2018年01月14日

 か ん




寒の時期に入り、連日朝から冷え込んで霜柱はざくざくと立ち、外に置いている釉薬のバケツには厚い氷が張ります。そんな寒い中でも河津桜は花を開き、ロウバイも黄色い花をつけて甘やかな香りを漂わせています。考えようによっては、カビは生えないし、虫の煩わしさもない、清浄な時季ともいえましょう。裏返せば糠床も活性が無く、じぇんじぇん漬かりませんけどね。

今日も熱い燗酒でも煽って、あったけぇ布団にくるまって早寝しましょうか。

posted by かまなりや at 18:03| 時候・紀行・鑑賞