2015年11月06日

 イヒ成




連日報道で、 『傾いたマンション』 について報じられていますが、記者会見のたびに取材陣に頭を下げている企業トップの面々に少なからず同情の念が湧きます。もちろん、問題は企業体質にあったであろうことから推し測って酌量の余地はないのですが、当事者である担当者は一切顔を出さず上役さんばかりが頭を下げているのも何だか奇異に映ります。責任ある立場と云うのはつらいものなのですねぇ。

自分には直接関係のないことではありますが、当該現場が近所とあって何だか身近に感じるのはどこか野次馬根性も手伝っていることは否めませんが、遂には大元の三井の人たちまで頭を下げているのを見ると、何だか哀れで溜め息が出るばかり。

それでも個人的に私はサランラップ贔屓ですので、カセイさんには頑張ってほしいと願うところです。

一昔前にやってた イヒ!君 の人形劇CM好きだったんですよねぇ。

posted by かまなりや at 17:37| 時事・私事・家事