2014年07月15日

 ましこやき


 昨日、新宿の京王デパートに、益子焼
 『清窯』 大塚一弘さんの作品展を観に
 行って来ました。平日で道が空いてい
 て、ずいぶん近く感じました。

画像は 『糠釉ぐい呑み』 口径二寸二分、高さ二寸の、実に
頃合いのぐい呑みです。糠釉は正式には糠白釉(ぬかじろゆう)
といいます、益子の地ぐすりでも、とてもポピュラーな白い釉。
益子でも地元の原料を使わない作家が多い中で、大塚さんは
出身地でもある益子の陶材を尊重した生粋の窯元さん。

ともすれば益子焼は、素朴な実用陶器といったイメージから
抜け切れず、野暮ったいものに陥りがちですが、きちんとデザ
インをした上で高いロクロ技術で薄く挽き、格好良くて使いやす
いものを創造していられます。でも、手を入れすぎれば値段が
高くなってしまうところをギリギリ押さえて販売している姿勢に
も頭が下がります。 このぐい呑み、友箱で 3,000円でした。

ぐい呑みのほかに七寸の盆皿と、六寸の取り皿を買ってきました。
今日はこのぐい呑みで、先月岩本薫さんから頂いた『〆張鶴』の
吟醸をいただきましょう。肴は好物 『お魚ソーセージ』 お安い!



黒釉筒描盆皿(くろゆうつつがきぼんざら) 220o × h30o 630g

きっちりと挽いた浅鉢は黒釉が艶々として、そこに打った白釉と柿釉がきれいです。
ゆっくり7寸ありますので非常に使い勝手がいいお皿だと思います。

三彩六寸皿(さんさいろくすんざら) 190o × h30o 300g

白地に鉄釉の丸い模様がスッキリとデザインされていて実用と格好良さを兼ね備え
た器です。もう一色入っていたら難しくなるところを三色で纏める抑制が心憎い!
いやぁ、いい〜仕事ですなあ〜。 重ねもばっちり!
posted by かまなりや at 17:06| 焼きもの