2018年02月16日

 ひかるだんご




ひと月に七ヶ所の保育園を廻る『出張教室行脚』も無事に一段落しました。至らぬ講師で、各保育園の保育士さんたちにはご面倒をかけ通しでしたが、にこやかな保育士さんたちの心配りと園児さんたちの元気に励まされ楽しく教室を務めることができました、本当にお世話になりました。

今年度は新川崎の保育園さんで『光るつちだんご』作りを初めて実践させていただきました。巷では完全に球形のカラフルな土団子キットなどが市販されていますが、いびつながらも自分の手で拵えたお団子をガラスの小瓶で丁寧に磨いてもらいました。画像は4歳のお子さんの作品、とても感じのいい団子に仕上がりました。これは、焼かずにこのまま乾かして完成です。たぶん、飾り物にする以外これといった使い道は無いと思うのですが、自分で丸めて大事に磨いたおだんごがお子さんにとって愛着のある言わば『宝物』になってくれればいいなと思います。

こちらの保育園のベテラン保育士さんから、『3歳なら3歳の時点で経験しておくと良い事というのがあって、それがあるから4歳になれるんですよ。』と、教えていただきました。なるほど、日に日に成長するお子さんにとっては一瞬一瞬が大切なのだろうなぁと納得しつつ、この土団子作りも4歳さんにとって自分の心をも磨く貴重な経験になってくれていれば良いなぁと思いました。

さて、早くも来年度のご依頼をいただいており有り難い限りですが、まずは今年度の教室が順調に一区切りしたことを喜びつつ(素焼きは終わりましたが本焼きはこれからですのでまだ完全に終わってはいないのですが・・・)各保育園の関係者の皆々様には心中よりお礼を申し上げます。

屏風ヶ浦保育園様
屏風ゆめの森保育園様
みなみひの保育園様
新川崎みらいのそら保育園様
オハナ新羽保育園様
オハナ上永谷保育園様
オハナ鶴ヶ峰保育園様

誠にありがとうございました。来年度も、何卒よろしくお願い申し上げます。

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの