2016年01月28日

 たまごとじ




昨日の売れ残りのおそばを、お昼に 『玉子とじ』 にして食べました。玉子とじは比較的簡単な種物ですが、シンプルなだけに難しく、おそば屋さんの力量が解る献立だといわれます。つゆの濃さ、玉子のふわふわ加減、おそばのタイミング、作ってみるとなるほど細やかさが必要な献立です。

まあ、自分で食べるのですからうるさいことは云いっこなしで、沸騰したつゆに溶き玉子を流しいれてふわりとしたところでそばにかけ廻し、海苔と三つ葉(今日はセリ)を乗せてできあがり。美味しくいただきました。

生玉子をぽかりと乗せた 『月見』 も乙ですが、絶妙に火を通した玉子とじもまた、乙の上にも乙ですな。

また一つ、お命頂戴しました、な〜む〜。

posted by かまなりや at 18:11| そば・うどん・麺類