2017年10月05日

 ほうたく




女将のご下命で、四角い机を造作しました。長方であった机の天板を真っ二つに切って、横に並べて接ぎ(といっても裏側に鉄製アングル3本で強引にビス止めをしただけ)足(通販で買った既製品)をつけ、縁を板で巻くという簡単木工です。出来上がったものを繁々と見れば、何だか四角くて麻雀卓のようですねぇ。私は麻雀は打たないので詳しくはないのですが、打つ方によれば麻雀卓には大きめだとのこと。因みに寸法は100×90と、厳密には正方ではなく長方です。

さてこの秋はこの、円卓ならぬ方卓を囲んで旬の味覚に舌鼓を打つとしましょう。

posted by かまなりや at 18:07| 修理・営繕・庭仕事