

因みに画像右の白いのは、追い焚き用灯油バーナーのタンクです。

posted by かまなりや at 17:30| 時事・私事・家事

2015年08月27日

 しょうが




梅雨前に植え付けたショウガを試しにに掘ってみました。良い感じに出来ていました。ちょうど谷中くらいの成長ぶり、今日の晩酌のアテに頂きましょう。今日は、昨日と打って変わって暑かったので、ビヤが美味いでしょうな。

関連記事 2015年6月2日 生姜定植

posted by かまなりや at 17:43| 水・酒・食材

2015年08月26日

 鱒




今朝、朝食の食卓に上がったマスの塩焼きです。家人の郷里釜石の産、とても美味でしたが、何か別のものに見えて可笑しくて写真を撮りました。

動物の後ろ姿に見えますよねぇ、もっと尾籠な表現をすれば 『シマ馬のケツ』 ちょうど中骨が水戸のご老公様に見えて朝からひと笑いしました。さあ、画像をクリックして全体像をご覧ください。

朝飯良ければすべてよし!

posted by かまなりや at 17:45| 時事・私事・家事

2015年08月25日

 あきみょうが




草ぼうぼうになっていた庭先の草取りをしてミョウガの子をたくさん見つけました。もうこの時季は秋ミョウガでしょう。まだいくつも出ていますので、ちょっとずつ食べましょうか。

こんなちょっとしたことで 「じん」 と、幸せを感じます。身の丈に合ったこういう暮しを続けていければ云うことはありません。

関連記事 2015年4月23日 みやうが

posted by かまなりや at 17:28| お知らせ・ご挨拶

2015年08月24日

 じ き




暦は処暑を過ぎ、夕方には随分涼やかな風が立つようになりました。今日などは晩酌もお燗酒です。さて、この湯呑み、鎌倉の蔵を改造したギャラリーで粗品に頂いたものですが、気に入ってもう10年以上使っています。ギャラリーはもう閉店してしまいましたが、蔵は確かまだ残っていたと思います。

焼き物屋ですから色々な陶器を持っていますが、普段使っているのは割り合いと磁器が多いです。白くて堅牢で軽いのが好きなのかもしれません。でも熱〜くつけると持っていられないのが焼き締まった磁器素地の弱点でもありましょうか。

日本人は陶器が好きです。よごれやすく、割れやすく、実に弱点の多い陶器をこれほど好むのは不思議ですが、その不完全な脆さに美を見出す日本人特有の美意識があるのでしょう。変化するものの良さは四季の移ろう美と共通するものを感じますねぇ。

秋が近付いています。

posted by かまなりや at 18:20| 焼きもの

2015年08月23日

 みるよむ




映画 『舟を編む』 をインターネットで三分の一ほど見たらあまりに面白そうで、でもこれは活字で読む方が数段よろしかろうとすぐさまブック〇フに走り、文庫版ではありますが原作小説を買ってきて読みました。予想通り、辞書を作るというテーマは言葉で書かれたものの方が説得力があって数倍おもしろくまた、終盤は泣きながら読みました。この本は本屋大賞をとるだけのことはあり、お勧めの一冊です。

並行して映画も最後まで見ました。やはり小説に軍配があがりますが、よくぞこの物語を映像にしたものだとお若い監督さんのセンスに驚きました。でも、映画では泣きませんでした。私は映像より言葉の方に弱いようです。 松本千恵役の八千草薫さんがむちゃくちゃ良かったなぁ・・・

一昔前、『見てから読むか、読んでから見るか』 ってなキャッチコピーが流行りました。この小説は正にこのコピーがうってつけです。個人的には読んでから見るのがよろしかろうと思います。

原作者の三浦しをんさんの小説を他にも読んでみたくなりました。

posted by かまなりや at 17:02|

2015年08月22日

 ねずみ?




今朝起きてきたら、台所と土間の間が妙なアンモニア臭に満ちていました。原臭物を探索しましたがそれらしいものは無し。これはどうやらネズミの出没らしいと結論付け、ネズミ取りを物置からひっぱり出してきました。

今夜、仕掛けてみましょう。 さて、入りますやら。

posted by かまなりや at 17:42| 時事・私事・家事

2015年08月21日

 ゆやそばや




一日休みを拵えて、東京大田区で遊んできました。まずは小ざっぱりと夏の汗を流しに銭湯へ、場所は贔屓の 『六郷温泉』 10時開店直後の男湯はご常連のご隠居さん数名の空き空き状態、ゆっくりと一番湯を使ってきました。これで460円ですから堪りません。あんまり空いていたので脱衣所の写真も数枚撮ってきちゃいました。ヘタに携帯カメラなどちらつかせると有らぬ疑いをかけられる心配もある昨今ですから少々緊張しましたが、逮捕されることもなく風呂から上がりました。さっぱりと汗の引いたところで、大森の贔屓のおそば屋さん 『布恒更科』 へ。



開店直後のお店は数名のお客さんがビールなど呑んで楽しんでおりました。迷わず 『もり』 を注文し、樽仕込みの醤油で作る濃いつゆとおソバの醍醐味を楽しみました。釜前に2代目店主の伊島氏の姿は見受けられず、お若い方が茹でていましたが代替わりでしょうか?おソバは遜色なく美味しかったです。やはり、もりソバは江戸前が嬉しいですなぁ。



帰り道、蒲田の立体交差を車を運転しながら撮影。京急の赤い電車が写り込めば申し分ないのですが走りながらではそうそううまくはいきません。踏み切りが無くなり、環八との交差点は立体になり、ずいぶん渋滞が解消したと思いますが、箱根駅伝での重要なポイントである 『蒲田の踏切』 が無くなってしまったのは何となく寂しいものです。

変わる街東京の姿を見るにつけ、いずれ銭湯も蕎麦屋も無くなっていってしまうのではないかとの不安がよぎります。何より寂しいのは場所が無くなることもさり乍ら、その風情を解する人が居なくなることが断腸です。昨今の街中温泉施設や、活気のあるラーメン店も新しい文化として歓迎ですが、お江戸伝来の湯屋と蕎麦屋は是非にも残して欲しいものです。

内風呂で汗は流せますし、おソバは打てば食べられます。でも、銭湯に行きたい!お蕎麦屋で手繰りたい!という日があるのです。今日は大田区でそんな小さな贅沢を満喫してきました。庶民にとって大きな贅沢は敵ですが、小さな贅沢は心強〜い味方です。

ああ、いい休みだった。 ありがとう、大田区。

posted by かまなりや at 17:14| 数寄・骨董・道楽

2015年08月20日

 夏が萎む




夏の高校野球も終わりました。何だか気分的には急に夏が終わりに近づくような淋しさを覚えます。秋の到来は嬉しいものですが、夏の終わりって独特の焦燥を感じます。

急げカマキリ、君たちの繁殖時期もあとわずかだぞ。良い伴侶を見つけ出し命を賭して子孫を残すのだ。

posted by かまなりや at 17:38| 時候・紀行・鑑賞

2015年08月19日

 こうしえん




今年は夏の高校野球から目が離せません。今日はいよいよ準決勝、勝ち残った四校はどこも良いチーム。でも、東北出身の伴侶を持つ身としては悲願の優勝旗を東北の地に運びたいです。

頗る個人的な希望を優先して妄想する勝敗予想は、今日の第一試合は仙台育英が早実を撃破。第二試合は東海大相模が関東第一に勝利。明日の決勝は神奈川対宮城のカードとなるというのが嬉しいです。ああでもしかし、その逆の 『東西東京甲子園決戦』 も見たいし、あと二通りの決勝カードも捨てがたい。

高校野球100年を記念して急遽 『三位決定戦』 を開催していただけませんかねぇ。

第一試合の開始まであと3時間、四校のご健闘をお祈り申し上げます。 (午前8:00記)

続きを読む
posted by かまなりや at 07:58| 時事・私事・家事

2015年08月16日

 せいめん




マルちゃん生麺の 『鴨だしせいろそば』 を食べてみました。良くできていますが、マルちゃん生麺のシリーズとしては落第点をつけたくなるお粗末な麺の出来でした。小麦粉が多くなるのは仕方ないにしても、ソバの香りは少なく、畢竟そば湯はお話の外。大好きな東洋水産のそれも正麺シリーズだけに期待しすぎたせいか、一寸がつかりです。

鴨風味のつゆは良くできていますので、あとはいかに麺を美味しくするかでしょう。ぜひとも改良を加えて麺数寄者を唸らせるほどのものにしてほしいです。 頑張れマルちゃん、ガンバレ東洋水産!

茹でた麺、マニュアル通りしっかり4分です。

つゆにはネギと揚げ玉をトッピング

posted by かまなりや at 17:43| そば・うどん・麺類

2015年08月15日

 せいうん




昨日夕方、干し物を畳みながら首相の談話をラジオで聞きました。長い談話で回りくどく、相変わらず活舌がよろしからず、原稿を読でいることも手伝ってか人の心に響きにくい印象を受けました。一夜明けて冷静に全文を読んでみると、字で読む印象はまた違ったもので、誰がまとめたものか良くできた原稿だなぁと感心しました。しかしながら談話としての演説はもう少し簡便で、多くの人々の心に素直に届くものであるべきしょう。昨日の時点では、謙虚であれと云うくだりだけがすんなりと同調できました。

戦後70年、時代が降れば降るほどに記憶は遠くなっていくことを停められません。上野の戦争の彰義隊の惨劇然り、戊辰の役の白虎隊の悲劇然り、況や大坂夏の陣や関ヶ原の戦のことを語り継ぐ人々は皆無です。しかし、世界大戦については画像映像の記録もあり、再現技術も発達しました。語り継ぐことは十分可能です。歴史は人の都合で歪曲されるものですが、できる限り正確に後世の人々に継承していくべきでしょう。

戦中派の人々は当たり前のことが当たり前にできないのが戦争と云うもので、当たり前に生きる幸せを殊更に強調されます。我々は当たり前に生きていますので、とても幸せな時代に生まれ育ったのでしょう。まだ終戦からたったの70年、首相は戦後100年の平和を口にしていましたが、100年では物足りません、永久の非戦を今日のこの日の青雲に誓うべきです。

30年後、生きながらえていれば私は82歳。運が良ければ終戦から百年の日本を見ることができるでしょう、その時に日本が放射能まみれになっていないよう、非戦と非核を願い続けましょう。

posted by かまなりや at 18:05| 核は要らない

2015年08月14日

 麺 粥




呑んだ後にラーメンが食べたくなることがありますが、50代は麺硬め、油多め、味濃いめ、などと云うこってりラーメンなど食べた日には命に別状があるのであっさりとしたサッポロ一番塩らーめんなどを自作します。それもつゆがなくなるほどに茹でてまさに 『おかゆ』 と云って差し支えない献立で、びつくりされることでしょうが、これが頗る美味いのです。

作り方は、手鍋に麺とスープ、お好みの野菜をいっぺんに入れて水をひたひたに張り火にかけます。沸騰したら弱火にし、水気が無くなるまでコトコトと煮込みます。昨夜は冬瓜を入れて作ってみました、いや実に美味かった。お察しの通り麺はふにょんふにょんになりますが、思ったほどにはぶつぶつに切れることなく、またそれほどに塩辛くならず、麺の体裁は保たれます。夏の疲れた内臓に、やさしい麺です。 ぜひお試しください。

あ、そうそう 『切りゴマ』 は最後にふりかけて下さいね、最初に入れてもいいのですが鍋にくっついて残ってしまい勿体無いですよー。

posted by かまなりや at 17:20| そば・うどん・麺類

2015年08月13日

 窓を切る




自分の部屋には窓がなく、昨日今日と工事をしてサッシ窓を増設しました。おとついまでは暑くて暗い屋根裏部屋でしたが、今日からは明るい素敵なロフトになりました。

posted by かまなりや at 18:02| 修理・営繕・庭仕事

2015年08月12日

 干 了




今年の梅干しも無事に干し上がりました。一昨日が天気が悪く、一日伸びてしまいましたが昨日のお天気で良く陽にあてて一晩夜露に充てて今朝取り込みました。早朝4時過ぎにバラバラっと雨の音で飛び起きましたが外は晴れていて事なきを得、ホッとして見上げた空に新月前の面相筆で描いたようなほっそーい月がきれいでした。



さて、梅干しも出来上がりましたし、今日は片付け仕事をしたらちょっと休んで張りつめていた神経を養生しましょう。 やっと夏休みがやってきた気分です。

関連記事 2015年 8月8日 おおうめ2015
       2015年 7月21日 こうめ2015

続きを読む
posted by かまなりや at 07:30| 梅干し・漬物・保存食

2015年08月10日

 も も




家人に桃の皮はどうやって剥くのかねと尋ねたら、リンゴのように剥けばいいのよとの回答。それではとリンゴのように剥いてリンゴのように切ってみました。種の形状が違うので種が柱のようになりましたがまずまずうまくいきました。夏の桃の果は、実に果報な美味しさです。

柱もきれいに齧って、種だけにして平らげました。

posted by かまなりや at 17:09| 時事・私事・家事

2015年08月09日

 さんか




電気の窯で焼き締めの皿を焼いてみました。土は信楽の赤土ですが、備前の焼き方を応用しています。真ん中の赤い筋は藁の模様、備前で云う緋襷(ヒダスキ)です。回りの自然釉は土灰の単味を水溶きして筆で塗りつけました、備前では付けゴマと云います。

電気の酸化ですから少々土味が明るくなりますが中々に好ましいデキです。灯油の窯で還元ばかり焼いていますので、目から鱗が落ちました。酸化焼成も面白そうです。

posted by かまなりや at 17:08| 焼きもの

2015年08月08日

 おおうめ2015




暦は立秋となり、夏土用もおしまいですが今日からレギュラーサイズの梅干しを干し始めました。少々雲が多めながらも晴れて暑くなり順調な滑り出しです。これから三日間、お天気と梅の表情を見ながらの長期戦です。



今朝5時、まずは大まかに干し篭の上に広げて、じっくりと時間をかけて並び替えます。



およそ1時間半ほどで、20sの梅がきれいに整列。

さてさて、畑には雨が欲しいところですが、梅を干したからには雨は降らずにいてほしいところ。夕立に気を配りつつ明日から返しの作業です。

きれいに並べてお天道様が南中すると、きれいな影ができるんですよねぇ。

posted by かまなりや at 17:25| 梅干し・漬物・保存食

2015年08月07日

 こしば




久里浜の方へ出向く野暮用ができ、仕事絡みでは無いので夫婦揃ってドライブ気分で鎌倉から逗子葉山を廻り、三崎街道から北久里浜へ抜け16号線をとことこと北上、お昼に 『小柴』 でアナゴ料理を食べて帰ってきました。



柴漁港の中の特設食堂 『小柴のどんぶりや』 は、テラス席のみで、この暑い中ですがお外での会食。海風がそよとも吹かぬ内湾の磯臭い漁港での食事は中々にワイルドでした。



これが一押しの煮穴子定食、一本丸で煮た穴子はとろける軟らかさ。付け合せに天ぷらと小鉢がついて1450円!満腹になること請け合いです。

直売所が開いていて蝦蛄でもあればと思っていましたが直売所はお休み。小柴名物江戸前の蝦蛄は手に入りませんでしたが、穴子を満喫して幸せ度は満タンです。

涼しくなって蝦蛄が子を抱くころにまた訪ねてみましょう。

posted by かまなりや at 17:49| 時候・紀行・鑑賞

2015年08月05日

 うえかえ




春に頂いたナギの木が大きくなって、鉢が手狭になりましたので植え替えをしました。ちょうど自作の鉢が一つ転がっていましたので足と裏に加工をして盆栽鉢にし、そっくり植え替えました。元の鉢には穴がなく、セラミスという保水性の高い人工用土でしたが、空気が通りにくそうなのでそれを底石にし、赤玉土で植えました。



三本の苗は絡むこともなく順調に育っています、でもそのうちに大きくなれば独立した鉢に植えるか地植えしてあげた方が良いでしょう。鉢物ばかり増えても世話が大変なだけですからねぇ・・・今は台所の出窓に置いて朝な夕なに眺めて楽しんでいます。小さな鉢物でも緑のある暮らしは心が和むものです。

今日は朝から良い風が吹いて、暑い中にも一抹の涼を感じます。土曜日には立秋、これからは残暑と呼ばねばなりますまい。

関連記事 2015年 3月2日 セラミス

posted by かまなりや at 17:26| 焼きもの

2015年08月04日

 暑中横浜散歩




2週間ぶりに1日休みが取れました、そこでひと月ぶりの献血へ。私の贔屓 『横浜東口献血ルーム』 は、東口の地下街ポルタから地上へ出た郵便局と崎陽軒本店のすぐそばのビルの7階にあります。画像はそのビルを南側の万里橋から撮ったもの、この辺からさらに南の平沼あたりを通称 『裏横』 というようです。



お昼前の時間にまったりと1時間、血小板の成分献血をしながら文庫本などをゆっくりと読み、献血後お昼に炎天の街をポクポクと歩って行きつけのおそば屋 『角平』 へ赴くと何と夏休み。近くの田中屋へ廻ろうかとも思いましたが角平が休みのときは田中屋が頗る混むので回避、思案の末西口まで少〜し伸して 『らーめん山頭火』 へ、初めて山頭火の塩らーめんを食べてきました。一時は行列もでき、そごうにも店舗のあったブランド店ですが、往時の隆盛もめまぐるしく変わるラーメン業界の荒波に揉まれてか、はたまたつけ麺ブームの太麺に押されてかお昼時にも拘らずスンナリ入店。細打ちのとんこつ塩ラーメンは美味しかったです、そしてトレードマークの赤い小梅干しもスープを飲み終えた後にサッパリとして乙な付け合せでありました。



エアコンが効いている店内とは云え、熱々のラーメンをすすって表へ出れば最早亜熱帯といって過言でない猛暑。東海道線の跨線橋から眺めるランドマークタワーも揺らいで見え、高架を走る京浜急行の赤い電車が目に沁みる街の景色ですが、育った町の雑然とした風景も好ましく思うのは歳をとって日和ったからでしょうか。

今夜は横浜港で花火大会があります、もちろん行きゃあしませんが海に遠い自宅でも音は聞こえます。風情だけは齧りつつ、今日歩いた街を反芻しましょうか。

地元愛がちょっと増した1日でした。

posted by かまなりや at 17:44| 時事・私事・家事

2015年08月02日

 おくりもの




1月に1日教室でおじゃました港南区の保育園の卒園児さんから、お手紙を頂戴しました。中身は手作りであるらしい樹脂のコースター、鉢植えの花がデザインされています。可愛らしい贈り物で心が和みます、さて何に使うべいと思案の末、我が家の守り神御本尊 『信楽のお狸様』 のおざぶにさせていただくことに決めました。

敷いてみるとサイズはぴったり!お狸様もいたくお気に入りのご様子で、満面の笑み。写真を撮った後は神棚に鎮座ましましております。

ともやくん、素敵なプレゼントありがとうございました、大事に使わせていただきます。

posted by かまなりや at 16:34| 焼きもの