2016年02月28日

 うぐいす




今朝、ウグイスの初鳴きを聞きました。ラジオではあちらこちらから初鳴きの便りが届いてましたが、横浜新井町は寒いのか今日2月28日でした。

だから今宵は甲府の銘酒 『春鶯囀』 で、晩酌です。春に鶯が囀ると書いて 『しゅんのうてん』 なんときれいな名の清酒でしょう。

果報、果報。

posted by かまなりや at 17:06| 水・酒・食材

2016年02月27日

 みっしり




今日の本焼き窯は、かなり詰め込んでしまい、後半温度が上がりにくくちょっと長引きそうです。親方ちゃんもちょっと心配そう・・・

もう少し、晩酌はお預けです。

posted by かまなりや at 18:16| 焼きもの

2016年02月26日

 燗葡萄酒




ワインのお燗というのは乙なもので、寒い時分にはちょくちょく嗜みます。平たく云えばホットワインですが、ついついお燗と言いたくなるのは日本人の矜持でもありましょうか。

今月は有り難いことに忙しく、少々草臥れてます。暑い葡萄酒を煽って、自分にもお燗が付いたところで早々と床に潜り込みグースカと寝ましょう。

逃げる二月は本当に足早に終わりそうです、でも今年は一日多くて得した気分ですね。

posted by かまなりや at 17:47| お知らせ・ご挨拶

2016年02月25日

 むしき




長年重宝に使っていた電子レンジが、ポクと壊れて沈黙してしまいました。さて、困ったわいと修理・買い替えを考えましたが、はて無ければ無いでいいのではないかと思い当り、暫く脱電子レンジ生活をしようかと蒸し器を引っ張り出してきました。

出窓の、電子レンジのあった場所に置いてみると家電品よりよほど良い姿で、厨房にしっくりなじみます。文明的にはちょっと後退したようにも思いますが、文化的には数歩前進したように思い良い気分です。

春、電力が自由化し、今の電力会社と手を切ることができるようになるまではこのままにしておいて、クリーンな電気を拵える企業と新たに契約をしたら晴れて、電子レンジの導入も検討し直しましょうか。

色々な意味で待ち遠しい春です。

posted by かまなりや at 18:18| 時事・私事・家事

2016年02月24日

 Eggshell




知り合いの社長さんが接待の席で使ったという有田焼の画像を送ってくれました。世界一薄い磁器だと仲居さんから紹介されたそうです。調べてみたら 『卵殻手/らんかくで』 という有田の伝統技法を現代風にアレンジし、『エッグシェル』 というシリーズで売り出されている磁器でした。

画像のぐい呑みは、やま平窯さんのもの。中の飲み物の色が透けて見えるほど薄くて軽く、でも充分に強度はあるとか。 スゴイ! 有田の技術には唸ります。

いずれどこかでお目にかかることもあるでしょう、そん時はとくと 『拝見』 させていただきましょう。

posted by かまなりや at 19:16| 焼きもの

2016年02月23日

 めいぶつ




知る人ぞ知る江戸川名物、『なかむらやのチキンカツ』 デカい!マヨネーズはレギュラーサイズの物です、比較してみて下さい。ゆうに200oはあります、これでなんと!一枚138円。でもね、胸肉でちょっとあっさりしています。だからウチでは 『カツ煮』 にしていただきます。



コロモのふよふよがたまらなく美味しいんですよね〜。

posted by かまなりや at 19:05| 水・酒・食材

2016年02月22日

 家内制



注文品の製作に家族総出と云った体で取り組んでいます。正に家内制手工業、いや 『家内制手工芸』。


やっぱりしでかした倅のしくじり仕事、底が抜けました。 ま、研修中だから許してやるべい。来月抜いたら、シメんぞコラ!と、おどかして気合いを注入しときましょう。

親方ひょうちゃんも開いた口がふさがりません!

関連記事 2016年 2月9日 おやかた

posted by かまなりや at 19:08| 焼きもの

2016年02月21日

 うめいちりん




暮れに大剪定した梅の木、丸坊主では後生が悪いので下の方に一枝だけ残しておいた枝に花が咲きました。桜は満開から散る頃が良いですが、梅はやはり咲き始めが嬉しいものです。

春を待ちわびる気持ちが、そうさせるのでしょうねぇ。

posted by かまなりや at 16:43| 時事・私事・家事

2016年02月19日

 おおふき




日に日に春が兆して、アキタブキの薹立ちが顕著です、流石に大きい!収穫して、蕗味噌を作ろうと思いますが、とる前に撮影。

東北では蕗の薹のことを 『バッケ』 と云います。 なぜかは、知りません・・・今度、調べときます。

posted by かまなりや at 18:35| 時事・私事・家事

2016年02月18日

 ダブル




久しぶりにマルちゃんのダブルラーメン(塩)を食べました。特段の美食ではありませんが、北海道でしか手に入らない限定品の喜びと、二食入りの嬉しさで幸せ度は正にダブル!即席麺とは云え、豊かな昼食になりました。

こんな小さなことで、気分はずいぶん変わるもので、『気』 が好ましければ一事が万事良い方向へ進むように思います。

北海道から買ってきてくれたヤマシタ君、サンキュー(べーやん)

posted by かまなりや at 18:25| そば・うどん・麺類

2016年02月17日

 昇降機




エレベーターのドア開閉ボタンが苦手です。 『開』 『閉』 と書いてあれば間違うことはないのですが、マークだけの物はどうにも開くボタンのマークが閉じるように見えて、閉じるマークは開くように見えます。矢印だと認識してはいても、毎回混乱します。

今日乗ったコーナン戸塚汲沢店のエレベーターのボタンは親切にもひらがなで、ひらく・とじると書いてあり、混乱せずに済みました。でもこれ、マークの意味がないのでは・・・

結論、このマークのデザインは不備があると思います。 もっと良いデザインを求む!

昇降中に撮ったのでブレていて済みません。

posted by かまなりや at 19:06| 時事・私事・家事

2016年02月16日

 ゆ




昨年の春から東京江戸川区の就労継続支援事業所で陶芸作業のお手伝いをするようになり、足繁く江戸川に行ったり来たりしていますが、仕事の合間にちょいと湯へ行くのが何よりの楽しみとなりました。今日も午後に納品方々出向き、帰りにひとっ風呂入ってきました。

ヒマな倅に運転手を頼みましたので、風呂を奢ってやり、ついでに撮影も頼みました。頗るヤラセっぽい画像ですが、正真正銘の湯あがりです。

疲れたときはやっぱり銭湯に限ります。箱根の温泉も良いですが、東京の銭湯はピカ一です。

さあ、明日も頑張るぞー。

posted by かまなりや at 18:32| 数寄・骨董・道楽

2016年02月15日

 ポール




今月の頭ころ関西に詳しい方から、魚肉ソーセージに負けず劣らず旨いおつまみがあると聞き、ちょうど家人が京都へ行っていたので買ってきてもらいました。その名も 『ポールウィンナー』 いかにもお安い感じで好感が持てます。ギョニソーに比べると細身な奴ではありますが、魚肉同様のフィルム包装が好ましく、食べてみるとけっこう肉味で、軽い肴としていっぺんに気に入りました。

惜しむらくは関東圏ではほとんど流通しておらず、西へ行かねば手に入らぬようです。インターネットで探せば通販もあるのでしょうけれど、こういうものは現地で買うことこそが乙というもの。たまさか、西へ行く機会でもあれば勇んで仕入れてきましょうか。

イケるぜ、ポール。

続きを読む
posted by かまなりや at 18:19| 水・酒・食材

2016年02月14日

 はるかぜ




春風というと、のどやかな感じを受けますが昨夜から嵐のような大風。かてて加えて雨もひどく今日横浜は午前中一杯荒れ模様、さらに大嫌いな雷まで鳴り響き、難儀なことでありました。

お昼過ぎには陽も差し、もんわかと暖かい空気に包まれて土手の福寿草もしっとりと良い感じ。どうやら、この大風は 『春一番』 だったようです。

でもまた明日は冷えるとか・・・ひと昔前は三寒四温などと云ったものですが、昨今は一寒一温で、正に一喜一憂の季節変わりですなあ。

インフルエンザの流行が報道され、花粉の飛散も迫りつつある模様。どうぞ皆様ご自愛ください。

posted by かまなりや at 18:08| 時事・私事・家事

2016年02月13日

 春 日




温かな風が吹いて、今日は暖房を使わずに陶芸教室が出来ました。有り難いことです。

日が暮れても気温はそれほど下がらず、まだストーブを点けていません。バリ島土産に頂いた 『バリ猫』 も石油ストーブの上で歌っているよう。

すこーしもさむくないわ♪

posted by かまなりや at 18:10| 時事・私事・家事

2016年02月11日

 朝挽き




朝飯前の一仕事にろくろ仕事をしています。毎朝20ずつ、6時前くらいから始めて10(とう)挽いたらラジオ体操、そのあとまた10挽くとちょうど朝ご飯の時間。一週間で120から140ほど挽ける計算です。が、起きられない日もあるでしょうから、平らかにはいかぬでしょう。でも、しばらくこのルーティンでやってみましょう。一日に集中して100挽くより体はうんと楽です。

学校に通っている時分、毎日こつこつ学習をすることができませんでした。試験前にうわーっと詰め込んでどうにか点を稼ぎ、間に合わせるやっつけ仕事ばかり。そんなインチキ人生をあるって来た人間には良い修行です。

一つ一つ、心を込めて挽きましょう。

関連記事 2016年1月26日 轆 轤

posted by かまなりや at 18:29| 焼きもの

2016年02月10日

 せんまい




久しぶりに京都の千枚漬けにありつきました、う〜ん美味しい!

聖護院大根の旨味、薄切りの食感、昆布のとろみ、何とも美味いものです。

今朝は朝ごはんの美味しさが、2割3割5割増し!

posted by かまなりや at 18:38| 梅干し・漬物・保存食

2016年02月09日

 おやかた




作品の削り仕事を倅に教えて手伝わせていますが、若い者のこと、ちいと目を離すとスマホなどをいじくっていますので、親方の似顔絵を貼ったひょうちゃん(横浜名物崎陽軒のシウマイに入っている醤油入れ)を置いて監視役にあてました。

ひょうちゃんのかわいさを損なわない程度に睨みを効かせましたので、これでサボる気にはならぬでしょう。

頼んだぜ、分身親方!

posted by かまなりや at 18:08| 焼きもの

2016年02月07日

 あおぞら




午前中のきれいな青空です。ほやほやとこれまたきれいな雲がたなびいて、しばらく眺めていたら目の疲れが取れました。

こんなきれいな空にミサイルをぶっ放すなんて、罰当たりなことをするもんですなぁ・・・

戦争反対!

posted by かまなりや at 17:24| 核は要らない

2016年02月05日

 保育士




今日は、港北区新羽の保育園で教室を開かせていただきました。年長5歳児さんのクラスでも、そろそろインフルエンザが流行しているらしく、お休みの子が数名居ましたが元気に登園している皆さんと楽しく土粘土で作りました。

こちらの保育園さんは男性の保育士さんがとても多くいらっしゃいます。一昔前からは想像もつかない保育現場です。恥ずかしながら若かりし頃保育士(その当時は保母・保父といっていた)の勉強をしたことがあり、国家試験を受験しに行ってもかなりの少数派でしたが、保育の現場での男性の役割の必要は叫ばれていました。今、こうして男性保育士さんたちが活躍する現場に居合わせると、ああ、保育の現場は確実に進歩しているのだなぁと思う反面、自分には本当にできただろうかと疑問ばかりがよぎります。結局違う道を進んできましたが、保育園での教室はとても楽しく、これからも続けていきたいものだと思います。

現場ではまだまだ男性の保育士さんはたいへんだろうと思います。ぜひとも頑張っていただきたいものです。がんばれ、男性保育士!君たちこそ保育現場の必須アミノ酸だー。

posted by かまなりや at 18:39| 焼きもの

2016年02月04日

 にがつ




二月になると、ああ、日足が伸びたなぁと実感します。特に夕方の日の入りは一足ずつ遅くなって、地球の公転が春分点に近づきつつあることを喜ばしく思います。

桜の蕾はまだカッチカチですが、木もやがて起きだしてくることでしょう。

はーるぅよー♪ とおきはるよー♪ (松任谷由美)

posted by かまなりや at 18:08| 時候・紀行・鑑賞

2016年02月03日

 はくさい




ご近所の白菜漬け名人フジワラさんからいただいた白菜漬けです。これが頗る美味いのです。塩加減、漬け具合、非の打ち所がありません!頂戴すると踊りだしたくなる、舞茸のような漬物です。

今日はこれを肴に新潟は 『麒麟』 の濁り酒で晩酌です。麒麟山はここいらでも流通していますが麒麟は中々手に入らぬお酒。たまさかのいただき物ですが、心して味わいましょう。

明日は立春、また一つ歳をとりますなあ。

posted by かまなりや at 18:55| 梅干し・漬物・保存食

2016年02月02日

 ぬかやすみ




この冷え込みで糠床の乳酸菌たちはすっかり活性が落ち、寝てしまった模様。四、五日も埋めれば漬からないことはないのですが、この時季はいつも休ませてしまいます。今日は去年の秋の糠と塩をたっぷり足して混ぜました。これでさらに活性は下がり、一週間ほどはかき混ぜなくても良いでしょう。

あったかくなったらまた、起こしてやりましょう。それまで菌類の皆様、ゆっくりおやすみなさい。

posted by かまなりや at 17:16| 梅干し・漬物・保存食

2016年02月01日

 こまがた




東京駒形の、ギャルリ ニュアージュさんへ鯨井円美さんの個展を観に行って来ました。クジライさんは、江戸川の施設で一緒に陶芸指導をしている同僚です。お知り合いになってまだ日が浅いのでどのような作品を作っていらっしゃるのか楽しみに出かけました。茨城、笠間の土を使った作品はピリリとした正確なろくろで挽かれ、カッチリとしたデザインのクラフト風。デッサンがしっかりしている上に技術の確かさが相まって、無駄のない端正な形が生まれているという印象でした。画像は気に入って買ったカップ。小振りなカップですが、ほんのり青みがかった失透系の釉薬が落ち着いた使いやすいカップです、大事に使いましょう。

せっかく駒形へ出向いたのだから、吾妻橋の藪で昼でもと思いましたが月曜定休で断念・・・じゃぁ並木へ行くかと足を向けかけましたが、遠くからでも店外の行列がうかがえてこれまた断念。ギャラリー裏手の 『麺駒』 というラーメン店でタンメン(650円)を食べました。こじんまりした店ながら、しっかりした仕事の良店で、美味しかったです。こういう飛び込みが当たると嬉しいものですねぇ。

さて、2月。明後日は節分、春は近いですな。

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの