2018年01月08日

 ましこから




楽しい新年会を終えて、益子から帰ってきました。祝日(成人の日)の今日の道路は一切渋滞が無く、驚くほどスムーズに都心を首都高で通り抜け帰着しました。

造形作家のKINTAさんとは、かれこれ30年を超えるお付き合いになります。修行地であった茨城県岩間町で知遇を得、造ることを通して、生きることまでを自らの実践で示していただいているように感じています。ご本人に教えているというような押し付け感はなく、こちらが勝手に吸収させていただいているのですが、惜しみなくその哲学をさらりと実製作で開陳してくださるので、そのおおらかさに唸りながら学ばせていただいています。今日は、新しくできた『ましこ道の駅』まで道案内をいただき、夫婦でご一緒に記念写真を撮って、とても良い記念になりました。(何もごみ箱の前で撮らなくても良いと思うでしょう?実はこれ、KINTAさんの作品なんです。)

良い師と出会うことは、何よりの幸運であると、しみじみ思います。
(画像は師匠よりちょっとえらそうですねぇ・・・スンマセン)

ちょっと古めですけど、KINTAさんを紹介した記事サイト 100%LIFE

posted by かまなりや at 19:44| 時事・私事・家事