2018年06月07日

 こひき




先日、京都の料理家高谷亜由さんにいただいた京都豆政の豆を粉引きの小皿に盛り付けてお八つにいただきました。さすがに老舗の豆菓子は美味い!豆好きにはとても嬉しいお土産でした。

『粉引き』は所謂化粧陶器で、鉄分の強い赤土に白い土を全体にコーティングして白く見せるファンデーションのような技法です。部分的に塗りつける刷毛目、模様を彫って埋め込む象嵌とともに人気のある化粧技法ですが、縁が欠けやすい、シミができやすいという弱点もあり、苦手な人も見受けます。韓国から伝播した技法と伝えられていますが、白い肌の磁器を焼く前の時代に発達して一つの様式になった化粧は日本でも九州沖縄に多く見られます。

画像のものは長野の友人大越夫妻の作品です。窯変模様の緋色(御本)がアクセントになって良い感じです。そんな大越夫妻の工房『草来舎』の作品展が東京日本橋高島屋で開催中!薪窯を使った豪放な花入れや、丁寧なろくろの日常食器など、使いやすさを追求する作風は民芸調でありつつも、お二人の個性がきちんと表現された器は暮らしに役立つ逸品ぞろい。おすすめです!

詳しくは工房草来舎のサイトからどうぞ。

posted by かまなりや at 18:02| 焼きもの