2018年05月31日

 からいも




辛いものは苦手ですが、甘いものよりはまだいくらか食べられます。頻繁に食べることの無い辛芋スナック『カラムーチョ』は、受忍限度ぎりぎりといったところ。でもこれ、ワインにとても良く合うので、たまーにポリポリ食べて赤ワインを嗜みます。

発売当時のパッケージには、ヒーヒーおばあちゃんこと森田フミさんが吹き出しで『こんなに辛くてインカ帝国』という駄洒落が印字されているのが印象的でした。

ちょっと、懐かしいなぁ。

posted by かまなりや at 19:04| 時事・私事・家事

2018年05月30日

 マルちゃんマグ



ヤフオクで見つけ、ついつい買ってしまいました『マルちゃんのマグカップ』大好きなキャラクターマルちゃんの1962年当時の姿が意識されたデザインですが、三面に上絵付けされたこちらはメーカーのCIロゴ Smiles for All.


持ち手を右にした面は『いただきます』


くるりと回して持ち手を左にした面は『ごちそうさま』

実に小粋な趣向になっていて、眺めて使って楽しい逸品になっています。最近アールグレイ紅茶のミルクティーがとても気に入っていて大振りのカップで午後のおやつにお煎餅をかじりながら飲んでます。このカップも大振りですので、紅茶を淹れて牛乳をたっぷり入れて飲みましょう。

焼き物屋の癖に面白いものがあると買っているので女房には呆れられています。特に麺メーカーのキャラクターには弱いのでまた何か見つければ買っちゃうかな〜、とりあえず割れてしまった時に備えて、もう一つ同じ物を入札しておきましょう。

posted by かまなりや at 18:00| 焼きもの

2018年05月28日

 こうめず




先週23日に漬け込んだ小梅はすっかりと塩がなじみ梅酢が上がりました。塩漬けは大きめの樽で広々と漬けましたが、小さめの樽に移し変えて天地返しをし、丈夫なビニール袋に水を入れた水重石をかけて漬け込み完了です。さあ、あとはふた月ほどこのまま漬け込んでおき、カビが出ないように注意しながら、暑い夏が来るのを待ちましょう。

とりあえず、終了〜と。

関連記事 2018年5月23日 こうめづけ

posted by かまなりや at 18:01| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月27日

 みこみ




お茶道の拝見の作法で茶碗の内側を『見込み』と言いますが、これは覗き込む仕草からそう呼ばれるのだという説があります。私はてっきり削って仕上げる外側の形を見越して内側の印象を優先して轆轤挽きするからだろうと思っていました。まあ、どっちでもいいことなのではありますが、器の見込みの印象というものは眺めていて楽しいものです。特にぐい呑みは、お酒の向こうに見える轆轤目や釉調が良い景色であればあるほどおいしいです。

先日島田市の志戸呂焼利陶窯さんで買ってきたこのぐい呑みは、右回しで挽いた逆さのの字のろくろ目がすっきりと浮かび、意図的に変化をつけたであろう口の歪みが心憎いばかりです。難を云えば高台が普通すぎて少々野暮ったいのですが、まあそこはそれ遠州好みということで了見しましょう。

器の表情は、実に趣き深いものですな〜。

関連記事 2018年5月13日 しどろぐいのみ

posted by かまなりや at 18:45| 焼きもの

2018年05月26日

 百靴展




靴作家曽田耕さんの個展『100SHOES』が、今日から駒形の自宅工房で開催されています。会期中伺えないので、昨日の晩江戸川からの帰りに寄らせてもらい、見せてもらってきました。iPadで自分撮りしたら、曽田さん大笑い。

ほぼ2年おきに開催されている作家自主企画展、今回は145足の靴を製作されたそうです。展示棚にはそれらがずらり、棚も工房内装もすべて作家さん自らのDIYですので隅々まで気持ちが届いていて遊び心たっぷり。こちらのアルバムサイトに大きな画像を6枚だけですが揚げてあります。アルバム閲覧PW(合い言葉)はこの記事のタイトル、覗いてみてください。

今回はお袋様との共著で本も上梓、一冊買い求めて著者のお二人と挿し絵を担当した息子さんのリン君(画像の左端、切れちゃってごめんなさい。アルバムサイトには横顔の画像有り)お三人のサインをお願いしてきました。会期は今日明日明後日の3日間と短めですが、ギャラリーではない作家工房での素の企画は作家さんの素顔に触れることができる貴重な機会だと思います。

詳しくは曽田耕さんのホームページ「これから/今まで」をご覧ください。

posted by かまなりや at 18:01| お知らせ・ご挨拶

2018年05月24日

 ひもつき




先日、迂闊にも給油後フタを閉め忘れてガソリンスタンドに忘れてきてしまった蓋(フューエルリッドと云うらしい)は、無事に引き取りに行ってきました。が、結局は紐付きのフューエルリッドカバー部品をヤフオクで探し出し、購入しました。ネジを2個外し、新しい部品を取り付ける手間は時間にして3分もかからなかったでしょう、あっという間に部品交換は終了しました。

さあ、これでキャップの置き忘れは有り得ません。ただ、閉め忘れはあるかもしれませんねぇ、ま、せいぜい気をつけることにしましょう。

関連記事 2018年5月20日 ふ た

posted by かまなりや at 19:01| 自動車・乗り物

2018年05月23日

 こうめづけ



今年の生小梅が届き、塩漬けにしました。昨年、ちょっとした手違いで小梅干しが作れなかったので、今年はまとめて15kg買いました。


ひとつひとつ、ヘタの黒い部分をとって(今年はすべて女将がとってくれました)焼酎を軽くまぶし、塩を振りながら樽詰めをして、梅酢が上がったら水重石をかけて漬け込みます。そうしたらあとは夏土用を待つばかり、今年の夏土用の入りは7月20の丑の日、梅雨が明けたら干しましょう。


販売開始は9月〜10月の予定です。

posted by かまなりや at 18:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月21日

 か ま




おぎのや』さんの『峠の釜めし』の容器に紙製のものが導入されたということをラジオで耳にし、すわ益子焼の陶器製はなくなってしまうのか?つかもとさん釜を焼くのやめちゃうのか?と少々混乱をきたしましたが、良く調べてみると一部の直営店で紙容器を使用するだけで従来の益子焼の釜が無くなるのではないことを確認し、ホッと胸をなでおろしました。やはり陶器にかかわる身にはこの容器は陶器製であって欲しいです。

然しながら容器としての利便性を鑑みれば軽くて丈夫で環境にもやさしい紙の容器(デザインもすっきりしているではありませんか!)も時代の要求であろうかと思います。いずれ段々と重くてかさばる陶器製は淘汰されてしまうかも知れませんねぇ・・・実際、空いた容器の使い道は少ないですもんねぇ・・・因みに我が家では、せんねん灸の燃えがら入れになっています。

まあ、いますぐどうにかということでもないでしょうから、じっくりとその移り変わりを観察しながら益子焼の釜と一緒に歳をとって行きましょう。

posted by かまなりや at 19:24| 焼きもの

2018年05月20日

 ふ た




昨日のこと、江戸川での仕事を終えて気分良く愛車スバルサンバーでの帰路、国道15号線六郷橋(箱根駅伝一区の重要ポイント)を渡って神奈川県川崎市に入ってすぐのシェル石油(価格が安いので贔屓のGS)でガゾリンを満タンにしました。こじんまりした給油所ながら安いということもあり混んでいて、給油後次に待っている車が気になって慌てて走り出したらば有ろう事か蓋を閉めずに帰ってきてしまいました。自宅に着いてからその事に気づき、自分の迂闊さにがっくりと沈殿しました。

土曜の晩それも19時台ということもあり、道はさしたる渋滞も無く気分良く快調につうつうと走ってきましたが、助手席側の給油扉はパッカリと開きキャップは無くあんぐりとあいた給油口の穴がおバカな乗り手を笑っているようにも見え一人恥じ入りました。一応、このままでは吹きこぼれや引火の恐れもあるので食品ラップと大振りな輪ゴムで仮止めしました。(でもこれで走るのはあぶないだろうなぁ・・・)

一夜明けて気分を切り替えて件のスタンドに問い合わせをすると、「あ〜、有りましたよ〜、とっときますね〜」と店員さんは至って気さくな様子。来週の江戸川出勤にはもう一台の車(ハイエース号)で赴き給油方々引き取ってきましょう。首尾よくキャップが手元に戻ったなら、何かキャップ閉め忘れグッズ(キャップハンガーとかキャップスタンドなどという部品を散見)を購入しましょう。

やれやれ、情けないことでございます。

posted by かまなりや at 18:00| 自動車・乗り物

2018年05月19日

 かんだんさひろう?


今年も梅の木に着生したセッコクがきれいに花をつけました。



今週中ほどから体がだるく、夕方になると眠くて眠くて晩酌も程々に早寝をしていました。体も熱っぽいのでこれはどうやら風邪でもひいたかと体温を測ってみればすっかり平熱で、何だんべぇなぁと思っていたら金曜日にはひどい腹下しに見舞われ参りました。それでも寝付くほどではないので仕事に支障はありませんでしたが、普段の倍ほども草臥れた気がします。医者にこそかかりませんでしたが症状から推してどうやら軽い熱中症になった模様です。

ここ最近の気温差で体温調整がうまくいかないという自覚はありましたが、体調を崩すとは思いもよらず少々不覚を取ってしまったなぁと反省しています。水分補給に気を配り睡眠をしっかりとって復調しましたが、重症化する症例もあるということなので、まだ5月ではありますが侮っては居られぬようです。ネット上には『寒暖差疲労』などという言葉も見受けます。

地球環境の変化の原因はひとえに人類の繁殖がもたらした結果ですので、身から出た錆に他ならないのではありますが、人間も地球に湧いた自然の一部と考えればこれも地球の意思かと人類の横暴を正当化しつつ、環境の変化をしかと受け入れましょう。

季節の変わり目それも劇変の折、どうぞ皆様ご自愛のほど。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年05月16日

 パンの耳




食パンを買うと大概の場合、両端の部位所謂『耳』は切り落とされている状態で販売されています。この部分は頗る香ばしくて美味しいにもかかわらず切り落とされしまうのは勿体無い限りです。出稽古先の江戸川区の施設のハス向かいにある『リヨンコッペ館』では、そんな耳部(三枚入り)をサービスで呉れます。

実はここのお店はお惣菜パンの種類が豊富で且つ工夫が凝らされていてとても楽しめます。最近のお気に入りは『エビカツコッペ』ぷりぷりのエビをコロッケのようなフライにしてコッペパンにはさんだパンですが、たっぷりの野菜とタルタルソースがとてもバランスよく挟まれていて美味です。

江戸川に通い始めた頃(3年前)には『コンビーフポテト』というノスタルジックなコッペサンド(コンビーフのたっぷり入ったポテトサラダサンド)があって貪るように食べていましたが残念ながら最近は姿が見えません。復刻を願うばかりです。

すっかり耳から話がそれましたが、リヨンコッペ館でお買い物をされる折にはぜひレジ係さんに『耳ください』とお声がけしてみてください。耳はレジの端の目立たない所に置いてあり、『ふつう』と『ごま』の二種類があります。オススメです。

posted by かまなりや at 18:04| 水・酒・食材

2018年05月14日

 こうめ




今年も梅干用生梅の注文受付が始まり、昨年漬けることのできなかった『小梅』を15kg注文しました。実は、今年は梅も開花と結実が早く、いつもより早く注文の受付が始まりました。気づいて贔屓の梅農家のサイトを確認したら『十郎』は売り切れ!辛くも小梅は注文できましたが危ないところでした。

天候が不順で、昨年も8月は雨が多く涼しい気候でしたので梅仕事は難儀しました。今年はどのような天候になるやら予想もできませんが、兎に角まずは塩漬けにして暑くなるのを待つしか手はありますまい。梅はまだ届いていませんが、生梅が届いたら早速下ごしらえをして漬けましょう。

暦は立夏を過ぎて、いよいよ夏が近づいてきましたな。

〈画像は一昨年のものです〉

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月13日

 しどろぐいのみ




今月一日に見学させていただいた折に買い求めた『志戸呂焼のぐい呑み』が、箱も整って昨日手元に届きました。昨日は江戸川へ出ていましたので、夜の帰宅後に軽ーく冷やでいただきましたが、この器で呑みました。小ぶりで手になじみ、口当たりがとても滑らかで気持ちの良い器です。心持ち失透した釉はお酒で湿るとねっとりと艶っぽく、地味ながらとても色気のある器だなぁと感じました。

まるで挽き茶の茶碗を小さくしたような姿の一部には飴色の釉がたれて、所謂ナダレの景色を作っています。茶器ならばこちらが正面でしょう。小さいながらも遠州好みの逸品、大事に使って時代が付けばさらに味わい深い器になることでしょう。
 
また一つ、良いコレクションが増えました。うれしい、うれしい。

関連記事 2018年5月1日 しどろやき

posted by かまなりや at 18:18| 焼きもの

2018年05月10日

 あんかけ



日清焼きそばU.F.O.から出ている『あんかけ中華風焼きそば』を試してみました。何と!湯切りなし!お湯を捨てなくて良いのです。作り方は麺ひたひたに熱湯を入れ4分待ちます、その間『とろみの元』をフタ上で温め、時間が来たら粉末スープと、とろみの元を入れてよくかき混ぜて食べるというもの。

4分経って調理したものがこの画像ですが、見ての通りかなりの細麺です。とろみも心地よく、醤油の効いた中華風あんかけは味も及第。粉スープが化学調味料的組成ですが、よく混ぜるとそれほど気になりません。何より、麺は油揚げ麺ですので端的に言うと『カタヤキソバのふやけたもの』に近く、それは好ましい食感でした。軟らか好きの私は設定時間で調理してからさらに5分なじませましたが、やわやわで激旨でした。『湯切りなし』という発想に及んだ日清の開発グループに脱帽です。

日清食品さん、いい〜仕事です。

posted by かまなりや at 18:51| そば・うどん・麺類

2018年05月09日

 夏 へ




連休中の夏のような気候で、糠床が見る見る活気付いて美味しくなってきました。冬場の野菜の高騰も、春の野菜が出回り始めると春風が吹き飛ばすように沈静しました。今は大根も蕪も人参もとても美味しく漬かります。

と、喜んでいたら昨日今日の寒さは一体全体何としたことでしょう?!

いちど仕舞ったストーブを引っぱり出し、お燗酒をちびちび呑りながらこの記事を書き込んでいますが、余りの気温差の激変に私の体温調節機能は破綻して、何を着ていいのかこんがらがってしまって困っています。糠床の乳酸菌たちは大丈夫なのでしょうか?

菌類と会話ができればこういう場合の対処法を教えてもらいたいところです。

posted by かまなりや at 18:21| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月06日

 黄金終了




8日間のゴールデンな連休が終了しました。とは言え休暇最終日の今日は来週の準備を含め半分くらいの比重で仕事を始めてますのでお休み気分は抜けました。然しながらこれだけゆっくりしてしまうと明日すぐには全力投球はできますまい。ゆっくり再起動していきましょう。

良い休日でした。

画像は、浜松の叔父の畑の露地物の蜜柑の木々の満開の花(短歌調でどうぞ。)

posted by かまなりや at 19:01| 時事・私事・家事

2018年05月05日

 カレー缶




連休の閑に任せて電子版で読んだ『めしばな刑事タチバナ』というグルメ刑事マンガに触発されてタイカレーの缶詰めを買い集めてしまいました。辛いものは大の苦手ですから食べるためと言うよりは蒐集癖に他ならないのですが、目下6銘柄が揃って満悦しています。この缶詰、侮れない美味しさ(辛さ)らしく作中の主人公も絶賛しています。缶にも『本場タイで製造』と表記されている通り現地の素材を使い、現地の工場で作られているようです。味もレモングラスが利いた本格派で常温保存可、尚且つ一缶150円ほどときてますから至れり尽くせり。

甘いものよりは辛いものの方がまだしも食べられますので、いずれ暑い時季が来たらば、がんばって食べてみましょう。それまでこつこつ他の銘柄も集めてみましょうか。


いなば食品さん、いい〜仕事です!! (食べてから言えよな。)

posted by かまなりや at 18:35| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月04日

 カーナビ




昨今のカーナビアプリは随分と優秀であると聞いて、どれどれと試しに比較的評判の良い『ヤフーカーナビ』をiPadにインストールして、浜松旅行の往復で使ってみました。なるほど使い勝手が良く(とは云えレンタカーのカーナビくらいしか使ったことは無いので比較材料は僅少ですが・・・)画面も見やすいのでこれはいいなと思いました。タブレット(スマホ)を持っていて通信環境さえ整えば高い価格のカーナビを買わなくても事足ります。

でも、実際のナビゲーション機能は旧弊な地図運転派にはお節介なだけで、音声案内などはうるさいばかり、地図上に自分の位置が出て地図の縮尺が必要に応じて変えられればそれで充分、さらにはコンビニやガソリンスタンドの位置情報がアイコンで表示されるのでとても助かりました。

昨夏勢いで買ったタブレットですが、思いのほか使い勝手が良く重宝しています。いずれスマートフォンに移行する予行くらいに考えていたiPadですがこれは中々に使えるアイテムです。スマホに買い換える際にもアイフォーンを検討したくなっちゃいますね。

これでもう、地図帳は買わなくて済みそうです。

関連記事 2017年8月12日 タブレット

posted by かまなりや at 18:20| パソコン・デジカメ

2018年05月03日

 あさらー




今朝は女房が朝早くから出かけてしまい朝食自炊という状況だったので『朝ラーメン』を実践しました。朝にラーメンを食べる習慣は静岡と福島ではそう珍しいことではないらしく『朝ラー』と称して一般化しているようです。関東圏ではまだまだ一般的ではありませんがそのうちに少しずつそういう店も増えるのではないかと思います。

今朝食べたのは先日女房が釜石のお土産に買ってきた『川喜』の釜石ラーメン(塩)極細麺にあっさりした塩スープは朝ご飯にピッタリでした。トッピングはねぎと海苔(底に敷いて溶かしています)だけ、するするっといただきました。

休日の朝なので良い気分で朝ラーメンを楽しみましたが、毎日これは憚られます。ラーメン大好き小泉さんなら平気なのでしょうけれど、やはり朝ご飯は飯と味噌汁と納豆が王道と思います。

そんな今日も1日ぼんやりとした良い休日でした。まだ休暇は3日ありますが、明日からはぼちぼち動き始めましょう。まずは部屋の掃除をしようかな。

posted by かまなりや at 18:59| そば・うどん・麺類

2018年05月02日

 あまなつ




先日遊びに行ってきた浜松の叔父から畑でとれた甘夏みかんをごっそりと貰いました。みかん農家ですから、作っているものなので持ってけ持ってけとコンテナごと車に積んでくださり、遠慮なく頂いてきました。それも二箱。厚い皮をむくのがちいと面倒ではありますが、好物ですので毎日ボリボリ食べています。甘ったるくなく酸味がたっていて実に好ましい味で、食後に剥き剥きしながらだいたい半分、多いときは1個丸々食べちゃいます。

クエン酸が豊富な夏みかんは疲労回復に効果があるそうなので、疲れた体に持ってこいです。連休中せっせと食べて草臥れた体を治しましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月01日

 しどろやき



浜松へ出ばった帰り道、島田市の『志戸呂利陶窯』さんへ立ち寄り見学させていただきました。窯元二代目の青嶋利陶さんに志戸呂焼について色々とお話を伺い、窯やろくろ場を見せていただきました。大井川鉄道が側を走る山あいの窯場はのどやかな雰囲気で陶器の仕事にはとても似つかわしいなぁと思いました。


乙なぐい呑みを一つ買いました。土味はねっとりとキメ細かく、地薬の釉薬がてろりと溶けていかにも遠州好みといった雰囲気です。几帳面なろくろ挽きながら心持ち口縁に変化をつけている造りが心憎いです。箱をお願いしたのでまだ手元にありませんが、手元に届いたら早速この器でお酒を呑みましょう。

志戸呂は地名では『しとろ』と読むそうですが、陶器はしどろという表記の文献が残っているそうです。静岡県には他に森焼、賤機(しずはた)焼という窯業地があります。愛知の窯業地に比べると少々地味な印象ですが各工房がしっかりと地に足をつけて仕事をしていて好ましい限りです。今回は志戸呂しか廻れませんでしたが次回は森焼や賤機焼にも足を伸ばしてみましょう。

良い勉強ができました。

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの