2018年02月28日

 ほうこう2




今月もご依頼をいただいていた献血に、はりきって行って参りました。年度末の常で国道16号線は工事渋滞しており仕方なく渋滞箇所を回避、だいぶ遠回りして横浜東口へ向かいましたが予約時間に間に合いそうも無いので途中から電話で連絡し、予定より25分遅れで東口クロスポート献血ルームに到着。そこはそれ『ご依頼』扱いですから、赤十字の職員さんたちはそれはそれは丁寧で優先的に受付をしてくださいました。事前の検査採血も採血室への案内も待っている方をすっ飛ばして手際よく案内され、待っている方々に頭を下げつつ採血室に這入って13番の採血機(今日はトリマではなくCCS)に座れば、看護師さんの穿刺もスムーズに4サイクルの血小板献血をストレスなく終えて帰ってきました。

が・・・また貰ってしまいました、使うことは無いであろう芳香剤。先月のものとあわせてこれで二つ、私のデスクの端でかわいいクマちゃんが微笑んでおります。ひょっとして来月もご依頼が舞い込んだら、この芳香剤も更に増えるのでありましょうか?

あぼーん(゚▽゚*)

関連記事 こんげつもごいらい
     ほうこう

posted by かまなりや at 16:33| 養生話・献血・湯屋

2018年02月25日

 うぉー どぉー




LS北見の皆々様の活躍には感動しました。3位が決定したときには、チームの一員のように泣きました。辛抱強く的確なストーンの配置、笑顔を絶やさない試合運び、試合を決定付けたのは英国スキップ選手の失投ですが、それを引き出して勝機を掴んだのはそれまでの一手一手が確実に効いていたからなのは英国チームが一番感じたことでしょう。見事な銅メダルでした。カーリングは試合が終わる瞬間がとても清清しく感じます。勝っても負けてもまず握手を求め、その後に喜びや悲しみを噛み締める、礼に始まり礼に終わる日本の武道に通じたものを感じます。

さて、2日続けて真夜中まで起きて観戦していたのですっかり生活のペースが乱れて疲れが増してしまいました。こんな歴史的な瞬間に立ち会えたのですから、文句を言う筋合いではありませんが、疲労は3倍付けになっちゃいました。今日は閉会式ですが、見ずに早寝をします。

では皆様、おやすみなんし。

(画像はやっとほころんだ芋乃市場の梅の花)

posted by かまなりや at 19:03| 時事・私事・家事

2018年02月24日

 ぴょんちゃん




昨夜は、ししゃもの気合もそのままにカーリング女子の準決勝を応援しましたが、実に残念な敗戦でした。僅差での惜敗は悔やまれるところですが、如何せん相手チームのショットの正確さには参ったの一言です。日本選手も持ち前の粘りで延長に持ち込みましたが、延長戦後攻の韓国チーム、スキップのラストショットは思わず唸るような一投でした。将棋で云えば完全に詰まされた一手でした。あれではもう、負けましたというほかありません。然しながら、実に見応えのあるゲームで熱戦でした。負けたことは悔しいと言うほかありませんが、とても良い試合でした。

さあ、今夜は3位決定の英国戦。今夜も良い試合を期待しつつ、サバの水煮サラダで気合を入れて(またもや自分の気合に疑問を抱きつつも)しっかり応援しましょう。

がんばれニッポン! がんばれLS北見!

posted by かまなりや at 18:48| お知らせ・ご挨拶

2018年02月22日

 競技者Mの献身




韓国で開催されている冬のオリンピックを楽しく(テレビが無いので専らラジオで)聞いています。今大会は多くの日本人選手がメダルを獲得して大いに盛り上がっており、特にスケートの人たちの活躍には目を瞠るものがあります。

数多ある競技の中で、個人的にはやはり、女子カーリングの『LS北見』の皆さんの活躍から目が離せません。選手は小柄な方が多いのに世界の強豪国と対等にプレーをし、頭脳と技術を駆使して予選を突破した姿には大いに感動しました。聞けばこのチームはトリノ五輪カーリングに出場した本橋麻里選手が発起し選手を集め、鍛え上げてきたとか。今大会で本橋さんはリザーブ選手として裏方に徹し、選手がいかに良い状態で氷の上に立てるかをサポートしているそうです。トリノ大会でおどけて見せた雰囲気は微塵も無く、コーチボックスで鋭い視線を投げる彼女からは今大会に賭ける強い思いが感じられます。

決勝トーナメントで選手の皆さんには、硬くならずに伸び伸びとプレーして欲しいと思います。そして良いゲームを作って悔いの無い試合をし、願わくば3番以内に入って皆で(特に本橋さんに)メダルを獲得して欲しいです。そんな願いを込めて、今日は『ししゃも』を食べて気合を入れました。(私が気合を入れてどうにかなるものでもないのですが・・・)

兎に角、がんばれニッポン!がんばれLS北見!

posted by かまなりや at 19:06| 時事・私事・家事

2018年02月21日

 てちょう




私の手帳は、4月始まり版です。今月初めに売り出され、購入したもののまだスケジュールは書き込まれていません。そろそろ来年度の日程の調整をして、きちんと書き込んでおかないといけない時期になります。今年度は少し無理筋の日程を組んでしまいましたので、来年度はその反省を生かしきちんと休暇を設定して働くとしましょう。

posted by かまなりや at 20:11| 時事・私事・家事

2018年02月19日

 霜 焼




今冬は寒さが一段と厳しかったせいか足の指が『しもやけ』になってしまいました。それでなくても冷え性なので車の運転は暖房を足元に集中させているのですが、暖かくなってくるとムズムズと掻痒感に襲われます。

画像は先月22日の雪の日にふざけて撮ったものですが、こういうことをやってるから、しもやけなどになっちゃうんでしょうねぇ・・・ 反省。

まあでも着実に、春は、近付いて居ります。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年02月18日

 冬の終り




じ〜んわりと季節が動きます。関東横浜新井町でも、福寿草が咲きました。季節の変わり目、年度末、色々なことが変わる時期にさしかかりますが、落ち着いて順応したいと思います。

風も、春のものに変わっていくのでしょう。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年02月16日

 ひかるだんご




ひと月に七ヶ所の保育園を廻る『出張教室行脚』も無事に一段落しました。至らぬ講師で、各保育園の保育士さんたちにはご面倒をかけ通しでしたが、にこやかな保育士さんたちの心配りと園児さんたちの元気に励まされ楽しく教室を務めることができました、本当にお世話になりました。

今年度は新川崎の保育園さんで『光るつちだんご』作りを初めて実践させていただきました。巷では完全に球形のカラフルな土団子キットなどが市販されていますが、いびつながらも自分の手で拵えたお団子をガラスの小瓶で丁寧に磨いてもらいました。画像は4歳のお子さんの作品、とても感じのいい団子に仕上がりました。これは、焼かずにこのまま乾かして完成です。たぶん、飾り物にする以外これといった使い道は無いと思うのですが、自分で丸めて大事に磨いたおだんごがお子さんにとって愛着のある言わば『宝物』になってくれればいいなと思います。

こちらの保育園のベテラン保育士さんから、『3歳なら3歳の時点で経験しておくと良い事というのがあって、それがあるから4歳になれるんですよ。』と、教えていただきました。なるほど、日に日に成長するお子さんにとっては一瞬一瞬が大切なのだろうなぁと納得しつつ、この土団子作りも4歳さんにとって自分の心をも磨く貴重な経験になってくれていれば良いなぁと思いました。

さて、早くも来年度のご依頼をいただいており有り難い限りですが、まずは今年度の教室が順調に一区切りしたことを喜びつつ(素焼きは終わりましたが本焼きはこれからですのでまだ完全に終わってはいないのですが・・・)各保育園の関係者の皆々様には心中よりお礼を申し上げます。

屏風ヶ浦保育園様
屏風ゆめの森保育園様
みなみひの保育園様
新川崎みらいのそら保育園様
オハナ新羽保育園様
オハナ上永谷保育園様
オハナ鶴ヶ峰保育園様

誠にありがとうございました。来年度も、何卒よろしくお願い申し上げます。

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2018年02月15日

 おりかえし




逃げる二月は、あれよと半月が過ぎました。聖チョコ祭となったバレンタインデイも、最早関わり無いものと思っていたらば奇特な生徒さんが銘焼酎を散りばめた素敵な詰め合わせをプレゼントしてくださいました。家人が喜んで食べているのをすこーし齧らせてもらいましたが中の焼酎がゼリー状に加工してあり、それはそれは美味に拵えてある逸品でした。『これは良い物よ』などと頷きながら菓子を頬張る女房を見ながら『君からは無いのかね?』などとは恐ろしくて聞けず、『それは良かったねぇ』などと相槌を打ちつつ、下さった生徒さんに感謝の意を新たにいたしました。

明日は新月。海の向こうのチャイナでは春節になります、横浜の中華街も賑やかになることでしょう。季節はじわじわと移ってゆきますなぁ。

posted by かまなりや at 17:03| 時事・私事・家事

2018年02月14日

 へいせい




買い物をしたお釣りの500円硬貨がやけにピカピカしているので良く見てみたら、平成30年の新貨幣でした。何となく有り難かったので画像化してよおく見てみると、真新しい五百円は良くできていて、日本の造幣技術は素晴らしいなぁと改めて感心してしまいました。

昭和57年(1982)に登場して、平成11年(2000)にマイナーチェンジをしつつ30年間『平成』の世の中を見つめてきた500円硬貨の元号も来年には新元号の刻印に変わるのでしょう。同じ2000年に発行された二千円札と違ってすっかりおなじみの硬貨になったのには、半分という考え方が好きな日本人の気質にマッチしたことと、巧みな偽造防止技術を駆使したデザインにあるのでしょうな。

よーく見ると、両面に『NIPPON』という小さな隠し文字が刻印されているんですよぉ、(因みに『N』はここ、とてものことに肉眼では見えません)お暇な方は、探してみてください。

posted by かまなりや at 18:18| 時事・私事・家事

2018年02月12日

 ひとやすみ




ちらちらと咲き始めていた河津桜が、先日の雪とその後の寒波ですっかり霜げて、咲きかけの花は萎れ蕾は硬く閉じて、何だかしょんぼりとしてしまいました。一休みといった印象です。

斯く云う私も、やっと、丸一日完全な休日が作れました。今日は祝日でもあり、人並みに休暇しています。思えば1月の連休明けから凡そ5週間完全休日は0日、我ながら良く働いたものです。

今日は仕事に関する思考・感情は完全に停止し、生命の維持以外の生産的行動を一切せず、惰眠を貪りながらデクノボーな一日を楽しむとしましょう。

河津桜になったような心境です。

続きを読む
posted by かまなりや at 11:37| 養生話・献血・湯屋

2018年02月10日

 肉 饅




ずいぶん久方ぶりに『にくまん』を食べました。夕方に小腹が空くと、おにぎり(お気に入りは和風ツナマヨネーズ)を食べることが多いのではありますが、今日は暖かい物が食べたくてホカホカの中華饅頭を選びました。久しぶりの肉まんは暖かくてふわふわでことのほか美味しく感じました。

肉饅頭は、人の頭を象ったという説がありますが、なるほど中の餡は脳味噌のようでもあり、中々に乙な食物です。次はカレーまんやピザまんも食べてみましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 水・酒・食材

2018年02月08日

 ふ き



出てました!フキノトウ。秋田蕗の花芽ですからいやでかいことでかいこと。


私は手が大きなほうですので、この画像でその大きさも測っていただけると思います。

蕗味噌がたくさんできそうです。

posted by かまなりや at 19:01| 時候・紀行・鑑賞

2018年02月07日

 こんげつもごいらい




ヽ(´∀`*)ノキター と、ちょっと時代遅れになりつつある掲示板的顔文字で表現したくなるほど嬉しいHLA適合の献血依頼書簡が、今月も舞い込みました。相も変わらず過密なスケジュールなのではありますが、ご依頼とあっては是非も無し、献血管理課の担当さんとの摺り合せも済んで目出度く28日午前中の予約が取れました。

平成30年の献血は滑り出し好調です。さあ、今月も投薬などのお世話になるわけにはいきません。元より、健康管理は自営業者にとっては当然の前提ですので、嗽、手洗い、睡眠時間の確保、おさおさ怠り無く28日には健やかな心身でいつもの東口ルームへ赴きましょう。

どすこい!

posted by かまなりや at 18:44| 養生話・献血・湯屋

2018年02月06日

 尺取改




化粧を加味して、より木のイメージを強くした尺取カップの改良版が焼きあがりました。横向きの轆轤目に対して縦方向の化粧土(ワラ刷毛を使ってサラッと装飾)が上へ伸びる木の感じを醸すという趣向なのですがはて、作者が描くイメージが手に取る方とどれほど同調するかは心もとないところではあります。

東京生まれ横浜育ち所謂街育ちの私は、茨城での修行中に山の仕事を経験する機会に恵まれました。木のこと、土のこと、水のこと、鳥のこと、などなど山仕事の親方からとても貴重な知識と体験を仕事を通して学びました。それまでは『足裏に土踏む力の無い』奴だと云われていましたが、この体験を通して少しは足裏に地面を捉える気持ちが生まれたように思います。(それまでは、そういった意識すらなかったのです)

山や川のある地方で生まれ育った人たちには、生来そういった地力が備わっているのが羨ましい限りですが、持って生まれなかったことや育った環境を恨んでも始まりません。後付けの感性であろうと、それはそれなりの柔和な力は微弱ながらも揮発することでしょうから、それに同調してくださる街生まれの方にでも好んでいただけるなら存在の価値は零ではありますまい。と、自作を相対化することで己の力足らずを正当化してしまいましょう。

はい、ごちゃごちゃと失礼いたしましたー。

関連記事 2018年1月18日 けしょう

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2018年02月05日

 ひとだんらく




年明け9日からの繁忙に一段落がつきました。自分でスケジュールを組んでおきながら、やれ忙しいの疲れたのと言っていることがそもそも本末転倒しているのではありますが、兎にも角にも体調を保ちつつやり遂げたことに、ホッとしています。まだまだ年度内は風邪を引く暇も無いほどなのではありますが、このひと月を乗り切ったことを良しとしましょう。

そんな良い気分ですから、庭の花を眺めたりする心の余裕も生まれて、ロウバイの甘い香りもいつにも増して心に沁みました。さあ、明日からもまた、がんばってまいりましょー。

関連記事 2018年1月4日 はじめ

posted by かまなりや at 18:41| 時事・私事・家事

2018年02月04日

 コイン式




昨日のこと、コイン駐車場で支払いを済ませて車に戻ったら何と!ロックバーが下がっていません。あっと思って左隣の駐車スペースを見てみたら、行儀よくロック版が下がっていました・・・考える間もなく駐車位置番号を間違えて他人様の駐車代金を支払ってしまった(それもカードで)ことに気が付きました。その後しばらく呆然と自分の過失に煩悶しましたが、致し方なく自車の分をもう一度払って出庫しました。伝票を確認すると、その間たったの1分。

金額は小額ではありますが、あまりの情けなさにしくしく泣きながら運転して帰ってきました。一応明日にでも駐車場の運営元へ電話して、払い戻しが効くかどうか問い合わせてみましょう。

だめだんべぇなぁ・・・

posted by かまなりや at 18:26| 自動車・乗り物

2018年02月03日

 やきもち



29日に、ようやっと鏡開いた正月のおあ供え餅を水に浸して保存してあったものが、程よく水を吸って食べ頃になったので、焼いていただきました。切り餅ならば七輪の炭火で焼きたいところですが、水餅はフライパンに油を強いて焼くのが乙です。



お好み焼きのようにべったりしんなりと焼いて、納豆を乗せていただけば、それは旨いB級グルメになります。ほどよい油っこさに醤油の香りがとても相性良く、納豆の旨味とからんで最高です。焼いたような、揚げたような、中庸した旨味はこの時季の御馳走です。

さて、明日は立春です。寒中が終わり、じわじわと季節の変化を感じる頃になります。まだまだ寒いですが地球は1日1日自転しながらしっかりと公転し、春分点へ近づいています。

フキノトウも、ぼちぼち顔を出すでしょう。

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食