2018年07月14日

 暑 熱




今日は関東横浜もぐぐっと気温が上がり、日中は室内でも32℃という過酷な暑さでした。いくらか周囲に緑のある我が家でさえこの暑さですから、町中はさぞやと思うばかりです。それでも室内は冷房が普及していますので涼しいのでしょうけれど、その変換された熱は室外を更に暖める要因になって外で働く皆様には難儀なこととお見舞い申し上げます。

暑い夏が無ければ、お米も野菜も芋も育たないのですから、秋の味覚を展望すれば暑い夏大歓迎なのですが、いかんせん暑すぎます。朝に陽が昇るともう気温は急上昇、私が子供の時分には『午前中の涼しいうちに』などといったものですが、今は早朝でもないと涼しくありません。冷房設備の無い陶房かまなりやの工房はそれこそ窯でも焚いた日には生き地獄と化してしまいます。

さあて、こうなるといよいよ梅干しを干さなければなりますまい。3日間自宅に貼り付く時間を作るのは中々難しいですが、今年は小梅だけですしこの猛暑ですので2日間で仕上がるでしょう。さあ、いつにしましょうか。

posted by かまなりや at 18:39| 時候・紀行・鑑賞