2015年11月23日

 よこはま




我が家は、横浜とは名ばかりの内陸部で、潮の香りからほど遠い場所にあります。せめてもの救いは今は暗渠になってしまっている自宅前の小川(新井川)が帷子川へと流れ込み、それが横浜の港につながっているというところです。それもちょうど画像の横浜東口シーバス乗り場(ヨコハマベイクォーター)のところが河口になっているのがちょっと自慢です。(かなり無理はありますが・・・)

我が家の前から川伝いに距離を測るとちょうど10q、直線距離にしても6.8キロもあります。(キョリ測での測定)これを考えると、住まいは横浜ですというのは憚られるところですが、横浜市民の大半はこういった状態なのですから、私一人が恥じ入る必要もありますまい。川でつながっているだけでも良しとしましょう。

親の仕事の関係でうっかり東京で生まれてしまいましたが、物心ついてからこっちは横浜新井町住まいですので、横浜には一塩の愛着があります。中区や西区の人たちにはかないませんけれど、これからもマイソウルタウンヨコハマと仲良く暮らしていきましょう。

posted by かまなりや at 17:23| 時事・私事・家事