2016年02月05日

 保育士




今日は、港北区新羽の保育園で教室を開かせていただきました。年長5歳児さんのクラスでも、そろそろインフルエンザが流行しているらしく、お休みの子が数名居ましたが元気に登園している皆さんと楽しく土粘土で作りました。

こちらの保育園さんは男性の保育士さんがとても多くいらっしゃいます。一昔前からは想像もつかない保育現場です。恥ずかしながら若かりし頃保育士(その当時は保母・保父といっていた)の勉強をしたことがあり、国家試験を受験しに行ってもかなりの少数派でしたが、保育の現場での男性の役割の必要は叫ばれていました。今、こうして男性保育士さんたちが活躍する現場に居合わせると、ああ、保育の現場は確実に進歩しているのだなぁと思う反面、自分には本当にできただろうかと疑問ばかりがよぎります。結局違う道を進んできましたが、保育園での教室はとても楽しく、これからも続けていきたいものだと思います。

現場ではまだまだ男性の保育士さんはたいへんだろうと思います。ぜひとも頑張っていただきたいものです。がんばれ、男性保育士!君たちこそ保育現場の必須アミノ酸だー。

posted by かまなりや at 18:39| 焼きもの