2016年10月17日

 か き




『柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺』 は、子規の句ですが、うっかりすると芭蕉の句だと思っている人を案外多く見受けます。古池や・・・と勘違いをしてしまっているのでもありましょう。

今年は裏庭の柿がたくさん生りました。小さいながらも良い味で、木を植えたご先祖に感謝をしつつ有り難くいただいています。8ヶ月間に渡った記念品製作が一段落したら、何だか安心して気が抜けてしまい、燃え尽き症候群になったらしく心身に力が入りません。何かにつけて躓いたりふらついたりと平衡感覚に支障を来たしている模様。重篤な症状ではないにしても、うっかり転んで骨でも折れば好い面の皮、重々気を付けましょう。

秋の味覚で心身を立て直すとしましょう。

posted by かまなりや at 17:30| 時事・私事・家事