2017年04月11日

 えろちゃり


前の記事でも触れましたが自転車を買いました、折りたたみ式16インチです。物々交換系のサイトで発見し、一目惚れしてメールでお願いし、めでたく交渉が成立しました。中古ですが、前のオーナーさんがとても丁寧に使っていたので機能的には申し分なく、いっそほどよく使い込んだ車体には良い感じに時代がついており、アンティーク感も抜群です。家人もこれはイイとめずらしく気に入ってくれました。(普段は私のチョイスするものは頗る評判が悪い・・・)




サイトに散見される情報を集約すると、2000年代初頭にデザインされ、国産折りたたみ自転車の嚆矢と言えるものだとか。設計したのは 『エロティックデザインワークス』 というデザイナー集団、渋谷を拠点に幅広いデザインを手がけていた模様です。ひと目、実用的で且つカッコイイ感じに仕上がっていますし、何より 『カワイイ』 この形容詞は今や世界的に通用するようですが、この時代にこのニュアンスを盛り込んでいたのには先見の明を感じます。商品名はその名も 『ERO-chari』 名前も洒落ています。

さて、もう自分の名義なので、あまり誉めそやすのは自画自賛になってしまいますので慎みましょう。まずは、久しぶりの運転なので練習をせねばなりますまい。鶴見川沿いのサイクリングコースにでも持ち出して、一人キコキコ乗りましょう、うまく乗れるかな・・・

posted by かまなりや at 00:00| 自動車・乗り物