2017年12月04日

 メンテナンス


陶房かまなりやの営業車スバルサンバーが車検から戻ってきました。今回は前々から懸案だったプラグの交換やエアコンコンプレッサーの交換修理等が重なって時間も費用も嵩みましたが、不安を抱えて運転しているのも嫌ですから一安心です。


画像右側の新しい部品(とは言えリビルト品)がエアコンのコンプレッサー、この夏はどうもエアコンの効きが悪かったのですがこれで来年の夏は快適でしょう。


サンバーのクローバーエンジンは軽ながらも4気筒です。あまつさえウチの営業車はスーパーチャージャーという過給機付き、軽自動車にそんなもん要るんかいなという気もしますが、エンジン音と共にヒュゥーっという小気味の良い音がしてちいとイイ気分ではあります。

サンバーという車種は自社での生産を止め、他社のOEM所謂委託ブランドでの販売となってしまいました。現行サンバーは言ってしまえば、名ばかりの車です。(現行の他社OEMも良い軽自動車であることは勿論のことですが。)スバルサンバーの特徴は4気筒リアエンジンリア駆動(RR)ですので、現行の3気筒FRはサンバーという名を冠するには少々の無理を感じざるを得ませんねぇ。

我が社(いつ会社なったんだ!?)の営業車もいつまで走り続けることができるかは不明です(只今117000km)が、当面15万キロを目標にがんばりましょう。

たのむぜ、相棒。

関連記事 2017年11月20日 束 子

posted by かまなりや at 18:54| 自動車・乗り物