2020年01月04日

 しろめし




歳とともに『白いご飯』への愛着が増していくように思います。麺類はそれはもう大好きなのではありますが、昨今この『お米を炊いた飯』を、しみじみ美味いな〜と思います。多分、加齢にしたがって米飯文化に支えられた日本人の遺伝子がふつふつと私の脳の中にたぎるのでありましょう。正月四日の今朝もシャキッと焚いた銀シャリを納豆と味噌汁でいただきましたが、やはり『ごはん』は美味いです。

実は、益子へ来るのにお正月用の『お餅』を忘れてきてしまいました、痛恨の失策です。途中で気付き、己の迂闊に歯噛みする悔しさでしたが、かなりの距離を走っていて引き返す気にはなれず、断念しました。そんな訳で今年のお正月はまだお雑煮にありついていません。本来ですとそろそろお餅に飽きてご飯が恋しくなる頃ですが、私は逆にお餅が恋しいです。

さて、お正月休みも今日を含めてあと2日。暮れの忘年会から年越しまで続いた酒びたり生活に胃腸も疲れ気味、昨日はお酒を控え、あっさりした物を軽く食べるに留めて養生しました。一夜明けた今朝はもたれた胃もすっきりと治り、快調です。美味い物を食べるには体が整っていなければなりません。今日からまた、うまい物を食べて楽しみましょう。贅沢は、『味方』と存じます。

posted by かまなりや at 08:38| 水・酒・食材

2020年01月03日

 そうてつ




昨年の11月相鉄線とJRの直通運転が始まりました。滅多に鉄道を利用しないのではありますが、昨年末江戸川の作業所へ電車を利用して行ってみました。最寄駅の『西谷』へ行くと、何と構内のトイレが頗る立派になり、ホームの電光掲示板もしっかりリニューアルされていてビツクリ。横浜行きの電車を待っていると、JR埼京線の各駅停車が先ずホームに入ってきて特急の待ち合わせ、反対側のホームに新型の特急電車が入ってくると多くの人が乗り換えて、私も特急に乗って通勤しましたが西谷の次の停車駅が終点の横浜で、もう一度ビツクリ。

もう40年も利用している最寄り駅西谷は、国道からも見えないような谷底駅で、各駅停車しか止まらず寒々しいホームで聞くアナウンスと云えば『急行通過しまーす、ご注意下さい』電車に乗れば『各駅停車の横浜行きでーす、星川で急行の待ち合わせをいたしまーす』というのが日常でした。それが、2つのホームに4台の列車が同時に停まる姿を見たときには思わず目頭が熱くなりました。いやぁ〜、長生きはするものです。

今回は横浜乗り換えの横須賀線直通・総武線快速利用というコースでしたが、次回は羽沢横浜国大駅経由武蔵小杉乗換えで新小岩へ行ってみましょう。鉄道ファンではなくても、ちとワクワクしますな。

posted by かまなりや at 07:05| 自動車・乗り物

2020年01月02日

 あけましておめでとうございます。



2020年は益子の家で年を越しました。大晦日に所帯道具をガサっと車に詰め込んで、比較的空いている都内を駆け抜けて夕方18時前に到着。10月に家をお借りして以来すっかりお世話になっているお隣様に手土産を携えてご挨拶を済ませ、家に戻って軽ーく呑んでばたっと眠りこけました。ぐっすりと眠って目が覚めると益子の朝は頗る寒く、びっしりと霜が降りておりました。


初日の当たる古民家はきりりと冷えた空気の中でも、がしっと建っていて頼もしい限り、今まで自作のあばら屋に住まっていましたので、ことの外頼もしく見えました。ぼんやり寝過ごしてしまったので大急ぎで朝飯をかっ込み、風呂に入って身支度を整え、すぐ近くの地区公民館へ赴きました。何と、元日から地区自治会の役員さんたちの新年会(恒例のものらしく、新会員として紹介するから出席して欲しいと自治会長さんから年末にお話をいただき、大晦日に移動したという顛末)があり、自治会長さんはじめ地元の皆々様とご一緒に小じっかりお酒を呑んできました。かなり緊張して赴いたのですが、皆様が好意的にお迎え下さったので本当にホッとしました。

さあ、今年はこの家を更に使い勝手良く営繕をして、色々なイベントを組み立てていくつもりです。地元の方にも、遠方からお越しいただく方にも、魅力的な『場』にすべく、色々な角度から広い視野で益子町と、この家を俯瞰して、やわらかーい頭で、おもしろーいことを発案するつもりです。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

posted by かまなりや at 17:20| 益子