2019年03月11日

 あの日




8年前の今日、陶房かまなりやでは素焼きの窯を焚いていました。朝5時から焚き始め、作品が少なかったこともあって早めの焼成になり午後2時頃に火を止めました。その後、瀬谷の糀屋さんへ注文した味噌搗き用の糀をとりに車で出だした直後に大地震が起こりました。慌てて自宅へ取って返し、窯に異変がないかを確かめて倒壊などの被害のないことを確認してから改めて糀屋さんへ出向いたのを覚えています。

8年後の今日、奇しくも素焼きの窯を焚きました。単なる偶然ですが、ラジオの震災関連番組を聴きながらあの日のことを思い出し、東北の被害に心を押し潰されそうになりながら窯出しをして、棚板が崩れそうになっていたのを思い出しました。画像はその時のものです。

今日は地震の起きた14時46分に夫婦揃って黙祷しました。黙祷中の一分間で考えたことは、今、全国、若しくは全世界の人が少なからず黙祷をしているのだろうというその『気』を感じてみようとしたことと、窯の火の安全祈願と、原子力の火の恐ろしさが、こき混ぜになって頭の中をぐるぐる渦巻きました。大変失礼ながら、そんなことを考えていたもので、亡くなられた方を悼む気持ちが抜け落ちてしまいました。

あらためまして、震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

関連記事 2011年3月12日 おおじしん

posted by かまなりや at 18:20| 哲・考・生