2020年07月30日

 石窯解体

0C995895-3001-4DFF-B979-417A07A42066.jpeg
芋乃市場で使っていたピザ窯(石窯初号機)を解体しました。レンガと窯道具(棚板など)で拵えた窯はセメントを使っていないので案外簡単にバラせました。煉瓦と他の部品は昨日トラックに積み込んで女将と倅が益子へ運びましたいずれ新天地で再構築します。次の築窯では初号機の経験を元に改良を加えて、2号機となる予定です。

BD2F3BCE-575D-4F28-9525-0732AE8F8BA5.jpeg
今日は窯の道具を運んだ後片付けをして、旧芋乃市場の縁側はすっきりと何もなくなりました。常連のお客様が見たら寂しい絵に見えると思いますが、新生益子芋乃市場で改めておいしいピザを召し上がっていただけるようにがんばります。

横浜からは少々距離がありますが、開店の暁には都会に一番近い陶郷益子に美味しいお蕎麦とピザを食べにいらしてください。

posted by かまなりや at 17:19| 修理・営繕・庭仕事

2020年07月21日

 さしきそのご


84448A59-A574-4B7E-817B-D0F803DCECE1.jpeg

今月1日に挿木をしたソメイヨシノの枝は、ほとんどの枝の葉が一枚落ちて少々頼りなくなってしまいましたが、7本のうち5本が一枚の葉ながらもがんばって生きています。ひとつだけ2枚葉が残っていて頼もしい限りですが、これもまだまだ安心はできません。

挿木をしてからちょうど20日間、結構良い成績のような気がします。調べたサイトでは沢山挿木をして数本でも着けば儲け物といって良いほど発根の確率が低いと書いてありました。2枚とも葉が落ちてしまった枝は少々悲観的ではありますが、枝だけでも発根する個体もあるととある園芸家さんは仰っていますので、諦めずに水やりと観察は続けましょう。

横浜で挿したものですが、昨日益子へ移動しました。これからはここの気候で培養し、運良く苗木に成長したら大きさを見計らって地植えにしてあげましょう。20年もすればひとかどの若木になるでしょうから、その暁にはのんびりとお花見をしましょうか。20年後こちらも運良く永らえていれば77歳、喜寿のお祝いは満開の桜の下で祝いましょう。

まだまだ、人生は長いですな。

posted by かまなりや at 16:47| 修理・営繕・庭仕事

2020年07月13日

 窯乾燥室


2EBE46E3-F746-4D7C-864D-A9F72A3BA88E.jpeg

ほぼ三ヶ月ぶりに本焼きの窯を炊いています。休止していた教室を再開し、生徒さん達に釉薬を掛けていただき久方ぶりの窯です。やはり本業が滞るのは宜しいことではなく、窯の温度が順調に上がって来ると良い気分です。

そしてこの時季この窯の輻射熱を利用できるのがとても重宝します。溜まった洗濯物をここぞとばかり洗濯機に投入し、こじっかり洗ったのち窯の横でババーンと乾かします。窯の中は1,100℃、周りは60°くらいになっています。薄物などはものの1時間も干せばパリッと乾きますし、厚物でも2時間も干せばきれいさっぱり乾燥します。窯の燃料が灯油で、還元焼成なものですから、いかんせん灯油の匂いが着きますが洗えない干せないストレスに比べれば小さなこと。

今年の入梅時期は実にしぶとく雨が降りますが、空けないということはないでしょうからもうしばらく辛抱して耐えましょう。

各地の豪雨で被害を受けられた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

posted by かまなりや at 17:53| 焼きもの

2020年07月01日

 さしき


0AD27584-68D8-46BC-9A78-34D4C6B2AE5C.jpeg

染井吉野桜のクローンを作るべく、挿木に挑戦してみました。親木は横浜の庭にある樹齢30年の木、息子が生まれた時に知人が苗をくれたものです。もう大きくて植え替えは無理なので子供を作って益子に移植をしようと思い立ちました。

ソメイヨシノは実生では先祖に帰って山桜の仲間に戻ってしまうので挿し木か接木で増やすのが一般的なようです。挿木は簡単な代わりに発根率が低く、畢竟成功率も低いのでだそうですがまあ一つでも根が出れば儲け物。ダメ元で挑戦してみました。一応手順通りに挿し、切り口には発根促進剤材も塗りました、挿したのは7本。

さて、一本くらいは着いてくれるでしょうか? 1ヶ月から2ヶ月で根がでるみたいですから、ゆっくりと観察しましょう。

posted by かまなりや at 17:21| 修理・営繕・庭仕事