2018年08月30日

 棒振虫




蚊の幼虫、即ち『ボウフラ』が傘立てに溜まった水の中でフラフラと泳いでいました。ああ、蚊が湧くのでこのままにしていたら女房にまた叱られるなぁと思いつつ、その動きにしばし目を留めて観察してしまいました。こんな小さな虫だってこの猛暑の中一生懸命生きているのだなぁと思えば、命の尊さを考えてしまいます。東北の詩人宮沢賢治も『春と修羅』の中でこの虫を観察した『蠕虫舞手』という詩を詠んでいます。蚊に食われれば痒くて忌々しいと思う虫ですが、生きる為の食餌は生き物の特権、正当な行為ですので尊重するべきではないのか・・・と、蚊の幼虫にポエティカルな同朋意識を暫時持ってはみたものの・・・

蚊の嫌いな女房には逆らえませんので、結局は水を抜いてボウフラは駆逐いたしました。アーメン。

posted by かまなりや at 18:32| 自然・花・虫・鳥

2018年08月29日

 DEVOCHKA




昨夜、モスクワ在住の友人のお嬢さんの作品展『ジェーヴォチカ』を見に高円寺へ行ってきました。私は江戸川へ出稽古だったので、夕方仕事が終わったその足でまっつぐ西へ、会場となっているFAITHで家人と待ち合わせました。作家のReiさんは17歳、日本で言えば高校生です。母親のKeikoさんとは茨城修行時代からのご縁で、モスクワに引越しされてからも来日されるたびにちょくちょく親子お揃いで遊びに来てくれて、仲良くさせていただいていましたが、昨夜は久しぶりに会ったレイちゃんがすっかりきれいな娘さんになっていてビツクリ。作品を見せていただき、一緒に写真を撮ったり楽しい時間でした。

ロシア文学をパロッたプリントのバッグを一つ買い求めて、作家さんのサインをいただきました。実はこれ、アウトレット品でオリジナルの絵と手の位置が違います。聞けば版画担当のKeikoさんがちょっとミスったとか。そういうちょっと捻りの効いた物が好きな拗ね者の私は、迷わずオリジナルプリントではなくこちらをいただいてきました。早速このバッグに着替えを入れて、江戸川の銭湯を廻りましょう。

Reiさんの益々のご活躍を、末席ながら応援しております。

posted by かまなりや at 18:55| 時候・紀行・鑑賞

2018年08月27日

 おみやげ




沖縄のお土産を沢山頂戴しました。ここ数日、またもや猛暑が続いて体はバテバテです。家人などは昨晩寝ていて足がつり、七転八倒していたとか・・・軽い熱中症でもありましょう。

暑いときには暑い地方の物を飲んで食べて、体を熱帯地方仕様にするのが得策でしょう。

残暑お見舞い申し上げます。

posted by かまなりや at 18:12| 時事・私事・家事

2018年08月25日

 13 個




江戸川銭湯スタンプラリーは、13個の判子が集まりました。13軒目は江戸川区内の銭湯で一番の広さを誇る小岩の『照の湯』を目指し、少し離れたスーパーの無料駐車場に車を停めて(照の湯さんは駐車場が無い)蒸し暑い夕方汗を拭き吹きせっせと歩って行ったらば何と、お休み。定休日を間違えて覚えていて大がっかりでした。仕方なくまたもや汗だくになってスーパーに歩いて戻り、気を取り直して同じ小岩地区の『亀の湯』へ。ここは、初めて伺う銭湯でしたが、駐車場も3台分有り(小岩地区のほとんどの湯屋は駐車場が無い)ゆっくりと湯につかってきました。

亀の湯さんは、こじんまりとしたビル型銭湯で天井も低く、ペンキ絵もなし、日本建築番台型が好きな身には少々物足りない造りでしたが、女将さんがとても感じの良い方で判子をいただきながらの会話も弾み、1軒目でがっかりした気分も霧散しました。

さて、次回こそは照の湯さんへ行って広〜い洗い場で汗を流すことにしましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 養生話・献血・湯屋

2018年08月23日

 ばっさい



工房前の草が伸び放題で、仕方なくこの猛暑の中草取りをしました。草も雑木も伸び放題で、もうこれは草取りというようなレベルではなく、最早草刈り、大げさに言えば『伐採』でした。汗だくになりながらどうにかキリ良く午前中に作業を終えましたが、意識が朦朧として生命の危険すら感じました。作業終了後は水風呂につかって体を冷やし、どうにか一命は取り留めましたが、午後は作業をせず休みました。甲子園の高校球児たちは、こんな中それも炎天下で野球をしていたのかと思うと、若さへの憧憬を感じつつも連日連投する投手の過酷さに大会のあり方に疑問すら感じてしまいます。(画像は伐採後)


草に覆われていたミョウガも姿を現し、花芽をいくつか収穫できました。いわゆる『茗荷の子』ですが、時期的にもう秋ミョウガといって差し支えないかもしれません。味噌汁にでもしていただきましょう。

今年は夏が早く到来したので、秋も早く来て欲しいです。涼しくなれば草の勢いも衰え、もう草取りなんてしなくて済みます。夏の草取りは、お汁粉と洗車の次に嫌いです。

posted by かまなりや at 18:31| 修理・営繕・庭仕事

2018年08月22日

 半分青い




東北のお盆で飾るバナナは、かなり未熟な真っ青なバナナを使います。昨年知ったことですが、今年もその青バナナを貰ってきて熟すのを待っていました。お盆から一週間、だいぶ黄色くなってきたし、余り甘いのも好かないので一つもいで食べてみました。が・・・とても食べられる代物ではなく、いや渋い渋い、堪らず吐き出してしまいました。勿体無いことです。

もう少し待ってみましょう。

関連記事 2017年8月17日 あおばなな

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年08月20日

 しゅうばん




8月も下旬になり、いよいよ夏も終盤になった実感があります。高校野球は明日が決勝、東北の金足農業と大阪桐蔭というカードになり、とても楽しみな一戦です。東北出身の伴侶を持つ身としては夏の優勝旗をぜひとも東北地方に持って帰って欲しいところですが、相手は春優勝の実績に磨きをかけ春夏連覇を狙って鍛え上げられたチームです。激戦になることでしょう。

画像は、岩手からの帰りに寄って来た益子の風景。折りよく『ひまわり祭り』が開催中で、休耕田が一面ひまわりの花で埋め尽くされていました。涼しくなった風が引く絹雲が益子の山の上で糸を引いたように流れ、普段パソコンやタブレットの画面ばかり見ている目が治ったように感じました。

毎年のことですが、夏はしぼむように終わって行きますねぇ。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年08月19日

 瓜 瓜 瓜 瓜




岩手から益子、笠間と経由して昨日横浜へ帰ってきました。行った先行った先でスーパーや道の駅の産直コーナーに顔を突っ込んでは野菜を物色、糠漬け担当の私の狙いは『瓜』一本、これだけの収穫がありました。画像は、上からユウガオ、スイカ、ハグラウリ、シロウリ、大きなキュウリ(釜石のスーパーで発見、これは中々売り場には並ばない、1本何と20円)正に瓜尽くし。

釜石に行っている間、糠床をかき混ぜられないので、糠が草臥れないように活きの良い生糠と塩をたっぷり足していきました。帰宅後かき混ぜてみると、とても良い状態に発酵していました。さあ、ウリを漬けますよー。

うりうりうりうり〜。

関連記事 2018年8月10日 うり

posted by かまなりや at 18:05| 梅干し・漬物・保存食

2018年08月17日

 とおの



釜石から西側の峠を一つ越えると民話の里で有名な『遠野』の町があります。釜石からの帰り道には、道の駅『遠野風の丘』に寄るのが決まり事のようになっていて、今年も例に外れることなく立ち寄って土地の物産品を買い求めてきました。


ここには敷地の隅に一基の風車があります、その名も『スパイラル マグナス風車』風の丘のサイトには、日本で三箇所目の次世代型風力発電装置であると記されています。羽根が螺子になっているのがちょっと変わってて愛嬌がありますねぇ。


この地域は冬に寒くて強い風が吹きます。昔は嫌がられた風を電力に変えて利用するのはとても画期的です。遠野物語の筆者柳田國男氏もこの施設を見たら、何かの妖怪変化と見間違えたかも知れませんねぇ。民話のふるさとも、文化的でとても住みやすい街に変わりつつあります。

きっと、いいことなのだと思います。

posted by かまなりや at 00:00| 時候・紀行・鑑賞

2018年08月16日

 かまいしらーめん



今年も、新華園本店の『釜石ラーメン』を食べることが出来ました。一等好きなラーメンだけに、最高に幸せです。NAKAZUMA店主西条さんが製麺する極細縮れ麺はいつ手繰っても感動の細さとしなやかさで、麺数寄者としては垂涎の中華麺。その細麺に本店のスープが実に良くからみます。一口すすると、あっさりした中にバランスのよい旨味が凝縮した澄んだ琥珀色のスープが、優し〜く沁みこみます。今日はランチセットの半チャーハンもいただきました。これでなんと800円!(ラーメン単品は550円)という良心価格。五感を研ぎ澄まして味蕾を開放し、その朗らかな味を堪能いたしました。


食後、お土産を物色に駅前の『サン・フィッシュ釜石』に行ったらば、ホヤがどっさりと並んでおりました。私はホヤが苦手なので買いませんでしたが、お好きな方はきっと何個も買って食べるんでしょうねぇ。

昨日今日と釜石は大雨が降って、お世話になっている女房の従姉妹の家がある定内町には一部地域に避難指示まで出ましたが、我々には直接の影響はなくゆっくりしております。 いい〜、お盆休みです。

付録 ばえる!新華園本店釜石ラーメンスクエア版

posted by かまなりや at 17:08| そば・うどん・麺類

2018年08月15日

 干 了



二日間、良く晴れてくれたおかげで小梅干しはすっかりきれいに干しあがりました。昨夜は一晩夜露干しをして、今朝早く取り込みました。一安心です。


干し場の片づけをしていたら、流しのところにアオダイショウを発見。大きな個体ではないものの、やはり蛇は体が長いのでちょっとびっくりしました。顔を良く見ると小顔で中々カワイイやつです。写真を撮っている間も逃げもせず、何枚か写真や動画を撮ってiPadをパタンと畳んだらその音に驚いたものかスルスルと木の上に逃げていってしまいました。久しぶりに朝の蛇を見て良い気分でした。

さ、今日から私もお盆休みです。夏の疲れを、梅干しの寝不足を、しっかりと癒すことにしましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年08月14日

 め し





久しぶりに、文化鍋でご飯を炊きました。たった二合ですし、ガスの火ですから、お釜を使って薪の火で焚くのと比べるといかにもスケールか小さいですが、コゲも作らずきれいに炊けました。蟹の穴もしっかりと開いています。もちろん、水多め、飯軟らかめ、です。今日もスカッと晴れて、梅干しにはまたとないお天気です。きっとこの分なら日中干せば仕上がるでしょう。昨日のような雷雨が無いようなら、夜通し干して夜露に当て、明日の明け方しんなりしたところで取り込みましょう。

家事労働担当の女将が釜石へ行ってから一週間、そろそろ自炊にも飽きてきました。

posted by かまなりや at 10:00| 水・酒・食材

2018年08月13日

 ぼんぼし



5月に漬け込んで2ヵ月超、やっとこ小梅の干し方を始めました。土用干しならぬ『盆干し』です。昨日のうちに棚は拵えてありましたので今日は、早朝の涼しいうちに笊にあけて、せっせと整列作業です。


今年は小梅のみ20kg、きちんと並べないと笊に乗り切りません。えっちらおっちら整列をし、すべて並べきるのに3時間弱の時間がかかりました。只きれいに並べるだけでなく、大きさも考えつつ更に、へそはすべて外側に向けてあります。(こうしておくと、明日裏返すのに良い目安になります)


さて、きれいに並び一安心です。今日はお天気も上々、午後には夕立がありましたが、ひとまず室内に取り込んで難を逃れました。さ、明日もう一日干せばだいたい仕上がるでしょう。

梅干し仕事が終わると、私もやっとお盆休みです。

posted by かまなりや at 18:49| 梅干し・漬物・保存食

2018年08月12日

 はんそく




我が家の前の路上のちょっと南側で一台の乗用車がパトカーに停められていました。50メートルほど北側の一時停止の箇所で見張っていて、違反車両を見つけるとサイレンを鳴らしては追走し取り締まっています。日常的な光景で普段は気にも留めていないのですが、今日はお盆休みに入って最初の日曜日ということもあり、ついつい気になってそっと画像も撮っちゃいました。捕まっちゃった乗用車の運転手さんには申し訳ないことです。

きっと、小一万の反則金を納税することになるのでしょう、お気の毒です。警察の皆さんも仕事ですから野暮は承知で取り締まっているのでしょうけれど、捕まっちゃた運転手さんの身になってみれば悔しさはいかばかりかと、やはり同情の念に耐えません。違反するのはいけませんが、何もこんな片田舎の県道でチマチマ取り締まらなくても良さそうなものじゃぁねえか、と思っちゃいます。でもでもやっぱり、一時停止はきちんと停まらなければ危ないですもんねぇ。

人の振り見てなんとやら。仇や詰まらぬ小違反で多額の国庫金など納めさせられることのないように、順法運転を心がけましょう。 安全第一! ですな。

posted by かまなりや at 19:55| 自動車・乗り物

2018年08月11日

 お盆前




立秋も過ぎて、月遅れのお盆が近付いてき、夏も終りの雰囲気になる頃です。が、今日も暑さは手加減なく、日中の工房は室内でも軽〜く30℃を超えていました。然しながらこの暑さにもどうやら体は慣れて、先月の末よりも楽になったように思います。冷房設備が扇風機のみの『かまなりや工房』でも特に辛くて居られないということはありません。

さて、来週にはお盆に入ります。巷は今日あたりからもうお盆休みのムードですが我が家は来週の半ばからやっとお盆休みです。まずはまだ干せていない梅干しをきちんと干して、それから休みです。お天気に恵まれることを願うばかりです。

どうかお天道様へ、週末から週明けにかけて晴れをお願いします。

posted by かまなりや at 18:16| 時候・紀行・鑑賞

2018年08月10日

 う り




『夏は瓜だな』とつくづく思います。胡瓜、白瓜、西瓜、南瓜、ゴーヤー、ズッキーニ、どれも熱帯の原産で暑い時こそが旬。兎に角、美味い。

気象に関わる方面からは、やれ30年に一度の酷暑だとかいう情報も流れていますが、暑いからこそ暑い地方の食物で体を支えるしかない庶民には、避暑地に逃げ出す時間も予算もありはしません。

瓜を齧りながら、秋が近付くまで紛らわすしかないですな。

画像は長野の秘宝『松本ハイランド西瓜

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年08月09日

 単身週間




昨日、家人がお盆のお手伝いに岩手釜石の親類の家へ帰郷しました。畢竟私は今日から一週間単身者、仕事と並行して家事労働にも勤しまねばなりません。掃除、洗濯、お買い物は嫌いではありませんので家事労働は苦ではありません。が、実はお料理は面倒で嫌いです。麺を打ったりする比較的単純な職人仕事は嫌ではないのですが、複雑な調理は大嫌い。あれを刻んで炒めて、油が、塩が、大匙何ぼだの、調味料がこれこれだのと、細かいことを考えていると頭がこんがらがってショートしてしまいます。

そこで、単身の場合の私の食事は専ら缶詰に依存します。カパッと開けるだけで出来ているし、食器も要らず、バリエーションは豊富そのもの、且つ常温での保存期間の長さはピカイチ。夏場は温めなくても美味しく食べられるのでたいそう重宝です。今の在庫は画像の物くらいしかありませんが、明日にもスーパーへ行って一週間分ごっそりと買い込んできましょう。

さ、お洗濯を(台風が去って午後から晴れて助かりました)取り込んで畳まなきゃ。

posted by かまなりや at 17:47| 時事・私事・家事

2018年08月08日

 むっつ




今月もご依頼をいただいた月初めのの定例献血に行ってきました、なので。

クマちゃんは、6個に増えました〜。

(文頭ほどではないにしても、文末『なので』も違和感満載ですねぇ)

関連記事 2018年7月9日 いつつめ

posted by かまなりや at 18:25| 養生話・献血・湯屋

2018年08月07日

 10 個




先月末、不覚をとって意気消沈した江戸川銭湯スタンプラリーですが、褌を締めなおしてその後三軒回り遂に半分の10個を達成しました。いえい! 然しながら、今回伺ったお湯屋さんのフロントの方も判子が上手ではなく、画像のようなブレた印影・・・腹の底で『ちぃ、もうちっときれいに押しやがれ』と毒づきながらもオモテ面は笑顔で『おせわになりまーす』などと愛想を振りまいて男湯の暖簾をくぐりました。時折、自分のこの裏表に嫌気が差しますが、どうも治りそうにありません。

そして、貰ってまいりました。10軒達成の記念品『お湯の富士オリジナルトートバッグ』しっかりした生地でできた使いやすそうなバッグです。本当は紺色が欲しかったのですが、この色と水色しかなくて仕方なく生成り色を貰ってきました。

さあて、あと10軒、これからは小岩地区を攻める予定です。照の湯、地蔵湯、鶴の湯、吉野湯といった風情の有る湯屋が目白押しの小岩界隈、廻るのが楽しみです。

関連記事 2018年 7月21日 5個

posted by かまなりや at 00:00| 養生話・献血・湯屋

2018年08月05日

  lasagna




すっかり仲良しになったイタリアのエマ君と、今日はラザニアを一緒に作っています。エマ君の故郷ボローニャの父方風『ジェノベーゼとモッツァレッラ』版(あっさり味)と、母方風『ミートソースとホワイトソース』版(こってり味)の2種類を焼きます。私は生地担当、今日はセモリナ粉とファリーナ00粉を半々で、卵だけで打ちました。

さてさて、どんな御馳走になりますやら楽しみです。

posted by かまなりや at 16:09| そば・うどん・麺類

2018年08月02日

 土寄追肥




猛暑のさなか、畑の草取りと、土寄せ、追肥をしました。先週の23日は1時間の作業でギブアップでしたが、今日もやはり1時間でお手上げでした。汗は滝のように流れ、頭はぼうーっとし、足が上がらなくなっちゃいました。このまま頑張りすぎるとそれこそ倒れちゃいそうなのでやめましたが、一応一通りの作業はできました。

今回も女房には『暑い中、畑仕事なんかして莫迦じゃないの』とバッサリと切り捨てられました。喘ぎながら『秋になったら美味い芋食わしてやっからよ』と強がってみたものの、彼女の心には響かなかったようです。

28日の台風以来また雨が無いので、そろそろ夕立でも一雨欲しいところですねぇ。

関連記事 2018年7月23日 いのちがけ

posted by かまなりや at 18:05| 修理・営繕・庭仕事

2018年08月01日

 ざんまい




行きつけのスーパーで家人の買い物を待つ間(免許を持たぬかかあの、私はほぼ運転手)即席麺売場でそのパッケージを眺めるのを日課としています。新商品に驚いたり、既存の商品パッケージをうっとり眺めたり飽きることがありません。そんな中で、ついつい見惚れてしまうのが明星の『中華三昧』のコーナーです。1981年に『中国四千年の味』と銘打って賑々しく登場した高級袋麺は国民の心をがっちりと鷲掴みにし、今尚即席袋麺の最高峰に君臨している中華三昧は麺数寄者の憧れの的といって差し支えありますまい。お値段も最高峰クラス(メーカー希望小売価格税抜き一袋145円)なので、普段袋麺5食パック198円位の物を常食している我が家では滅多なことでは買えませんが、何かの記念日でも有れば奢ってみたいなぁと思います。

どれも美味しいのですが、私は四川風味噌拉麺のファンです。

中華三昧スペシャルサイト

posted by かまなりや at 17:47| そば・うどん・麺類