2015年12月14日

 あとぶた




切子のガラス器に蓋を作って欲しいとのご注文をいただき、焼き縮みを計算に入れつつ作った蓋が焼けました。青い釉が無かったので青白磁にしましたが、涼やかに出来たと思います。やはり、合わせにいくらか隙間ができましたが、あと焼きなのでご勘弁願いましょう。



何点か造った中で、画像の物が一番のお気に入り(あくまで作者の)です。丸く作って持ち手を長めにしたので、ドングリの帽子みたいで愛嬌があります。さて、ご注文主様には随分お待たせしてしまいましたが、喜んでいただければ幸いです。

割れてしまった急須の蓋や、後付け陶器でもよければどのような蓋でも、ご注文承ります。お値段は、品物を見せていただき、検討した上でお見積りいたします。

関連記事 2015年11月8日 ふた

posted by かまなりや at 18:08| 焼きもの