2015年11月17日

 大きな木




新井町に古くからあるお宅に大きな銀杏の木があって、国道16号線から新井町へ向かって走ってくるとすぐに目に入ります。このお宅は元は立派な藁葺き屋根でした、藁屋根の頃はその立派な屋根の向こうに銀杏の木が聳えてそれはそれは良い景色でした。

藁屋根こそ葺き替えられましたが、木の大きさは年々増していきます。大きな木があるとそれだけで何だかうれしいものですが、それを保つのは中々に至難なことです。

新井町の銀杏の木も末永く残ってほしいものですねぇ。

こちらにいらっしゃる機会がありましたら、稲荷通りバス停前の銀杏の木にご注目下さい。

posted by かまなりや at 18:57| 時事・私事・家事