2017年06月21日

 かんげん




昨日、『あめあめふれふれ』 などと書いたらば、天に通じて雨が降りました。が、降りすぎるほど降っちゃいました。おまけに風まで吹き荒れて、大荒れのお天気の中 『本焼き』 の、還元焼成をしております。うちの窯はダンパー調整で還元雰囲気を作るのですが、風が吹くたびに煙突から風が吹き返すらしくダンパーを閉める前から色見の穴から火が戻って、窯内の確認のたびにあちちあちちと顔を背ける始末。田畑には嬉しい雨ですが、焼き物屋にこの風は難儀です。窯はあと3時間ほどの予定、終盤の大事なところにさしかかりますのでもうそろそろ風は治まってほしいところです。

陽の長〜い夏至の一日、ずいぶん荒々しい自然の姿を見る破目になりました。

posted by かまなりや at 17:55| 焼きもの